爆勝(笑)☆大学受験奮闘記

JPC日本プロデュースセンタースタッフブログ

2008年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年07月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「“サボりの心”に負けるな」 ブログネーム: 数の子わさび

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m



勉強をサボれば、成績が落ちます。
受験勉強のサボリが多すぎる人は、合格も遠のいていくことでしょう。
「あっ!」と思った人は、ここから挽回ですよ!!

【第1062回】

数の子わさびのプロフィール


“サボりの心”があると、
それが日常の行動に表れるものです。

自分では気付かないでしょうが、
周囲の人にはそれが手に取るようわかってしまいます。

『人間、時々はサボってもいいじゃん!』
という人もいますが、それは違います。

サボりの心があれば、心に余裕は生まれません。
自分の弱さから逃げるのが“サボりの心”
です。

何らかの理由をつけてサボったら、
何か心に引っ掛かるものが現れます。
それがストレスになります。
これが、サボりの心が生み出す弊害です。


逆に、一生懸命頑張って、自分で自分を誉めてあげる、
或はその後褒美として自分に何かしてあげると、『また頑張ろう!』となります。
これが本当の意味での心の余裕です。


心に余裕があるということは、
前向きな余裕があるということを意味します。
サボることからは決して心の余裕は生まれません。

サボるということは、
ある面では自分の心をごまかしながら生きていくということです。

『本来なら、自分はこんな人間じゃない・・・』

と思いながらも、ズルズルと怠惰な心地よさに侵されていきます。


『本当にこれでいいの?
自分の大切な人生をムダにしていいの?』


こういう視点で常に自分を見つめなおさないと、
やがては自分の望まない方向に否応なしに引きずり込まれていきます!
その時点で気付いても、もう遅すぎます!

自分の心をごまかしながら生きることほど、さびしいことはありません。
将来、必ず後悔することになります。


逃げの気持ち、サボりたいという甘えは、
“行動に移す”こと以前に解決しなければならない、
受験生としての自覚の問題です。

この病気は放っておくと、
どんどん悪くなりますから早く治さないといけません。


『サボり』という言葉は、『サボタージュ』という言葉からきています。
これは本来、労働者が要求を通そうとして、
会社が損になるように、一斉に仕事の能率を下げるという意味ですが、
これを『サボりによって、自分が損をする』と思ってください。
事実、自分が損をします。

自分のサボり心と戦って勝ちましょう!!




(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)






スポンサーサイト

| 成功哲学/メンタルトレーニング | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「バレーボール(男子編)」 ブログネーム.出世城のみかん娘

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m



志望大学への熱い思いを胸に勉強に取り組もう!!
その壁の向こうに大学が待っている!!!

【第1061回】

出世城のみかん娘のプロフィール



 みなさん、こんにちは。あと数日で今年も半分過ぎてしまいます。この半年、どうでしたか?充実した毎日を過ごせたでしょうか?それとも・・・。

≫ 続きを読む

| スポーツ関連 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「ビリヤード。」 ブログネーム.高崎はるな

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m



高崎はるなさんの趣味が判明しました☆
ですが、その腕前については深く触れていないようですが・・・(笑)

【第1060回】

高崎はるなのプロフィール



 不肖ワタクシ、趣味でビリヤードを嗜みます。

 昔は「プールバー」なんて言ってお酒とセットのイメージがあったので不健全な遊びと思われることが多かったようですが、最近はゲームセンターやアミューズメント施設でも気軽に楽しめるので、高校生でもやったことがある人も多いのではないでしょうか、試合や大会に参加して好成績を残す中高生も増えています。


 このビリヤード、日本では「ナインボール」というゲームが有名です。

 白い手球を「キュー」という棒で突っついて、番号のついたカラフルな球をテーブルの隅にある穴に落とし、9番を落としたほうが勝ち。全部のボールを落とす前に、偶然9番が落ちちゃっても勝ちとなるので、初心者にも楽しめるゲームです。

 とは言っても、このゲームの醍醐味は、運の良さではなくて、計算

 手球も的球も、どこに当たってどっちに進んでどこに落として、次の球を狙うために手球をどこに止めるか、全部計算尽くしなんです。上級者になると、相手に1回も撞かせることなく、9番まで全部の球を落としちゃうんです。しかも全部計算づく。球のどこをどのくらいの力加減で撞くかによって球の動きが変わるので、球やテーブルとの摩擦なんかも考慮して、全部の球をコントロールしているんですね。

 ぃゃ、もちろん私はまだ全然そんなレベルじゃないんですがね。

 ビリヤードって、実はすごく物理なゲームなんです。



 じゃ、物理が得意ならビリヤードも上手か、というと、これがまたそうは行かないんです。

 狙いを定めて、いざ撞いてみても、狙ったところにきちんと球を運ぶことがまたすごく難しいんです。



 どんなに理論を知っていても、実践できなければ思う通りにはならないんです。



 そこで、テーブルの真ん中に的球を置き、テーブルの対角線上に的球から1mくらい離して手球を置き、真っすぐ狙う練習をするんです。2つの球の重さは同じなので、無回転でド真ん中に当たると、的球が真っすぐ進んで穴に落ち、手球の方はビッタリ止まる。

 物理ですね。

 そうやって狙ったところにきちんと球を運ぶ練習をするんです。



 真っすぐ置いて、真っすぐ入れるなんて、簡単じゃん!って思うでしょ?

 いや、これが難しいんですよ。



 たまたま偶然1回くらい成功する程度なら誰にでも出来る。

 でも、100回に1回成功するくらいじゃ、「出来る」っては言えないし、それじゃゲームに勝てないんです。たまたま偶然に勝つことはあるけど、「たまたま」で勝つなんて面白くない。

 どうせやるなら、実力をつけて思った通りに勝ちを手にしたい。



 これって実は他のことでも全く同じ。



 足し算なんて簡単じゃん!って思うでしょ?

 だけど、こないだのテストは計算ミスは1つも無い?

 どんなにたくさん公式を覚えても、計算ミス1つで正答にたどり着けなくなるんです。



 こういう、簡単なことを当たり前に「できる」力


 できる人から見たら当たり前のことだけど。

 できる人を支えてる当たり前の「力」、身につけたいと思いませんか?







(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)





| ちょっとコラム | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「1コマから始める自己管理」 ブログネーム.三ツ星

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m



受験生に悩みは付き物ですが、
大抵の悩みは改善方法があるはずですよ☆

【第1059回】

三ツ星プロフィール



「マサミチ君は、勉強しててふと時計を見ると何分ぐらい経ってるかな?」



急に問われたマサミチは目をキョロつかせた。ボソッとしゃべったが気付くのが一瞬遅れて聞きそびれた。首だけ前に出して「えっ!?」と聞き返した。



「……30分ぐらいです」



マサミチの悩みというのが、勉強に向かう習慣が無いことだった。



人に相談しても、まともに取り合ってもらえないテーマだ。



この悩みは人を後ろ向きにしていく。



「そう。それが今のマサミチ君の集中力の限界なんだよな。今度はそれをね、最終的には60分から……そうだね、せいぜい150分ぐらいにまでアップしていかなきゃならないんだけどね。ところでマサミチ君ね、この時間を目標にしたのは何でだと思う?」



イエスかノーの返事にしないと答えられない。仕方ない、そうと判ってて出した僕が悪かった。



「これはね、実際の入試の試験の時間なんだよね。だから、その時間を集中する力がないと受験には適応できないってことなんだ。となると、最低でもそこまでの集中力は鍛えていかなきゃだよね?」



マサミチはこくっと頷いた。自信が無いのか、目もそらしてしまった。僕はひとまずそのまま話すことにした。



「ならね、まずマサミチ君は最低でも、まずはその30分間は集中しないとだめだよね。先々はそれを伸ばしたりしていくんだけど、今はその30分間では時計を裏返しにしてアラームを設定しておこうよ。そのかわり、その時間が終わったらページが残っていても一応終了する。そこで15分間休憩を取って欲しいのね。いいね?」

「はい」

「もちろん、この休憩時間でやって欲しいこととやっちゃいけないことがあるんだ」



僕はマサミチにメモの用意をさせ、一言一言を区切りながら説明した。



「1コマ、イコール。○○分集中。15分休憩って書いて」



紙にシャーペンを走らせるカサカサした音のみが聞こえる。



「じゃ、まずその休憩中にやって欲しいこと。甘い飲みものを取って欲しいのね。オレンジとかブドウのジュースもいいし、砂糖とミルクをたっぷり入れたコーヒーでもいいのね。集中力を回復させるためには甘い飲み物が一番!」



