爆勝(笑)☆大学受験奮闘記

JPC日本プロデュースセンタースタッフブログ

2009年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年09月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「タイトルまんま『ちょっとだけコラム』」 ブログネーム.ピーナッツ畑でつかまえて

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


今回はあえて強調文を作りませんでした。
それは「全部しっかり読んでください」ということです。

【第1359回】

ピーナッツ畑でつかまえてのプロフィール


 夏休みももうすぐ終わり、いよいよ受験まで一直線!という感じになってきました。僕は高校受験対策機関、大学受験対策機関とあわせてもうこの業界に20年になりますが、毎年この時期はなんかムズムズしちゃいます。

 塾で授業していたときは、夏休みというと朝から晩まで授業・授業・授業でしんどいですし、今の面談中心の場合でも、やっぱり面談・面談・面談でしんどいんですね。でも夏休みが終わると一気に受験一直線!って感じになるので、「しんどいけど終わってほしくない・・・」というのが夏休みなんです。これは受験生でも同じみたいです。

 先日面談したT君も、「なんか最近ちょっとしたことにイライラしちゃうんですよね・・・」といってました。彼はバスケット部のマネージャーをやっていて、本格的に受験勉強を始められたのが夏休み直前。夏休み中は一日10時間以上のプログラムを組んでいて、僕から見てもしんどそうでしたが、少しづつ遅れながらもなんとかプログラムにくらいついていました。そんな生活ももう少しで終了。また学校が始まります。そうなると、自分に必要なことばかりをやれるわけではなくなるので、それがイライラの原因になっているのでしょう。

 多分、そんなイライラを感じている生徒さんは多いと思います。

 でも、実は今皆さんが感じているイライラは、受験期間を通してみるとまだ序の口で、これからそのイライラはどんどん大きくなりながら受験終了まで続くものです。思い通りプログラムが進んでいない場合はもちろんのこと、順調に進んでいる場合にでもやっぱり不安とか焦燥感は感じてしまうもの。それから逃れることはできません。むしろ真剣に大学受験を考えている人、まじめに受験勉強に取り組んでいる人こそ、このイライラ・不安・焦りを強く感じるはずです。

 僕が思うに、大学受験は確かに学力を問うのと同じくらい、このイライラや不安・焦りをどれだけコントロールできるかを問うものでもあります。

 イライラ・焦り・不安を感じたとき、皆さんはどうしますか?・・・これらをコントロールしようと立ち向かう人、逃げてしまう人、様々な人がいると思いますが、間違いなくそれらから逃げてしまう人は大学受験で成功することはないでしょう。大学受験をやめてしまう以外にこれらから逃げることはできないからです。

 しかし、どんなに順調に受験勉強が進んだとしてもこのイライラ・不安・焦りを感じなくなるということはありません。志望大学に合格したいと思うのなら、これらとうまく付き合っていく、イライラ・不安・焦りをコントロールすることが必要なんです。

 実はこのイライラ・不安・焦りをコントロールする能力は大学を卒業した後、社会に出てからのほうがより必要になる能力です。このブログでも何回か書いているように、社会に出てから対峙する問題点というのは、ほとんどの場合解決方法が確立されていない問題です。大学受験の問題のように誰かが「こうすれば解けるよ」と教えてくれれば、そのとおりにやれば解ける・解決できるというような問題ではありません。だから、問題を解決するまでにはいろいろな試行錯誤が必要ですし、時間もかかります。またうまくいく確証もないので、その時の不安・焦りは受験勉強の比ではありません。そういった不安・焦り・イライラから逃げることなく、うまくコントロールすることが必要になるわけです。

 大学受験の時に学力だけでなく、このイライラや不安・焦りをコントロールする能力を磨いていく。その能力が身についている人のほうが大学受験に成功しやすい。だからこそ企業は大学受験に成功した、大学卒業者を採用したがるのです。

 だからね、イライラしちゃうのは君が真剣に大学受験に取り組んでいる証拠で、大学受験が終わるまでそのイライラから逃げることはできないんだ。そのイライラをコントロールする方法を大学受験を通して学んでおくれ。それは社会に出る上で必要なプロセスなんだよ、T君。
 
スポンサーサイト

| とある受講生 | 17:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「浮き沈みの激しい人へ」ブログネーム.山椒のひとり言

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


浮き沈みの激しい人、
必見です!

