爆勝(笑)☆大学受験奮闘記

JPC日本プロデュースセンタースタッフブログ

2008年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年06月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「引き寄せの法則」 ブログネーム.たこ焼き母さん

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m



引き寄せたいものを
鮮やかにイメージしてみましょう!!

【第1032回】

たこ焼き母さんのプロフィール



皆さん「引き寄せの法則」って聞いたことありますか!

「思ってることが現実化する法則」だそうです。


思ってることを引き寄せる。

それが、自分にとってすごくいい事でも、

よくない事でも、いっしょなんですって!!


えっ!!という事は、「あ~試験に落ちるかも」
と思ってたら、落ちるってこと。


本当はそうなって欲しくなくても、

そればっかり思って悩んでたら引き寄せるんだそうです。

ウシロバッカミテタラソウナルヨ・・・


高校時代、超ネガティブ志向だったわたし。

たしかそう言われた・・・


誰だって、マイナス現象を望んでる人はいないと思いますが、

マイナス思考(志向)を好む人はおります。私みたいに。

おかげで、たくさん現象を頂きました(


今はとっても楽しいです!!

辛くなったら、超自分勝手に楽しいことばっかり想像してます!

「超自分勝手」というところがミソですよ。

想像することで、現実を創造してます。作りかえちゃってます。

できるとか、できないとか全く考えません。

自分の望むものを、思い切り想像して、

楽しんで手に入れているイメージに浸ってます。(


受験勉強を大変なことだと、

自分に言い聞かせたらきっとそうなると思いますよ。

受験勉強は人生の楽しいイベントだと思ったらどうでしょう・・。

イベントですよ!イベント!

熱中してみませんか!!イベントに!





(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)








スポンサーサイト

| 成功哲学/メンタルトレーニング | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「恩師の言葉」 ブログネーム. 肥後椿娘

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m



目標にできる恩師がいることは
本当に素晴らしいことですね☆

【第1031回】

肥後椿娘のプロフィール


5月ももうすぐ終わり。
部活をやっている子は総体なんかで忙しい時期ですね。
3年生は最後の晴れ舞台、精一杯大活躍してきて下さい!


さて、先日私は、
高校の恩師の退官のお祝いということで、
2年ぶりに地元へ帰りました。
うちの高校は3年間クラス替えがなく、
担任の先生も3年間一緒だったんですね。
今回はクラスの3/4ほどの人が集まり、
大同窓会になっちゃいました。


高校を卒業して十数年。
卒業以来会ってないみたいな子もたくさんで、
やや緊張しつつ行ったのですが。
やっぱり何年たっても変わらないですね。
会ったらそれまでの時間なんて関係なくて、
変わらず話して、笑って、楽しくて…。
まぁ、みんなちょっと大人になって、パパやママになってたり。
学校の先生。お医者さん。建築、広告、書籍関係etc…。
いろんな道、それぞれ素敵な道を歩んでました。


先生も丸坊主に丸眼鏡で、全然お変わりなく元気でした。

「みんなと会うと、本当に楽しい。
だから、年の差が縮まらないのがなんとも悔しい。
だから、60歳で折り返して、
これから毎年一歳ずつ若返っていくことに決めました。」


って言ってました。

私もそうします。折り返します。
高校生のみんなと同じ歳になるのは何年後かな。


何年たっても、遠く離れてても変わらない。
そんな人達がいること。
再会できたことがすごくすごく幸せです。


先生達、クラスの友達、部活の仲間。
またこれから先、出会う人々。
出会った人すべてに意味があり、
そしてその出会いはすべて宝物
です。


みんなもまわりにたくさん宝物が!
一緒に高校生活、めーいっぱい楽しんで。
もちろん、めーいっぱい勉強して。
素敵な宝を増やそうね!