ウンウン頷くマサミチを見て、技術的な話だけだと本質からズレることを思い出した。



あとお父さんとかお母さんたちと今やってる勉強の話をしてみるのもいいね、と話した。親というのは受験を経験していても、今と事情が違うからうまく役に立てないっていう不満がある。なんて言っていいかわからないからついつい「勉強しろ!」なんてケンカ腰になっちゃうわけだ。



「だから、今こんな状態からこんな力をつけるためにこんなことをやっているんだよって。それがうまく行ってるとか行ってないとかいう話なんかもすると、安心して自分達の経験から○○君にも有効なアドバイスをくれることもあるよ」



「そういうものなんですかねぇ」



よほど違うことを言われるらしい。半信半疑のていでマサミチはぼやいた。



「今までは親とは対立しがちだったんだけど、こうやってうまく味方にしていって欲しいんだよね。大事な話だけど、ホントは親って味方なんだぜ?」

「逆にダメなことはあるんですか?」

「いいことに気付いたね。じゃあ、それもメモしよう」



テレビとか寝るとか、とにかく15分では絶対に終わらないことはダメだ。休憩もあくまで勉強の続きだという緊張感が欲しいところだ。たまに学校の先生も授業が始まって10分ぐらい教室に来ない場合があるが、あれも締まりが無くて良くない。緊張と弛緩(しかん)と言って、物事にはメリハリが無いと記憶の効率だって悪いのだ。



こうして考えていくと、自分の体の調子に合わせたスケジュールというのがイメージできるようになるから、自己管理がかなりはかどるようになる。



「たとえばね、頭を覚ますために朝一番に数学を1コマやるとか、英語なんて音読していくとはかどるけど、終わったらおなかペコペコになるからあんまり深夜にやるものではなくて、むしろ晩御飯前に2コマやるとか、ね」



この辺の話になるとマサミチも興味が出てくるらしく、メモのスピードが速くなってきた。



「言っておくけど、最初は多くても3コマぐらいまでにしておいた方がいいよ。なぜかというと、これは1コマ1コマで集中力を使い切る練習だからね。体が慣れるのに1週間から10日ぐらいかかるから、ものすごい疲労がたまるんだ。体育の持久走とかもそうだったでしょ?」

「…そう…ですね(笑)」

「もちろん慣れてきたらコマあたりの時間も増やしたり、コマ数自体も増やしていかなければならないよね」

「できるようになりますか?」



自己管理に悩んでいたマサミチの一番の本音だろう。僕は顔をくしゃっとして笑いかけた。



「できるさ」





そうやって、1日何コマできそうかをイメージできれば、勉強ができそうなスキ間に強引にねじ込んでいくっていう自己管理ができる。計画も何も、取り組みたいのに進まない、というタイプはそういうことから始めた方がいいんじゃないかなと。






(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)





| 勉強法 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「医食同源」 ブログネーム.たこ焼き母さん

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m



普段の食事も健康を維持するための大切な要素です。
バランスの取れた食生活を心がけたいものですね♪

【第1058回】

たこ焼き母さんのプロフィール



今日は、食事について。

ワタシが学生の頃、ダイエットするなら
5大栄養素のバランスが大事
だと言われてました。

炭水化物(糖質)、たんぱく質、脂質、
ビタミン、カルシウム(現在はミネラル)
かな。

炭水化物はご飯で、たんぱく質は、お肉とかお豆、脂質って油、
ビタミンは果物で、カルシウムは牛乳や海草、小魚‥。

とはいっても、
ご飯がおいしくて、おいしくて仕方ない年頃だったので、
白いご飯に明太子は最高!トカ、家で取れた野菜料理はもう飽きたから
お肉たべたい!トカ、お芋の味噌汁は嫌だ!
煮干もそのまんま入ってるし!トカ、魚と言ったらサバの煮付け、
たまにメザシかサンマじゃ物足りないなあトカ、文句ばっかりいってました。

よ~く考えたら、家で出されていた料理は
ダイエット料理に匹敵する品々でした。

※炭水化物であるお米。
当然自家米。 しかも胚芽がしっかり残っていて、
多少味は落ちますが体によい米。

※たんぱく質。動物性たんぱく質ではない、
納豆や豆腐などの植物性。もしくは魚。

※脂質。油を使った料理は確かに少なかった。
落花生(ピーナツ)は食べさせられましたが。
ちょっと足りてなかったかな。

※ビタミン。緑黄色野菜は毎日。かぼちゃ、ニンジン等。
淡色野菜もほぼ毎日。大根、白菜、キャベツ、きゅうり、トマト。。。
当時ビタミンは果物にしか入っていないと思っていました。

※カルシウム。小魚って実は子供のころは、食べにくかったです。
煮干はおだしじゃないの?といっていましたが、
何故そのまま入っていたのか、今なら解ります。


それからしばらくして6大栄養素といわれる時代がきました。

そう、<食物繊維>が注目されたですね。ファイバーです。
栄養というより、体の中の悪玉菌を排除するのが目的です。

この食物繊維は野菜に普通に含まれています。
つまり普通に取っていたんですね。私。

そして最近は、「ファイトケミカルス」という言葉を耳にします。
植物の香りや色の素になる成分だそうです。
活性酸素を抑える「抗酸化作用」の効果があるものです。

活性酸素は、激しい運動をした時や、強いストレス状態が続いた時、
食品添加物を摂取し時、排気ガスや喫煙、飲酒時に増加
します。

しかしこの活性酸素は、細菌やウイルスから体を守る役目をするので、
普通に体内で発生するものらしい。なんかメンド臭いんですが、
要するに増えすぎると厄介な物質です。

栄養というより、予防医学のために取る時代ですね。
カロチノイドとか、リコペン、ルティン、ヘスペリジン(ポリフェノール)、カテキン等等。
ん~。。。ようは、いろんな種類の野菜や果物ってことですよね。

私が学生の頃よりはるかにストレスにさらされている皆さんは、
食事もバランスだけでなく、予防の為に取る時代なんだなと感じます。

まあ、難しく考えず、できるだけたくさんの種類の食べ物を、
家族と一緒に楽しく食べる事ですよね。そうそう!
「おいしい!おいしい!」といいいながらね!






(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)






| 体調管理 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「大感動した映画」 ブログネーム.肥後椿娘

 当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m



いい映画を観ると心が洗われた気持ちになりますね♪

【第1057回】

肥後椿娘のプロフィール



ここ最近、雨の日が続き、チャリ通勤の私は、
今日はチャリで行けるかどうかと朝ドキドキの毎日です。
雨降ってたらちょっとガッカリしちゃうけど、そんな時はこの言葉。


「晴れにも ありがとう
 くもりにも ありがとう
 雨にも ありがとう
 すべての天気が良い天気」



私が大尊敬しているてんつくマンの言葉です。



さて、先日、熊本オフィスでは、映画上映会を開催しました。

上映したのは「107+1~天国はつくるもの~」
という総指揮・監督てんつくマンの、
10万人100万人でつくる参加型ドキュメンタリー映画です。

環境問題、海外支援、そして沖縄-鹿児島間900キロの
海を手漕ぎの船で渡るという命がけの冒険に挑戦っていう
素敵な映画で、大感動でした。

そして更に、終わったあとの生徒たちの感想を見て
またまた感動しちゃいました。

今日はその生徒やお母さんの感想、
今後の目標などを一部抜粋してお届けします。


『感想』

・やってみたらそこから可能性は広がっていくものだと分かった。
 まずは行動することが大事だと思う。
 希望を失わず勇気をもって
 自分から動けるような人間になりたいと思った。(高2 女の子)

・最初から涙涙でした。
 「1秒で変われる」心に残りました。
 母親の私にも何かできるのでは、
 新しいことに挑戦できるのではないかと思いました。
 とても感動しました。(高2 男の子のお母さん)

・この映画をみて、出来ないことはないんだなあと思いました。
 先のことはわからないけれど、
 まず、スタートを切ることが大事なんだと感じました。
 ゴミもマフラーも船も全部良かったです。感激しました!!
 僕はスタートはしているけれど、この映画の人達みたいな
 「本気」ではないので、「本気」で勉強して、
 大学に受かったら自分も世界の困っている人への
 お手伝いをしてみたいです。(高3 男の子)

・不可能を可能に変えるのはみんなの熱い想いと行動の継続!
 あらためて、この映画を見てそう感じました。
 心が通じ合うって本当に素晴らしいです。
 笑顔のプレゼントをあげて、もらって、
 日本だけでなく世界中が平和になるよう、
 私も出来ることから始めようと思います。(高3 男の子のお母さん)



『今後の目標など』

・困難な事にも立ち向かう(高2 男の子)
・将来ボランティアをしてみたい。(高2 男の子)
・明日は今日の自分を越えるようにがんばる。(高3 男の子)




やっぱり、生徒達は素晴らしいなぁ~と感じます。将来が楽しみです。
そして、そんな生徒達のお母さん達もやっぱり素晴らしいと実感した1日でした。
私自身も、まだまだ出来ること・やりたいことがいっぱいです。
『動けば変わる』また楽しいこといっぱいやっちゃいます!