【第1358回】

山椒のひとり言のプロフィール



 「浮き沈みが激しい」と言われる人、結構多いのではないでしょうか?
 気分に左右されて勉強がはかどらないなんでこともしばしば・・・

 今日はそんな人達に、最近私が心がけている考え方を紹介したいと思います。
 それは、

 「1日はプラスマイナスゼロになる」

 という考え方です。

 どういうことかというと、
 テレビの占いなどで目にするような、
 「今日は一日ハッピー」
 とか、逆に
 「今日の運勢は最悪」
 なんて日はないと考えるのです。

 午前中、何か良いことがあったとします。
 そこで「今日は何をやっても上手くいく日だ」と思い込むのではなく、
 「何か良くないことも起こるかもしれない」と思うようにするのです。
 そうすると、もし仮に良くない事が本当に起きたとしても、そんなに沈むことはないのです。

 逆に、午前中に何か嫌なことがあったとします。
 そうしたら、「これを打ち消してくれるくらいの良いことが待っている」
 と考えるのです。
 不思議と、わくわくして、気力が湧いてきますよ。

 考えてみてください。
 一日中良いことだらけだった日、逆に一日中悪いことだらけだった日、思い浮かびますか?
 実際、そんな日はあまりないのではないかと思うのです。

 それに、この考え方を実践していると、
 良いことがあっても、調子に乗ったりしないので、失敗する確率が減ります。 
 また仮に悪いことがあっても、必要以上にブルーにならないので、自然と良いことを呼び寄せるんです。 

 自分の行動を変えられるのは、自分の考え方次第。

 そう思いませんか?

| とある受講生 | 15:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「旬のネタ?」ブログネーム.パールライス山田

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


さあ、今日も旬なネタをご用意しましたよ~
今日のテーマは・・・・「インフルエンザ!!」
(by パールライス山田)

【第1357回】

パールライス山田のプロフィール


 Σ(゚д゚) エッ!? 旬?? それって数ヶ月前の話だろ!!旬な話じゃないだろ(#゚Д゚)y-~~ 

 確かに、5月位に国内でも新型インフルエンザの感染者第1号がでて、その後全国各地に一気に広まってしまいましたが・・・それ以来最近になって新型インフルエンザのニュースをテレビで聞かなくなりましたよね???
 最近耳にしなくなったけど、しっかりとした旬な話なんですよ!!!
 国内の感染者数は約1000人(6月末時点)、新型インフルエンザの発端である、アメリカ・メキシコの地域では約3万人です。

 そんなの知ってるよ~(`・∀・´)エッヘン!! だってニュースで聞いたことあるもん!!
 やっぱり旬な話じゃないジャン(゚∀゚ )アヒャ

 慌てないで~大事なのはココからだから!!
 もしかしたら日本の将来がかかっていると言っても過言ではない程の話だから。


 皆さん、今回のインフルエンザは「H1N1型」という豚インフルエンザだということはもう、ニュース等でご存知ですよね??もちろん、このウイルスの毒性は弱いという事も・・・
 だから毎年、冬に流行るインフルエンザと毒性の強さはあまり変わらないのです。
 今年は非常にマスクの売れ行きが好調でしたが、たくさん買い込んだ人はメディアの過剰な情報に騙されましたね! φ(゚∀゚ )アヒャ

 さあ本当にココからが本題だ!!
 「インフルエンザ」の旬なネタ!!