(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)





| 高校生 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『ヒトゲノム地図』 ブログネーム. 博多山笠女

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m



人の「運命」をも左右する遺伝情報が、
23本のDNAに含まれています。

その中にはきっと、
誰もが「頑張れる」遺伝子を持っているはずです♪

【第1030回】

博多山笠女のプロフィール



2003年4月、国際プロジェクトにより解読がほぼ完了。

           

翌04年10月、人間の遺伝子推定総数は、
『2万1787個』と発表される。

           

05年10月、病気のかかりやすさなど
体質の違いを生む遺伝子情報の個人差が、
DNA上のどこにあるかを示した『ヒトゲノム地図』
を日米などの5ヶ国チームが完成させた。

           

このニュースを知ったあの時の
複雑な私の心を博多弁にして語ってみると・・・

           

『いつかはこげん日が来るっちゃ~思っとったばってん、
この先はどげんなるっちゃ~かね~。何か知らん
ばってんえずか~!!』
って感じでした!

九州以外のこのブログを見ている皆様は大変申し訳ありませんが、
どういう意味か想像してみて下さいね
(*^ー^*)>


『ヒトゲノム地図』ですよ!『ヒトゲノム地図』!!

昔私はヒトノゲムって何?と友人に聞いて
〝大笑い〟されたこともあるんですが・・・(×。×)

確かに医療とかサイエンスという意味では
喜ばしい事なんでしょうけれど…….

『ヒトゲノム地図』をまあ、私なりに大雑把に言いますと….
「人間の遺伝情報のどの部分がこの遺伝情報なのです。」
とかをあらわした配置図のようなもの。

という事は、その『ヒトゲノム地図』を見ることによって、
髪の色や肌の色、体格、将来かかりやすい病気や
体質なんかもわかるそうですし、性格までわかるらしい
んですよね!!

たとえば「糖尿病になりやすい」といったこともわかるし、
糖尿病患者が併発しやすい合併症を早めに知って、
かかりやすい合併症をさがしたり、併発しなさそうな
薬を配合したりすることもできるし、
予防のための投薬もできるそうなんですよね!

この間見たTVでは、このヒトゲノム地図の研究により、
肥満の人だけがもっている遺伝子が発見されたそうで、
その遺伝子を取り除くと100%痩せる!!そうです!!

こんな事が一般の病院で簡単に治療出来るようになったら、
世の中に蔓延しているダイエット食や薬。
1つも無くなっちゃうかも?ですね…..

           

           

≫ 続きを読む

| ちょっとコラム | 09:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「部活動について」 ブログネーム. 兼六園子

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m



部活と勉強が両立できるように
しっかりと考えて行動しよう!!

【第1029回】

兼六園子のプロフィール



そろそろ5月も終わり6月になります。

6月と言えば梅雨の時期ですね。

自習しに来る生徒に6月と言えばと質問すれば、

模試や総体などと返ってきます!!!


現在の部活動は本当に様々で、

なぎなた・カヌー・ヨット・フェンシング・グラウンドホッケー・

なんかは一体どんな練習をしているのか想像がつきません。


私は、中学時は軟式テニス部

高校時は硬式テニス部に入っていました。

それ以降テニスをほとんどと言っていいくらいしていませんが

ルールが変わったのを聞いた時は驚きました!


ダブルスでは前衛・後衛と分かれるのですが、

私が学生の時サーブを打つのは後衛のみでした。

それが現在では前衛・後衛それぞれサーブを打ちます。

公式戦のユニホームも私が学生の時は

基本的に白色で他の色のユニホームは見かけませんでした。
(襟や一部のみの柄は大丈夫でしたが)