(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)





| オススメの本や映画など | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「中国のとある村の高校生」 ブログネーム.博多山笠女

 当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m



この広い世界には、沢山の高校生がおりますが、
国や地域によっても、様々な事情があるようです。。。

今回の中国のとある村の高校生の場合はどうでしょうか。。。。。

【第1056回】

博多山笠女のプロフィール




春とはいえ、まだまだ底冷えのする寒い夜…..
偶然見ていたTVに『釘付け』になってしまいました。


このブログを見ている皆さんの中にも、
「見た!」っていう人もいるんじゃないですかね?(^◇^)


番組名は・・・

≫ 続きを読む

| 高校生 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「有言実行???」 ブログネーム.兼六園子

 当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m



生徒一人一人に様々なエピソードが隠れています。
さて、今回のエピソードとは!?

【第1055回】

兼六園子のプロフィール




今回は私立高校に通う2年生のA子ちゃんについて。

A子ちゃんは2週間に1度
電話でのやりとりをしている市内に住む女の子です。

以前お母さんとの話しの中で、
今のうちから指導部へ呼んで勉強する環境を作って下さい
との要望がありましたので

「そろそろ中間テストも近いから一度指導部においで。
いつも電話で話しているけど、一度会って色々話しをしよう!」


と指導部へ来る様誘ってみました。

最初は少し嫌そうな言い方でしたが、指導部へ来る約束をしました。


約束当日、本人から電話で、

「熱があって、親から今日は行くなと言われたので今日は行けません。」

と連絡があったのでその日は大事をとる様に伝え、
次の来る日の約束をしました。


次の約束の日・・・

≫ 続きを読む

| とある受講生 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

<不安でいっぱいにならないように>ブログネーム.とちぎのおとめ先生

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m



その不安なことに立ち向かう勇気を持ちましょう!!

【第1054回】

とちぎのおとめ先生のプロフィール



「上手くいかなかったらどうしよう」・・・
誰もがこんな不安を抱えているんじゃないかな。
それは未来に対する悪い感情だけど、
これは過去の失敗体験に縛られているんだよね。

みんなは今までにいろんな経験をしてるよね。
上手くいった時もあれば
上手くいかなかった時もあると思う。

ネガティブ思考な人は、
上手くいかなかった事を
強烈に覚えていて、
自分を責めたり、
後悔したりするんだよね。

そして、新しいことにチャレンジする時に、
「上手くいかなかったらどうしよう」と考えて、
まだ始めてもいないのに
自動的に苦しんじゃうんだよね。

感情は行動に影響を与えるから、
苦しい中でモチベーションは上がらなくて、
行動の質が下がって、
悪い結果につながってくる。

そしてまた自分を責め、
もう失敗をして苦しい思いはしたくないから
積極的な行動ができず、
消極的な人間になっちゃうんだよね。

そして、成功体験をするチャンスを
自分で少なくしちゃうんだよね。

でも、ポジティブな人は
失敗をあまり気にしないようにするんだよね。

むしろそこから何か新しいことを学び、
良い経験だったと考えようとするんだよね。

新しいことに挑戦する時に
「もし上手く行っちゃったらどうしよう・・・むふふふ。」
ニヤつきながら考えるようになるんだよね。

モチベーションは高まり、
ワクワクしながら過ごす。
行動の質が上がり、
良い結果がついてくる。
成功体験が多くなり、
またそれをバネに、
次のチャレンジを行う。

これから、不安なことが多くなるかもしれない。
だからこそ、
「上手くいかなかったらどうしよう」
って考えるんじゃなくて、
「上手くいったらどうしよう」
って考えてみよう。


V(≧∇≦)v イェェ~イ♪







(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)






| 成功哲学/メンタルトレーニング | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「話半分で。」 ブログネーム.Kobe Collection?

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m



話の本質を捉えることが大事ですね☆

【第1053回】

Kobe Collection?のプロフィール


部活をがんばってきた3年生にも、
そろそろ引退の時期が近づいてきました。
もう部活を引退して、バリバリ受験勉強を
がんばってる受験生もいると思います。

この時期になると、
友達とか同じクラスの子とかからは、
"本格的に塾・予備校に行くようになった"
"先輩に聞いた参考書で勉強を始めた"
"家庭教師の回数を増やしてる"

などなど、

いろんな話が聞こえてくると思います。

その話を聞いて、ふと自分は今のままでいいのか?
なんて考える機会もあるんじゃないかな?

"あの子はどこそこの塾に行ってて、
こんなことを習ってるらしい。自分は大丈夫?"


みたいな。


でも、よ~く考えてみてください。
みんな、志望校も違えば、今の学力・成績、得意・苦手分野etc...
すべてと言っていいほど、周りの子とは違うはず
です。
ということは、自分のやるべきことと、
その子たちがやるべきことも違うはずです。

確かに、参考になる話もあることでしょう。
ですが、今の自分にとって必要かどうかを判断して、
今の自分には必要ないことであれば、気にしないでおきましょう。

その子のやってること、
参考書などが自分に合うとは限りません。

周りの話を聞くたびに、
自分のやっていることに自信が持てなくなってしまったら、
全く意味がありません。

逆に、自分が今やるべきことは、何なのか?
それがわかっていて、実行できてる生徒はめちゃくちゃ強い


当然のことですが、
人の話を聞くことは非常に大切なことです。
ですが、その話の中から自分に必要なことと必要でないことを
取捨選択することも非常に大切です。
少なくとも、受験勉強に関しては。
受験生同士の会話はくれぐれも話半分で聞きましょう。






(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)







| 受験生 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「勉強するチャンス」 ブログネーム.讃岐大使うどんのすけ

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m



空気がなくなってはじめて
「空気の大切さ」を実感できるのかもしれませんね。。。

学校、先生、両親・・・
感謝の気持ちを忘れずにいたいものです☆

【第1052回】

讃岐大使うどんのすけのプロフィール



 私の住む香川では、ずいぶんと雨の少ない梅雨が終わろうとしています(ああ、今年もまた水不足か…?)。いよいよ夏、受験勉強の天王山ですね。


 生徒たちは、夏休みの勉強時間や、受験勉強本番!と言うと、微妙な顔をします。中には露骨に嫌そうな顔をする生徒も…(苦笑)。気持ちは分からなくもないですし、私も受験生の時はそうでした。

 しかし、この時期になると、私には思い出すことがあります。

 それは何とか受験勉強を乗り切り、京都市内の大学に入学したばかりのちょうど今くらいの頃。京都駅前で学生や高校生くらいの人が募金活動をしていました。

 その募金は、赤い羽根とか震災支援と違い初めて見るもので、“親の自殺・死亡・失業などで勉強できない子供たちに、勉強の機会を、高校進学の機会を”というものです。

 今思えば、この活動は「あしなが育英募金」だったのでしょう。


 あしなが育英会は「病気や災害、自死(自殺)で親を亡くした子どもたちを物心両面で支える民間非営利団体(あしなが育英会HPより)」です。

 もちろん当時お気楽な大学生だった私は、このような団体があることを知りませんでした。けれど、このとき私は、いかに自分が恵まれた環境にいるのかを理解しました。

 ドキュメンタリー番組や広告で“世界中に、勉強したくてもできない子供たちがたくさんいる”ということを、私は知っています。しかしそれは、あくまで“知識”であり、実感ではありません

 大抵の人は、高校卒業→専門学校・大学進学、就職と、選択肢は複数あります。私も、高校卒業後の大学進学を“自分の進む道”だと当り前のように考えていました。でも、このとき初めて“希望する進路を諦めざるを得ない”人もあるのだということを、自分の目で見たのです。


 私の、「勉強は好きじゃない」「受験で仕方なくやってる」なんていう不平不満は、実はとても贅沢な立場からの不満でした。数学がまったく分からない、とか、こんなの覚えて将来何の役に立つの?と愚痴を言ってみたり、友達と一緒に定期テスト前に図書館へ勉強しに行ったり、そんな自分に取っての普通が、普通でなくなる可能性なんて考えたこともありませんでした。

 そして、今まで自分がこのようなことを知らなかったことに情けなくなりました。

 「勉強が嫌だ」と言っている人には、何のために勉強しているのか誰のおかげで不自由なく学校に行けるのか、自分の環境について考えてもらえればと思います。

 そして期末テスト・夏休みの受験勉強や課題をしっかり頑張ってくださいね!