 今、インフルエンザは世界各国で感染者数が増加していますが、毒性が弱いため死者は少ないんですね。ですが今、問題なのはインドネシアで起こっていることです。

 インドネシアでは「H5N1型」という極めて毒性の高い鳥インフルエンザが流行しています。すでに6月末時点で死者は115人となっている。
 そして、最近流行し始めた新型インフルエンザがインドネシア国内にも発生してしまいました。

 つまり、2種類のインフルエンザが同じ国の中で起こってしまったということです。

 皆さん!!インフルエンザなどのウイルスというのは“突然変異”が起こりやすいという事を聞いたことがありますか??
 実際、ウイルスは変異しやすいんです!!
 もしも、この2つのインフルエンザウイルスが出会って、融合して、変異したらどうなるか想像がつきますか??
 もしも、ウイルスにその様な事が起こると、最強のインフルエンザウイルスが出来上がると専門家の間で言われています。そのウイルスの致死率は60%にもなると言っている専門家がいるほどです。

 インドネシアやマレーシア、シンガポールなど日本人が観光旅行でよく訪れる場所だけに帰省して国内にウイルスを持ち込まれたら、それこそ本当のパニックになるでしょう。
 幸いにもウイルスの変異は今の所ありません。

 今回の新型インフルエンザでメディアも「マスクを買わないと絶対に感染するぞ」っと言わんばかりに、過剰な情報を流したように私は思います。その影響で各地では「マスク争奪戦」が起こり、パニックが生じたと思っています。←1973年のオイルショックによるトイレットペーパー争奪戦のように・・・(ノД`)

 メディアも本当に必要な情報は何なのかというのを考えてから情報を流してほしいな~っと最近思いました。マス=メディアにとってテレビ番組は視聴率ではなくて情報のほうが重要なのでは??

| とある受講生 | 15:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「マナー」ブログネーム.ヒグマ大打線

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


どうもヒグマです。
水害に合われお亡くなりになられた方々には、本当に謹んでご冥福をお祈りいたします。
さて……今回の内容は、「マナー」についてお話したいと思います。
(by-ヒグマ大打線)

【第1356回】

ヒグマ大打線のプロフィール


 学習するときのマナー
 歩くときのマナー
 自転車に乗るときのマナー
 ……など様々な「マナー」が、あります。

 実は、前日のテレビで「最近の人はマナーが悪すぎる!」と言っていたのです。
 それを聞いて昨夜、初めて会社から自宅に自転車で帰宅してみました。

 普段は、車や地下鉄を利用して帰ります。
 普通に車ですと30分位、地下鉄とバスで4~50分掛かる所に住んでます。
 そこで、「一度、自分の目で見てみたい」という思いから実行してみました。

 やはり実態は、重かったと思います。
 「夜なのに無灯火で自転車を乗っている人」や「携帯電話を操作しながら自転車を動かす人」……様々でした。
 確かに、現在のマナーの悪さが非常に目立ってきています。

 テレビの話は、本当に当たっていると思いました。
 しかも、若者だけではなく母親が後ろに子供を乗せて無灯火で自転車を動かしていたのです。

 こんな現状では、いくら注意しても大人がダメな行動をしているので説得力がないと感じました。

 「周りもやっているんだから俺だけに注意するな!」とか言う人もいます。
 しかもそう怒っているのは大人です。
 そしてそんな風景を子供は、見ています。

 だから注意出来ないのは、自分がやっているからなのです。

 皆さんは、どうでしょうか?勉強だけ出来ればいいと思っていませんでしょうか?

 それだけではなく、マナーの勉強もすることによって「本当の大人」になるのではないかと思います。

 みなさんも感じて欲しいです。
 一つ一つの行動を大切にして欲しいです。

 あなたは、マナーを守れてますか?

 守ってみませんか?「マナー」という大人になっても必要な勉強を。

| とある受講生 | 19:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2009年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年09月

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。