爆勝(笑)☆大学受験奮闘記

JPC日本プロデュースセンタースタッフブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

《学ぶ楽しさ》第2話 ブログネーム. 岡山桃っ子

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m



学ぶ楽しさシリーズ第二回目ですが、
第三回目も気になります☆

【第1024回】

岡山桃っ子のプロフィール



 さて、前回申し上げた通り、現在私は既に50歳を超えております。日本人の平均寿命がいくら延びたとは言え、残りの人生の方が短いということは明らかであります。そのことには40代の頃から気が付き、残りの人生を悔いのないように生きたいとは考えておりました。が、具体的に何をしたいという目標は見出せておりませんでした。それが明確になってきたのは、つい最近のことであります。


 我がblog『最後まで諦めないこと』に登場した同級生ともう一人の同級生から刺激を受けました。私の目標は中国語の通訳案内士の資格を取得することです。二人の同級生は共に資格を有しており、一人はblogに紹介した通り、翻訳家です。そしてもう一人は、実際に中国語の通訳案内士として日本各地に出向いて活躍しているのです。「これだ!」と直感しました。


 実は、昨年辺りから、妙に色々な事に興味が出てきて、興味の赴くまま休日を利用して出かけては楽しんで参りました。例に挙げると・・・岡山後楽園で狂言を見た;倉敷で薪能(たきぎのう)を見た;大阪で歌舞伎を見た;三味線を習い始めた;そして、最近では、とうとう能楽の中の謡(うたい)まで習い始めてしまったのです。他にも旅行好きな私は、チャンスがあればどこへでも出掛けております。今年の元旦は東北地方の福島で迎えました。春には朝鮮通信使の足跡を訪ねるツアーにも参加しました。これらを総合してみると、通訳案内士には必要不可欠な事柄ばかり。だいたい日本の古典芸能、歴史、文化などをたどっている感じです。読む本も歴史物が多くなってきました。これらの知識は勿論通訳案内士の試験に出題される可能性がありますが、決してその為に学んでいる訳ではなく、ただ興味があるからなのです。「知りたいという好奇心」であります。その証拠に、これらは偶然チャンスがあったから体験したまでであって、決して試験の為に行動したのではなく、受験は最近決めたことなのですからね。


 高校生の頃は歴史がこんなに面白いとはこれっぽっちも思ったことがありませんでした。それは恐らく試験の為に勉強していたからでありましょう。「試験に出る」⇒「覚えなければならない」⇒「義務感で覚える」という悪循環になっていたのでしょうね。


 それが今は体の中から湧き出る欲望とでも言いましょうか、とにかく「知りたい」一心で、あれこれとひも解いているうちに、気が付けば日本の歴史をたどっていた、という状態ですわ。この気持ち、わかるでしょうか?若い時は往々にして楽な道を選ぼうとしますよね。だから、「勉強」=「覚える」=「めんどくさい」という方程式が成り立っているのでしょうかね。


 その「覚える」に関して、最近良い方法を知りました。それは《学ぶ楽しさ》にも通じることなんですよね。さてさて、それは次回のお楽しみ♪







(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)





| 《学ぶ楽しさ》 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jpcdiary.blog37.fc2.com/tb.php/1020-ffc5f93a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。