(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)






| 教育 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

《学ぶ楽しさ》 第3話 ブログネーム.岡山桃っ子

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m



今回も岡山桃っ子さんより、
「半世紀+α」の知恵を教えて頂きましょう♪

【第1051回】

岡山桃っ子のプロフィール




 皆さんは、「覚えなければいけない」という状況になった時、「覚える」ことが「目的」になっているのではありませんか?だから「つまらない」とか「めんどくさい」と思うのでは??

 私の独断と偏見によれば、「覚えようと思うことをやめた方がいい」と思うのであります。例えば、英単語を例にとりましょうか。英単語を覚える時は、是非例文で覚えましょうね。

 たくさん覚えないといけないという状況だったとしても、まずは少量から始めましょう。大量に覚えることを考えると頭がクラクラしますから。5個なら5個としましょうか。

 じゃあ、その5個をどうやって覚えるか、ですよね。

 その時「覚える」という意識を外します。そして、とにかくひたすら声に出して、例文を音読します。その時、その例文の情景をイメージします。もし皆さんの時間が許されるなら、一回音読する毎に、「正(しょう)ちゃんマーク」を付けていきます(つまり「正」という文字を、一回毎に一画ずつ書いていくのです)。そして、100回音読するのです。

 「読書百遍」という諺があります。ホントに100回も音読すれば、覚えようと思わなくても覚えられます「100回もは無理!」と思ったなら、回数を数えなくてもよいので、とにかく、頭で考えなくても口をついて自然に英文が出てくるようになるまで、音読を繰り返してください。ちょうど九九が自然に言えるのと同じような感覚です。一つできるようになると、もうシメタもので、次に進みたくなります。

 この方法は「区切ってやる」とか「細分化する」という方法です。この方法はあらゆる事に使われていますよ。

 この方法を知ったなら、是非「生活の中に取り入れる」つまり「習慣化」しましょう。人間不思議なもので、一遍習慣化すると、それまでは「めんどくさかった」ことが、「めんどくさくなくなる」のです!これは不思議です。

 私の場合、トイレを使用する度に掃除するようになってから、以前は苦だったトイレ掃除が苦ではなくなりました。それどころか、楽しくなったのであります!だって、汚れる前に掃除するから、常にピカピカなんですもん♪これをやりだすと、汚れるのがイヤになります。公衆トイレまで、使ったついでにトイレットペーパーで拭いたりしてネ。

 トイレ掃除と勉強は違うと言われるかもしれませんが、基本的には変わらないと思いますよ。共通点は「めんどくさがらずに、そのつど、少しずつ、継続する」ってことですから。

 そして、も一つ大事なことは、「使用前」「使用後」のように、「使用後」の自分を常にイメージすることです。「英単語を覚えられたら今度のテストで成績がUPしている自分」(←これ「使用後」)がもう既に存在していて、その自分が「今の自分」(←これ「使用前」)を見て励ましている、ってな感覚でしょうかね。

 とはいっても、皆さんは忙しくてその時間が取れないと思うのでは??ところが、時間は取れるんですよ。そのやり方は次回のお楽しみ♪






(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)





| 《学ぶ楽しさ》 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「その諦めないことは ~岐阜県編~」 ブログネーム.長良川鵜飼

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m



可能性を広げるために
あなたならどうしますか?

【第1050回】

長良川鵜飼のプロフィール



そろそろ夏ですね。
みなさんこんにちは。長良川鵜飼です。
今回は岐阜の紹介にからめながら話をしていきます。


岐阜県、あまり有名ではないのだが中部地方にある。
「ひぐらしのなく頃に」のモデルになった
世界遺産の白川郷は、実は岐阜県
にある。


さて、岐阜県の名跡に「岐阜城」がある。
かの有名な織田信長が斉藤家を打ち破り、拠点としたときに名づけたらしい。
織田信長が天下をにらんで力をつけていたころだ。

実はこの岐阜城、見ると分かるが、かなり分かりやすいところにある。
この岐阜城のあるところは濃尾平野と山間部との境にあり、
わりとどこからも見やすい。

要するに、昔は岐阜城を攻める武士団があると一目瞭然でわかるのだ。
実は、織田信長、最初は正攻法で岐阜城を攻めている。
今川義信を破ってイケイケだったころだろうか。

でも惨敗だったらしく、かなりの兵を失いながら撤退している。
さすがに最初に頭を潰す作戦はうまくいかなかったらしい。


そこで諦めたら、おそらく織田信長は歴史を作れなかっただろう。
室町幕府も史実よりももっと長く続いたかもしれない。
信長は諦めなかった。
「どうしたら岐阜城を攻略できるか」を考え、実行したのである。


ひるがえって我々はどうなんだろう。
受験生のみんなは一度うまくいかなかったからといって
投げ出したりしていないだろうか。
数学が苦手、英語ができない。

「できる」と考え、どうしたらできるようになるか考え、
実行した人だけが、できるようになる



信長は敗れた後、諦めなかった。
平野から攻めると見せかけて陽動し、敵を城の西の平野へ釘付けにしながら、
東から山伝いに順番に攻めていったのだ。

そして最終的に人質交換時に兵を岐阜城へ近づけ、
いきなり攻撃を開始して岐阜城を攻略することに成功する。
(いきなり頭を叩く→やっぱり駄目だから順番に攻める→
とみせかけてやはり頭を一気に叩く)


信長の成功についてはいろいろ言われているのだが、
目標達成に対して貪欲だったことが一番のポイントだと思う。

我々は無限の可能性をもっているのだから、
まずは「やれる」「できる」と考えて取り組むことが重要だ。


まだまだ6月。受験生のみなさんができることはかなりある。
今から諦めずに取り組んでいこう。






(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)






| 歴史/文化/教養 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「健康的な毎日を送ろう!!」 ブログネーム.三重伊勢エビちゃん

 当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m



受験生だからこそ、
体調管理を考えた生活を心がけましょう!!

【第1049回】

三重伊勢エビちゃんのプロフィール


私は、ここ最近「健康的」な生活を送っています。


毎朝、犬と近くの浜辺で1時間程度ジョギングをして、

それから朝食をたくさん取り、昼のお弁当も自分でこさえて、

夜も散歩と食事は欠かさない。


1か月前の私は、朝は11時頃に起きて、

朝食も食べず出勤し、昼はコンビニのお弁当…。

夜は外食ばかりの生活で、寝るのは午前4時半頃…。

といったむちゃくちゃな生活を送っていましたが、

ある出来事をきっかけに改善できました。


そのきっかけは話すと長くなるので省略しますが、

とにかく食事と適度な運動をきちんと取り入れるだけで、

持続力や集中力が高まり、精神的安定にもつながります



最近はイライラすることもなくて、

当たり前だと思っていた些細な出来事までも

本当に楽しいな~幸せだな~って毎日思えるようになりました。


受験生にとっても体は基本です。

必ず食事と運動は毎日欠かさず取り入れましょう。





(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)






| 体調管理 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「一般?推薦?AO?」 ブログネーム.眠らない街.小江戸川越

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m



自分の進むべき道や進み方を明確にしよう!!

【第1048回】

眠らない街.小江戸川越のプロフィール


先日Nちゃんのお母さんから電話がありました。

「月末に3者面談があるんですが、何を話したらいいか・・・」との事。

Nちゃんの学校は宿題が多いので有名

毎年この学校の生徒は勉強量の多さに四苦八苦しています。

私立高校で学校推薦の枠もかなりあります。

お母さんは指定校の枠で行って欲しいと考えていますが
Nちゃんの志望する大学が枠の中にあるとは限りません。

本人もそのことは知っているので一般メインで考えています。

母:「AOとか公募推薦なんかは受けられるんですか?」

私:「もちろん大学によりますが、実施していて基準を満たしていれば
   受ける事は可能です。
   合格する可能性は指定校に比べたらもちろん低くなりますが、
   チャンスは多いに越したことはありませんよね。」


後で本人とも話をしたところ、「前向きに考えてみます」との事でした。

小論文や面接での審査が一般的なので、普段の受験勉強と内容が異なる為
受かる事を期待しすぎたり、そこに時間をかけすぎると駄目だった時のリスクは
色々な意味で大きくなります。

合格したら「ラッキー」くらいの感覚で、駄目でも引きずらず、気持ちの切り替えが
うまく出来る子であれば挑戦して欲しいと思います。

もちろん困った事があったらちゃんと私達に相談してください。



あっという間にもうが来ます。

いつまでも他人事でのんびりしている3年生いませんか?

