爆勝(笑)☆大学受験奮闘記

JPC日本プロデュースセンタースタッフブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「信念を持つ」 ブログネーム.浜松やらま一家

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m



信念があれば、どんなに厳しい状況でも
必ず乗り越えることができます!!

【第1014回】

浜松やらま一家のプロフィール



 いや~前回・前々回とウォーキングやってるって言いましたけど、何とやらなくなってしまいました!これはマズイっ、と思いながらもダメですね~。一人ではなかなかできません。やっぱり環境って大事ですね。


 さて今回のブログですけれども、しつこいようですが勉強のネタではございません!毎回毎回全く関係の無い話ばかりでごめんなさい!読んでくれてる人も本当にありがとう!


 じゃあ今回のネタは何かというと・・・


漫画です!

 最近はまってる漫画があるんです。えっ、いい年こいて漫画読んでるのかって?いや~漫画を馬鹿にしちゃダメですよ。漫画は日本の文化ですから♪笑


 で、何の漫画かと言うと『勇午』という漫画です。借りて読んでみたらこれがまた面白いんだな~。やばいぐらい面白いんですよ!う~ん、ブログ読んでくれてる人で知ってる人いるかな~?是非読んで欲しいとまでは言わないですけど、機会があれば読んで欲しいかなぁ。


 じゃあ、どんな内容かというと「交渉人」の仕事を題材にした作品なんです。

 でも実際には交渉人って何か良くわからないよね。で、調べてみたんです。交渉人とは主に人質救出作戦において犯人との交渉を担当する警察や政府の要員のことを言うそうです。英語からネゴシエーターとも言います。

 何とアメリカでは交渉人及び交渉人チームが組織されている治安機関が多く、色々な事件の平和的解決に貢献しているそうです。元々はFBIが始めた「人質救出プログラム」がさきがけらしいんだよね。日本でも専門的に2005年から交渉人がおかれているそうです。


 当然主人公はタイトルの通り別府勇午という「交渉人(ネゴシエーター)」です。2004年まで「アフタヌーン」で連載されて、今は「イブニング」で連載されています。


 「アフタヌーン」版では主に海外が舞台になっていて、毎回作者が綿密に現地取材を行なっているんです。文庫版では巻末に作者の取材の感想などが載っているんですけど、何気にこれも面白いんだな~。その取材に基づいて各国の社会情勢・文化事情・宗教観が複雑に絡み合ったストーリーが描かれてます。


 これがかなり勉強になるんです!ハッキリ言って内容は難しいですね~。何回か読み返さないと細かい所まではわからん。てかある程度の知識がないと面白さもわからんかも・・・

 「アフタヌーン」版を読んで毎回痛感するのは各国の宗教観です。僕個人の意見ですけど、正直日本ってあまり宗教観を重視しない国というイメージがあります。当然「そうじゃない!」と思う方もいると思うけど、あくまでも僕個人の意見ね。色々な意見の中の1つの考えだと捉えて下さい。

 でも『勇午』を読むと、外国ってそうじゃないんだろうな~と思わされるんだよね。宗教観が文化や社会を作り出している国も当然のように沢山あるんだろうな~と感じます。むしろそっちの方が多いのかな。

 なので、漫画という枠を飛び越えて勉強したくなる。もしその国々に訪れる機会があるのであればその国の言語・文化・社会・宗教を学んでから行ってみたいと思います。

 まぁ、色々と勉強になるんですよ♪漫画読みながらでも勉強できることってあるんだよね。何か衆議院議員の麻生太郎氏が「外交を語るなら『勇午』を読まなければ駄目だ」と言ったとか言わないとか・・・


 そして「イブニング」版では主に日本各地が舞台になっています。日本版でもその土地柄や人柄が色々出てるんですね。まぁ「アフタヌーン」版に比べると日本なので価値観はつかみ易いんですけど、内容が全然難しくなってる気がします。1つの話につき3回くらい読み返しちゃいました♪


 まぁ色々と面白いんですけど、やっぱり主人公の勇午がカッコいいんです!

 鋭敏な頭脳を持っていて、多くの語学に堪能です。更にはどんな拷問を受けても折れない強い意志を持ち、どんな状況にも揺るがない冷静さ、そして誰とでも打ち解けられる包容力を併せ持っています。

 う~ん、スーパーマンだな~。こんな人間いるのかいって思っちゃいます。

 でも本当にすごいのは揺るぎない「信念」なんですよね。必ず交渉を成功させるという「信念」が勇午の人間性や能力を作りだしていると思います。


 「信念」を持っている人は尊敬できます。歴史上の人物であってもビジネス界の人物であってもスポーツ選手であっても、そして高校生であっても揺るぎない「信念」を持っている人間はカッコいいんだよね!


 う~ん、「信念」を持っているかって聞かれたら何か難しいよね。でも逆を言えば誰にでも持てるものだと思います。

 だから高校生の皆さんには「信念」を持って欲しいと思います。その「信念」に基づいて努力をすれば幸せな高校生活を送れると思いますし、これからの人生の糧になると思います。そして「信念」を持つ高校生は勉強でもスポーツでも必ず伸びます。もちろん正しい「信念」ですけれども・・・


 高校生の皆さん「信念」を持って頑張りましょ~!







(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)




| ちょっとコラム | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jpcdiary.blog37.fc2.com/tb.php/1010-8fd00543

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。