頑張った分、ちゃんと自分に返ってきますので
楽しい大学生活の為に、今頑張りましょう!!






(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)






| 進路相談 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『偏差値30からの大学合格!』 ブログネーム.ヒグマ大打線

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m



「努力」は実を結ぶものですね☆

【第1047回】

ヒグマ大打線のプロフィール


こんにちは、ヒグマ大打線です。
さて、前回の僕の話は、『やれば出来る!』と言う話でした。

今回は、『偏差値30からの現役大学合格!』と言うお話です。



実は、この話は日本大学2年生の生徒(『やれば出来る編』の生徒)
と同じ学年の生徒のお話です。


今回の主役は、北海学園大学2年生のK君。
当時、兄が2浪人中で部活は同じ野球部でした。

そのK君、勉強はと言うと
試験の3日前に徹夜で勉強すると言う短期集中型でした。

ちなみに、K君の通っていた学校は中堅クラスの高校です。

ある夜、突然JPCに連絡が来ました。
これが、全ての始まりでした。


『うちの息子の進路相談をして欲しいのですが。』

ヒグマ『わかりました。部活は、引退したのですか?』

『引退しました。ただ遊んでばっかりで・・・・』 

ヒグマ『わかりました。では、○日にどうですか?』

『大丈夫です。私も同伴しますので。』

と、実は、僕は本人・母親には部活の関係で会ったことが無く
今回は初顔合わせだったのです。

約束日になって僕は、早めに相談室に行って待機していました。
約束の時間になり本人と母親が到着。

初めてK君を見た時にビックリしました。

≫ 続きを読む

| 進路相談 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「模試で成果を出した生徒」 ブログネーム.越後の雪椿女王

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m



成果を出した生徒と
出せなかった生徒の違いとは!?

【第1046回】

越後の雪椿女王のプロフィール



5月の中旬に模試があり、その模試の結果が出ました。

実はこの模試に向けて、
生徒たちに長文の課題毎日出していました。

毎日がんばってやる子、2~3日分をまとめてやる子、
「いろいろ忙しいから~」と理由をつけてやらない子、
色々なタイプの子がいましたが、
2週間足らずで、大きな違いが出ました。

毎日こつこつやった子は、
模試の長文の力がつきました。


本人も《びっくり》「長文が前より読みやすくなった」
次の模試に向けて、毎日課題を要求してきています。
実際英語の点数は伸びていました。

やはり勉強は自力の力が大切なんだと、
改めて実感した出来事でした。

「能動的学習をしよう!」と声をかける私たちですが
実際どうしたらいいのかわからない子が多いのが現状のようです。

それなら、と生徒指導部から強制的にやらせた課題だったのですが、
疑問をもたずにがんばった子の成果です。

解らないことは「聴く」事も大切なことです。

でも自分で問題を解く力は
やはり問題をこなしていくしかないのです。

受験生の皆さんの周りには、
色々な受験対策をする情報があふれています。

その中で何を選ぶか?何の力がつくのか?を考えてください。

受験で全てが決まるわけではありませんが、
自分のやりたいことをやるためには、大切な通過点です。
自分に合わせた受験対策を考えましょう。

基礎力がないのであれば、先生に聞くことも大事なことです。

でも基礎力を応用力まで伸ばすのは、
やはり自分でこつこつ問題をこなし、
わからない問題をわかるまで
うんうんうなりながら考えることが大切だと思います。






(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)




| 模擬試験 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「数学の勉強法講座―第2回―」 ブログネーム.水戸のご老公

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m



グラフを正確に描く習慣も身につけておきましょう!
グラフを描くと解き方もわかってくることがありますね☆

【第1045回】

水戸のご老公のプロフィール



さて今回から4回に分けて、
系統別の数学の学習法についてお話ししようと思います。
どうぞ、宜しくお願いしますm(_ _)m


実は、数学の分野には4種類の系統があるんです(`・ω・´)b

①関数系統
②拡張系統
③確率系統
④特殊系統



今日は、①関数系統のお話です( ̄― ̄)v

この系統に含まれる単元は下記の7分野です。
数Ⅰ:2次関数、図形と計量
数Ⅱ:図形と方程式、三角関数、微分法、積分法
数C:式と曲線


とにかく、関数の形をしていればこの系統です。
指数・対数関数は④の特殊系統に含めますが、
場合によってはこの系統に入ります。

ところで、「関数」って何でしょう?

「2種類以上の文字(変数)と"="が含まれる式」
のことです。

例えば、
「"x"と"y"と"="が含まれる式」とか、
「"sinθ"と"cosθ"と"="が含まれる式」
とか、
そういうことです。

もっと具体的に言うと、
「毎分xリットルのお湯を300リットルの浴槽に入れたらy分かかる」とか、
「毎日xキロカロリーの食物を摂るとy日で1キログラム体重が増える」とか、
そういうことです。

こういう風に、因果関係を明確にし、予測可能にするのが関数なんですね。
噂によると、関数を極めると、予知能力が身につくとか(*´∀`)♪

まぁ、役に立つとか立たないとかは別にして、
数学の勉強の主軸がこの関数系統なんですね。

で、この分野の特徴は、「グラフ」の存在です。
そして、この「グラフ」がこの系統において最も重要な「数学語」なんですね。

では、この系統の勉強の手順を以下に示します。

≫ 続きを読む

| 勉強法 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「源氏物語」 ブログネーム.kariya 受験指導部

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m



古文の受験勉強も
楽しんでやることができれば一石二鳥ですね♪

【第1044回】

kariya 受験指導部のプロフィール


私事で恐縮ですが、
私は受験勉強がきっかけで古文が大好きになりました。

一時はこれが転じてそれまで考えていた心理学をやめて
国文学をやろうかとまで思ったほどです。…結局はやりませんでしたが。

で、あの頃は時間がなかったので途中で断念してしまったのですが、
ついこの前からまた読み始めました。

なにかというと、『源氏物語』

もちろん今更原文を読む気にはなれないので
現代語訳あるいはマンガで読んでいます。

源氏物語というと、ただのイケメン男の武勇伝小説(?)
ぐらいにしか思っていない人が多いかもしれません。

ところが、この小説が書かれていた平安時代の貴族社会の生活が
どんなものだったのかを知った上でこれを読むと
一見ただの官能小説(←失礼な言い方かなあ)
に見えるこの物語が違って見えるのです。

で、いちばん知っておくと読んだときに面白いのが、
平安時代の貴族社会の恋愛・結婚観


今では「えー嘘でしょー?!」
としか言いようがないことが当時は常識でした。

まず、男性陣は喜ばしいかもしれないけれど一夫多妻制
ところが誰が第一夫人なのかの順位の決め方は
奥さんのお父さんの財力や地位によって決まります

決して旦那さんの愛情の深さではありません。

また、貴族社会では政略結婚は当たり前。
女のコの場合は特にひどい。
旦那さんになる人はお父さんに決められていました。

「この男が娘の旦那となったとき、
我が家にどれだけのメリットを与えてくれるのか」


という考えが最優先で、嫁に行く本人の意思は全く無視。

また、今ではこんなことしたら犯罪ですが、
この時代は、男はその親にさえ了承を得ていれば
本人の許可なく気に入った女に夜這いをかけるのもアリ
でした。
…もしかしたら今でもこういう世界は存在するかもしれませんが。

もう、皆さんの年齢であれば理解できるでしょ。
この世界がどれだけ切ないか。

彼氏彼女を自由に選べない、
旦那さん嫁さんは自分の意志で決められない。
そんな時代だったのです。

また、当たり前ですがいくら貴族とはいえ、
今ほど豊富に遊び道具があったわけでもありません。
そういった意味では小説は最高の娯楽だったのです。
…その知識をもって源氏物語を読んでみると、実におもしろい。

だから主人公の光源氏は当時の人々の憧れの象徴でした。
好きなものは好きといい、それを自由に手に入れられた。

だからみんなはまって読んだんだろうなあって思います。
…ま、でもそこは作者が女であるところもあって、
最後は自由奔放に生きてきた代償を払う羽目にはなりますが。

しかしそれも紫式部自身の希望だったのかもしれません。
当時は「男尊女卑」がまかり通っていた時代。
泣きを見るのは常に女でしたから。

…いかがでしょう。
こういった視点で源氏物語を読むとおもしろいでしょ?

確かに古文は受験のためのものかもしれません。
特に理系の生徒さんたちにとっては厄介な代物かもしれない。
でも、読めるようにさえなってしまえば古文は
小説を読んでいるのと同じになります。

また、この発見を応用すると受験勉強も変わってきます

例えば。
確かに受験勉強はいろいろ窮屈です。
あれがダメこれがダメと制限もある。
でも、それを選んだのは誰?というのを考えてみて欲しい。
親?学校の先生?友達??…どれも違いますよね。

そう、選んだのはあなた自身です。
誰に縛られるわけでもなく、あなた自身で選んだことなのです。

平安時代人々は貴族だろうがなんだろうが関係なく
自分の将来を自分で決めることはできませんでした。
全て親次第でした。

それを考えたら、今は今で幸せなことだと思いませんか?
あなたのお父さんお母さんは何でもかんでも
あなたのやることなすこと反対しますか?

もしするとしたらそんなのはほとんどの場合、
あなたがあまりにも無謀なことをしようとしているからです。
決して自分の腹の虫の収まりが悪いからじゃない。

自由に自分の人生を選べる時代に生まれたあなたは、
大学へ行くという道を選んだ。
この事実だけは忘れないでください。
古文も、受験勉強もあなたの希望をかなえるための手段なのです。






(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)





| 歴史/文化/教養 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「楽しいなら、がんばれる。」 ブログネーム. 湘南ホープ

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m



きっと、素晴らしい未来が待っています!!

【第1043回】

湘南ホープのプロフィール


勉強って、できたらやりたくない。
そう思ったことありませんか?

誰でも、大人になって仕事をするには専門の知識が必要で、
その知識のためには、まず小・中・高校で習うような基礎的な知識が必要。

だから、今コレをやらなきゃいけないことは分かっているんだけど…


でも、今おやつを食べたい!
ドラマを見たい!
ちょっと友達と電話したい!!


そんな葛藤を私もしてきました。


やっぱり、苦しかったりつまらなかったりする勉強より、
楽しいことをしたいですよね。
そうは言っても楽しいことばかりしていたら将来が…

そう!将来を考えてみてください。
今頑張っているのは、将来楽しい日々を送っている自分になるため
具体的に未来を考えていないとしても、
きっと良い日々を目指していると思います。
自分からイヤな日々を送ろうと思っていない限り(!)

今の頑張りが、未来の幸せになる。
そう思うと、ちょっとヤル気がアップしませんか?

「未来のために、今の楽しい時間をつぶすのは…」
という人もいるかもしれませんね。
では、こういうのはどうでしょう。

勉強時間も、楽しい時間も、両方とる。
うまく予定をたてれば、両方確保できますよ。

そして、今の苦しみは、最高のスパイス!

これは、
「空腹は(料理を美味しく食べるための)最高のスパイス」と同じです。
苦しみを我慢した分だけ、そのあと嬉しくなる。

やらなきゃいけない勉強、こなさなきゃ行けない宿題、

全部、未来に待っている美味しい日々のスパイスです!

未来が楽しいなら、頑張れますね。







(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)





| ちょっとコラム | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「CM見ました?」 ブログネーム.茶々丸

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m



『時』に関することわざや格言も多く見られますね。
受験生の皆さんも時間を大切に使いましょう♪

【第1042回】

茶々丸のプロフィール


CM見ました?
SEIKOの「一秒の言葉」ってやつです。
見てない人は「You Tube」にアップされているので見てみると良いです。
何でSEIKOかと言うと、
なんと今日は『時の記念日』です!!

どうでもいいかもしれませんが…(~_~;)

時の記念日は1920年(大正9年)、東京天文台と生活改善同盟が
「時間を守り、欧米並みに生活の改善・合理化を図ろう!」
ということで制定されたそうです。

ちなみに何で6月10日か?

それは、「日本書記」
天智天皇10(西暦671)年4月25日(新暦6月10日)の項に、
漏刻を新しき台に置く。始めて候時を打つ。鐘鼓を動す。
とあることからだそうです。

※「漏刻」とは水時計のこと

もっとも、日本書紀によれば漏刻は実は斉明天皇6年5月に
皇太子(天智天皇,当時は中大兄皇子)の命により
既に設置されていたようですが、その日付が不明であるため、
日付の明確な天智天皇10年の方が採用されたそうです。

大雑把な目安しか提供できない日時計に比べて
水時計はどうしても精密な時刻を測ることができるものとして
重用されましたが、その発明は古く、BC16世紀には
エジプトで既に使用されていた記録が残っているようです。
エジプト人凄い!!

天智天皇の時代にこの水時計の管理をしていたのは
陰陽寮の漏刻博士たちで、二人で交替で水の量をチェックして
鐘や太鼓で時報を鳴らしていたようですが、この役目、超重要で、
居眠りしたり遅刻した場合の罰は出勤停止や罷免など、
たいへん厳しいものであったようです。

たまに誤解があるのですが、
当時使用されていた時刻は現在私たちが使用しているような、
夏でも冬でも一定の時を刻む定時法です。

時代劇などで登場する、日出と日没の間を等分した不定時法は、
戦国時代の混乱で定時法が運営できなくなった時に
代用システムとして登場したものです。

江戸時代は、
時報の鐘を鳴らす役の人は機械仕掛けの正確な時計に、
わざわざ不定時法用の文字盤を取り付けて、
それを見ながら鐘を打つという、超適当!!
なんか正確さを求められる現代からは考えられないことをやってます。

今、日本標準子午線は「兵庫県明石市」ですが、
今は科学の発達でどこにいても正確な時間が分かるようになっています。
そのおかげで、時間に追われている人が多いようです・・・。

昔と今どっちが良いんでしょうか?






(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)




| 歴史/文化/教養 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「浜松やらま一家の最後のメッセージ」 ブログネーム.浜松やらま一家

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m



浜松やらま一家さんは、
いつも編集いらずの原稿を下さった優秀な方でございます。。。
ちょっと寂しくなりますね。。。

【第1041回】

浜松やらま一家のプロフィール




 いや~来ましたね、毎月恒例のブログが。なんかこれを書く度に月日が経つのがあっという間だと実感します。

 で、実はですね今回重大な発表があります・・・。それが何かと言うと、私浜松やらま一家は今回を持ちましてこのブログから引退しますっ!

≫ 続きを読む

| 部活 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「軍師の言葉に学ぶ」 ブログネーム.川崎工業地帯製ロボッツ

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m



戦術・戦略があるのなら、
後は実行に移すことが大切ですね☆

【第1040回】

川崎工業地帯製ロボッツのプロフィール



突然ですが、思い出しました。
中国にはいろいろな歴史書などの書物がいろいろ残されており、
そこから、ことわざや故事成語がたくさんでてきたわけですが、
その中の話です。

ある国が平地で戦争をして、敵の軍勢を押し始め、
敵は撤退をはじめました。
ところが相手勢の逃げる先には川が。

敵の軍勢は川を渡って逃げ始めました。

その国の王様は、

「すぐに追撃して全滅させてやろう!」

と、ノリノリで命令しようとするのですが、
近くにいた軍師は、

「敵勢が川を半分渡り終えたら攻めましょう」
といいます。

初めてこの話を読んだとき、なんで?と思いました。
逃げられちゃうじゃん!!

でも、その軍は敵勢を散々に打ち破り勝利したそうです。



なぜか?

≫ 続きを読む

| 格言/ことわざ/詩 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「模試の結果が出て・・・」 ブログネーム.アルタの番人

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m



さあ、勝負はこれからです!
現在の結果にクヨクヨせず、
現在の結果から学び、
本番までにギャップを埋めていこう!!

【第1039回】

アルタの番人のプロフィール



すでに6月となってしまいました。
そして関東近辺は梅雨に入りました。
関東近辺では昨年より20日早い入りでした。
こういった時期はジメジメして
気分も沈みがちになってしまうかもしれません。

そして、こういった時期に3年生にとっては
追い討ちをかけるように4月の下旬や5月初旬に行った
模試の結果が返ってきていることと思います。

3年生にとっては新学年になって初めての模試…。
この模試の意味は大きいと思います。
もしかしたら、緊張したために普段の実力が出せなかったかもしれません。

そして、この模試の判定をみて
志望校を下げようと思う生徒が多くいるかもしれません…。

ですが、今志望校を下げるには早すぎると思います。
今回の模試で注意して欲しい事は浪人生が入っているということです。
(大手予備校が行っているものは特に)このため、2年のときまでに
キープしていた成績でも偏差値が…ということも合ったと思います。

今、この時期に浪人生と競おうとしても、
基礎が確立されていない状態では勝負になりません。
今は、皆さんそんなものなのかもしれません。

ですが、現役の高校生が本当に伸びるのは夏休み以降です。
(もちろんそこまでに必死になって勉強し続けることが必要ですが…)
その為には今回の模試を一つの足掛かりとしていくことが一番大切です。
まずは模試の復習をもう一度やってみてください。

模試の復習は模試を行った後すぐに一回はやったと思います。
そしてこのタイミングでもう一度やってみてください。

このタイミングでやると、模試の直後にやった復習が
身になっているのかどうかが分かります

ここでその内容が出来ていれば
復習の仕方に問題は無かったという事です。

逆に出来なかった…。確かにショックかもしれませんが
今の時期に気が付けることが大切です。
出来なかった問題は今のうちにものにしてしまえばいいのです。
ただ、それを行うかどうかです。皆さんやってみてください。

そして、この時期の返却で気持ちが沈んでいて、
今のうちから志望校を変えたほうが良いかも…
悩んでいる人たちへ…

目標として自分がこうなりたいと思うイメージは
現在の自分の現状とは関係ないです。
何より大切なのはあきらめない気持ちであり、
その思いが強ければ強いほど結果は伴ってきます。

ある人の言葉に

‘Thought is the blossom, language the bud, action the fruit behind it’

という言葉があります。
訳をすると

‘思いは花であり、言葉は芽であり、行動はその後に実をつける。’

といったところです。

これは1803~83年の思想家エマーソンの言葉ですが、
これは人間の行動過程をうまく言い表していると思います。

まずは思いからはじまります。この思いは強く・熱いものほどいい、
「念ずれば花開く」といった坂村真民(仏教詩人)の言葉は
このことをよく教えてくれます。

次にその思いを言葉にしなくてはならない。
聖書ヨハネ伝の中では「始めに言葉ありき・・・」
という書き出しではじまります。

つまり言葉というのは
全てのものを生み出すときの力である
といえます。

言葉にするからこそ人は
思いをしっかりとした目標にすることができる
のです。

そして最後が行動。
言葉にしたものを実現しようと動く、
動けば何かしらの反応がある。結果がでる。

相田みつをの言葉に

「ともかく具体的に動いてごらん、
具体的に動けば具体的な答えが出るから」


という言葉がありますが、まさにそのとおりです。
より具体的に動けば結果もはっきりしやすい。
その結果をみて次の行動を考え、さらに実践していく


これが良いサイクルにつながります。
こうして思いが実現して実を結ぶのです。
今は何よりまずは思いから・・・。

自分の思いを熱く・強く持ってください。
そしてその思いを実現するために行動を起こしてみてください。







(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)





| 模擬試験 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「大学紹介―名大編(その②)」  ブログネーム.徳川ナナちゃん

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m



名大編(その①)から
ぜひご覧下さい♪

【第1038回】

徳川ナナちゃんのプロフィール



こんにちは♪
大学紹介名大編その②


ご存知でしょうか?
名古屋大学は3つのキャンパスからなることを。

メインとなる広い広い東山キャンパスの「他に2つ」
のキャンパスがあるのです。
ここではその「他に2つ」のキャンパスについて紹介します。


≫ 続きを読む

| 『 大 学 』 生情報!!! | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「B&B」 ブログネーム.ピーナッツ畑でつかまえて

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m



本日は、ピーナッツ畑でつかまえてさんより、
大人の香りがするお話です。。。
「大人」をご堪能下さい♪

【第1037回】

ピーナッツ畑でつかまえてのプロフィール


 先日行きつけのバーに行ったときのこと。(出た!禁断の酒シリーズ第3弾!第1話「とあるBarで・・・」第2話「シェリー」が読みたい!という人は、たぶん管理人さんがリンクを張っておいてくれると思うので、クリックしてみてくださいね。)


 さて、その日はメインのバーテンダーさんの一人が休みだったらしく、ヘルプの若いバーテンダーさんが僕の頼んだB&Bを作ってくれました。B&Bというのはブランデーとベネディクティンというリキュールで作るカクテルですが、たまたまブランデーの残りが少なかったのでしょう。その若いバーテンダーさんは僕の1杯を作ると、残り1ショット分残らないと思ったみたいで、ボトルに残っていた分を全部入れてくれました。この「残った分を入れる」というのはこの店では普通のサービスなのですが、問題は、ブランデーはレシピより多い量が入っているのに、ベネディクティンはレシピ通りの量だった、ということなんですね。

 もし、これがウィスキーのストレートを頼んでいたのであれば、残った分を入れてもらえるというのは嬉しいサービスです。でもカクテルというのは、何をどのくらい入れるのかというバランスが重要な飲み方です。ブランデーだけが増量されたB&Bは見事にブランデーの味しかしないB&Bでした。

 もちろん、残った分を入れるというのはひとつのサービスでしょう。彼もサービスのつもりで残った分を入れてくれたのだと思います。でもそのサービスの結果、相手に喜ばれないものになってしまったのでは、意味がありません。好意で行ったことが相手に喜ばれるかどうかは、その行為の本質を捉えているかどうかで決まると思います。カクテルの本質がバランスにあるのならば、バランスを崩さないようにベネディクティンも増やすか、ブランデーを増やすのをやめればいいわけです。自分が行っていることの本質を踏まえた上で、その本質からずれないようにすれば、相手に喜ばれるものができるはずです。

 これを読んでくれている高校生の方も、いずれは社会へ出て行かれることでしょう。今は「すべての業種はサービス業である」と言われるほど、どんな業種で仕事をしてもサービスとは無縁ではいられません。そうでなくても、誰かを喜ばせたいと思う気持ちは、誰にでもある感情です。そのときに自分が行っていることの本質が何か、ということを考えてみてください。もしかしたら自分がサービスだと思っていることも、本質からずれてしまっていて、本当は喜ばれていないことがあるかも知れません。

 僕たちは生徒さんにさまざまなアドバイスをする、というサービスを行っています。僕がしたサービスが本質を捉えたもので、本当に喜んでもらえたら・・・嬉しいなあ


 最後にそのお店の名誉のために書き添えますと、いつもはとてもバランスの取れた、それでも他の店の2倍の量があるであろう、おいしいカクテルを飲ませてくれるお店です。その店は。






(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)





| ちょっとコラム | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『社会人1年目の元受講生から・・・」 ブログネーム.Mikawa受験指導部

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m



高校生の皆さん!
輝かしい明日を信じて「次」に続きましょう!!

【第1036回】

Mikawa受験指導部のプロフィール


 みなさんこんにちは。今日は元受講生で大学を卒業し、現在「(株)豊田自動車」で社会人1年目を送っている女の子が大学時代に書いたメッセージをお届けします。彼女は自分の成功の階段を築いて一歩すつ確実に夢を形にしています。


Q.資格がないのに大学へ行くのは意味があるのか??

 私も、いい大学、いい学校に行くことに意味があるのか 、何で自分はこんなに勉強してるのか、専門に行けば 、即働けるんじゃないのか、とか高校の時考えてました。

 その時、親に言われた言葉がなかったら今大学に入ってないと思います。

 「もし今どうしてもやりたいことがないなら尚更勉強はしときなさい 。もしも本当にやりたいことができた時に学力のせいで諦めなきゃいけないなんて馬鹿らしいよ。やりたいことを見つけるため 、見つけた時のために選択肢を広げておいたほうがいいと思うよ。」と言われました。

 私の父は高校も卒業していないし、学力じゃないものを身につけてきた人で、両親に勉強について何か言われたことは1度もなかったので 、「なんだ、聞いたら言えたのかー」っていう妙な感動と自分のこと考えてくれてるんだなぁっていう思いもあったし、なるほど、と納得しました。

 学歴社会じゃないと言うけれど、やっぱり上に行けば行くほど、選択肢ってものは広がるんじゃないかなと思います。

 いろいろな選択肢を見た中で、これがやりたいからこの資格が取りたい、と思ったら猛勉強するだろうし、専門学校にやっぱり行きたいって本当に思ったのであれば自分でお金を貯めてでも行くだろうし、すべて選択肢の中の1つだと思います。  

 やりたいことのために取る資格であれば本人はどんな苦労をしても取ると思います。

 資格を取らなければならないから、資格を取るためにっていう風になると、やりたいことが絶対ある人以外は選択肢を狭めてしまってもったいない気がします。


 私は大学に入る時は、特にやりたいことも決まってなくて、選択肢を広げようと思って大学生活を過ごしてきました。

 選ぶ時も親と話して、何でも興味があったのでその中でも、将来仕事につながらなくても役に立ちそうな経済と法に絞りました。

 就職活動をする時もなんかみんなしなきゃいけないって雰囲気があるけれど、行きたいところ、やりたいことが見つからなかったり、見つけても落ちたら落ちたで1,2年自分を更に磨いてまた挑めばいいかなと思ってました。

 考えが甘いと言われればそれまでですが、人生の1年や2年人より遅れても、後悔のない選択を自らしたいと考えていたし、今もそう思っています。(そのための努力は怠らずに!!!)

 資格、専門性いろいろ早いほうがいいとも言うけれど、本人が自ら選んだことなら頑張るし、ダメでも自分の責任と思えると思います。


 金銭的なこととかいろいろあるだろうけど、大学に行かせてくれた親に感謝しているし、親は子供の将来を自分の考えで選択肢を与える(狭める)のではなく、広げる手助けをしてあげるべきなのではと思います。


※「個人」に焦点があたる時代となってきました。
大学や学歴が全てを左右する時代でもありません。
大学へ合格する事はあなたにとって、人生の成功をつかむ
「きっかけ」の一部分に過ぎないことを忘れないで下さいね。






(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)




| 卒業生 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「バレーボール」 ブログネーム.出世城のみかん娘

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m



「人に歴史あり」ですね☆

【第1035回】

出世城のみかん娘のプロフィール



 みなさん、こんにちは。少しずつ気温も上がり、夏の訪れを感じますね。・・・ということは、つまり、もうすぐ熱帯夜や猛暑に耐えなければならない日々がやってくるんですね・・・。

 
 さて、今回は私の中で今、真夏の気温のように上がりまくって猛威を振るいまくっていることについて書きたいと思います。それは、ズバリ「バレーボール」です。
 ちょうど今、男子が北京への切符をかけて戦っていますが、今回はその男子バレーについてではなく、一足先に出場権を手にした女子バレーについて書かせていただきます。


 みなさんは、『バレー界のミニモニコンビ』・・・

≫ 続きを読む

| スポーツ関連 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「やばい」 ブログネーム.高崎はるな

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m



テスト返却後は復習をお忘れなく♪

【第1034回】

高崎はるなのプロフィール



中間テストも終わり、その結果に一喜一憂する生徒たち。
そんな中、ある3年生の報告。

「化学がやばいッス!!」

この生徒、出会った時の化学の成績が100点満点中10点台
彼がヤバイって言うくらいだから、相当ヤバイのだろうと覚悟を決めて話を聞くと
「化学がヤバいんです!!テスト、チョー出来ました!!
って言うじゃないですか。

どうやら、今までに無くテストの手ごたえがあったので「ヤバイ」らしい。

みなさん、日本語は正しく使いましょう。びっくりするから。ね。


彼曰く、「授業は相変わらず嫌いだけど、
自分で勉強するのが楽しくて仕方ない。
分らなかったことが分かるようになるのが楽しくて、
勉強してたら、テストなんて楽勝でした。」
とのこと。


彼に何が起こったのか。

彼がやったことといえば、
化学の基礎を自分のペースでやり直し

授業は他人のペース。
確かに、自分でペース配分するより、
ペース配分をしてくれる人についていく方が楽な場合もあります。
ついていけるなら、きちんとついていく方が良いです。
授業は本当に大切です。

でも、ついて行けなくなったとき、
無理して走り続けたら息切れして走れなくなってしまいます。

そんなとき、自分のペースを取り戻すための勇気を持っていれば、
また追いつくことも出来るんですね。

分らなくなったところまで戻って、一つ一つ分るようになっていく。
その手ごたえが、楽しさに繋がる。楽しいから、続く。
続けていれば、いつか追いつける。そして、追い越すチャンスもやってくる。


ヤバイです。
そんな手ごたえがあったら、
受験、乗り越えられそうじゃないですか?






(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)




| 定期テスト | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「受験がどう役立つかと言うと…」 ブログネーム.三ツ星

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m



今回の三ツ星マジックが生徒に与えた効果のほどは!?

【第1033回】

三ツ星のプロフィール



僕はすっかり勉強を投げて遊び出したヨシユキの家に電話したわけだ。



最近電話してこないと思ったら!



依頼人はお母さん。



「最近のヨシユキはすっかりやる気が無いんです…」

「そうなんですか。お母さん、ヨシユキくんどうしたんですか?」

「3年になってから急に勉強しなくなってしまって」

「遊んでるんですか?」

「友達とメールしたりカラオケ行ったりしてます」



昼間のトイレに行く直前にじっくりと1時間、ひたすら聞き役に徹した。トイレの小用がひそかにどうなったとかは大人相手なんだから聞かないで下さい(涙)



トイレのことはさて置いといて、ヨシユキの状況はわかった。困った。



電話してみると、おそるおそるというていのヨシユキが出てきた。



「よ、最近どう?」

「え、まあまあです…つか、友達と一緒なんで後でいいですか?」

「了解」



時間を約束して電話を切った。

ひとまず信じてやるしかない。



ひとまずなんて思っていたが、それから1時間もしないうちに折り返してきた。



「あ、さっきはスイマセン…」

「友達はもう大丈夫なの?」

「はい、あと、進学するのやめようと思うんですけどどうですか?」

「いいよ。けどなんで?」

「成績上がらないし、将来の役に立ちそうもないんで…」



その後、お母さん同様、1時間は話が続く。決めたんならすっぱりと言い放って切ればいいのに。



要は受験に自信が無いのでごたくを並べ始め出したのだ。



最後の最後まで聞ききった後、僕は聞き返した。



「ヨシユキくんは受験って役に立たないと思うんか?」

「はい…」

「だよなー」

「……」



僕はいたずらが成功したようなニヤニヤ笑いを浮かべてヨシユキの沈黙を耐えた。



「じゃあ、そういう話をして納得した方がいいかな」



受験というのは、ひとつひとつの知識が役に立つかどうかでいうと、おそらく役に立たないものの方が多いはずだ。



実際、自分は英語を逃げに逃げてきたせいもあってニガテなのに、英語がらみで困った事があまりない。ところが、それ以上に逃げてきた数学についてはかなり後悔している。



最近、パソコンを使う事が多くなったことと相まってエクセルのような表計算ソフトを多用するようになった。ところが、こういうものは関数ができないといけないのだ。



少なくとも、エクセルのみの独学では限界がある。



「だから、実際仕事に就くまで、どんな教科のどの辺の知識が役に立つかなんてその時までわからないんだよ」



つまり、むちゃくちゃに知識を得るためだと考えると、そうとう割り切れってできる人じゃないと無理なのだ。



「ボクは、無理です。できないです」



ヨシユキはそう言い切った。じゃあそうなのだろう。



「じゃあさ、こういう観点はどうかな?」



もし、受験が役に立たないとか、そういう気持ちが強くなってしまって勉強の邪魔になると言う焦りがある人は、こう思うといいかもしれない。



「仕事でも受験でも共通する考え方は、整理のチカラなんだよ」



整理力



たとえば、仕事のできる人というのは、あちこちから来るさまざまな業務を、「ああ、要するにこの業務のことだな」と整理して、その通りに処理していく。



必要なことは覚えておいて、来たものを覚えておいた自分の仕事のどれに相当するか見分けるのだ。



「へえ…」

「へえ、じゃないよ。こんなもん、勉強でも学校生活でもなんでもそうだろ?」



英語も第1文型だの受動態だのと、覚えている知識に当てはめていくだけの作業だ。数学でも、公式だの九九だのに目の前のことを当てはめていくだけなのだ。

これは、慣れれば早くなっていくようなただの作業でしかない。



「たとえば、家を出てから学校に着くまではだいたいどのぐらいの時間がかかるとかまで想像できるだろ?」



そういうのが整理ということなのだ。



「そう考えるとね、あれだけいろんな単元やらに分類されてるのも意味がわかるだろ? だから、受験勉強を整理のパターンとしてこれだけ身に付けたに人間は、仕事でもなんでもかなりしっかり適応できるんだよ」

「……」

「つまりな、一度決めたことを整理しきれないで投げちゃうなんて、転職繰り返してるみっともないフリーターと変わらないんだよ」



かなり意表をついた話だったようだ。



ヨシユキは熱っぽく「はいはい」頷いて、やりますとか数学徹夜でやりますとか急いで言い放って電話を切ってしまった。



たぶん、この手の話が彼のツボであろうと考えていってみたのだが。ヒイたか?



ところが翌日、お母さんから勉強し始めているヨシユキの姿を見て驚いたという知らせをもらって一息ついたのだった。






(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)





| 受験生 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2008年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年07月

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。