今は白色の方が少ないと聞きますし、

10年一昔といいますが変わるものですね。



こちらの受講生部活動事情はというと、

現在部活動に入っている生徒全体の約7割です。

そのうち運動部に所属しているのは約6割になります。


この運動部に所属している生徒の悩みは同じで、

勉強時間が取れないという事です。


帰宅時間は19時以降になる事が多いので

帰ってきてから夕食やお風呂を済ませ、

勉強する態勢が整うのは22時頃になります。


そこから勉強を始めるのですが、疲れて寝てしまう。

その為に部活動に反対され、

勉強に専念するという理由で部活動を辞める人がいますが、

部活動を辞め空いた時間を勉強時間に充てるか見てみると

あまり変わっていない事の方が多い様に思います。


私は部活動には賛成です。

何より部活動はスポーツを通して色んな事を学びます。

忍耐力、率先力、協調性や礼儀作法等

受験や社会で必要なものばかりです。

店長や面接を担当している同級生がよく話してくれますが

敬語が使えない、常識を知らない人が多いと言います。



これから総体に向け部活動の方も力が入ってきます。

総体が終われば後は勉強に打ち込むだけです!

気持ちをしっかり切り替える為にも後悔しない様取り組んで下さい!!!







(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)




| 部活 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

<プラス思考>  ブログネーム.とちぎのおとめ先生

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m



いつもマイナス思考気味な人は特に!
日々、プラス思考を心がけよう!!

【第1028回】

とちぎのおとめ先生のプロフィール



プラス思考っていうのは、
“事実を無視して
 都合のいいように解釈すること”

ではないからね。


プラス思考っていうのは、
“物事のいくつかある側面のうち、
 意識的に自分に力をもたらしてくれるように
 解釈をすること”

なんだよね。


毎日、いろいろな出来事に出会ってるよね。
その出来事によって嬉しくなったり、
悲しくなったりといろいろな感情を持つよね。


ここで重要なことは、
“起きている現象自体には意味がない”
ということ。
出来事にいろいろな意味を付けているのは
自分自身


例えば太陽が昇ると言う現象には
何の意味もないけど、
「一日のはじまり」とか、
「神の恵み」という意味を付けて
やる気を感じる人がいるよね。
反対に、同じ太陽が昇る瞬間に
「人生の終わり」という意味を付ければ
一日中脱力感に襲われるだろうね。


つまり、
状況にはいくつかの解釈があるっていうこと。
みんながある出来事が原因で
やる気を感じたり、
嬉しくなったり、
落ち込んだり、
悲しんだりした場合、
その出来事自体がみんなを
喜ばせたり悲しませたりしているんじゃないんだよ。
自分自身がその反応を選択した結果なんだよ。


事故などの出来事はコントロールできないよね。
でも、自分自身の反応を
コントロールすることはできるんだよね。


“毎日、
 やる気に満ちて目的を達成できる生活を送るために、
 意図的に出来事にプラスの意味を
 選択すること”

がプラス思考っていうこと。


つまりプラス思考とは、
『物事のいくつかある側面のうち、
意識的に自分に力をもたらしてくれる側面を
捉えること』。



出来事にどうせ意味を付けるのなら、
目標を達成して楽しく過ごすために、
そして少しでも人生の質が高くなるように、
日々の出来事に力の出る意味を付けよう。


嫌な気持ちになる出来事に出会ったら
自分にこう質問してみよう。
「この出来事の
自分にとってプラスの面ってなんだろう?」

きっとプラスの側面が見えてくるよ。


物事にはいくつもの側面がある。
力のでる解釈をしよう。


V(≧∇≦)v イェェ~イ♪







(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)




| 成功哲学/メンタルトレーニング | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『受験に向けて』 ブログネーム.姫路城穴子姫

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m



志望大学に夢を馳せ、
ワクワクドキドキしながら勉強に取り組もう!!

【第1027回】

姫路城穴子姫のプロフィール



この時期は、中間テストも終わり、
部活も引退をする生徒も多いと思います。


いよいよ本格的に受験勉強をスタートする時期です。
将来に向けて頑張りましょう!!



今回は生徒から学校で配られた懇談会の資料を見せてもらい、
私が感じた事を書き込みたいと思います。


その子の通う学校では、1年生から定期的に
生徒たちにアンケート調査を実施しているようで、
その資料を見せてもらいました。


その高校は進学校なんですが、
学校が面白くないと答えた生徒
学年が上がるにつれ増えてきていて、理由は勉強・・・
そんな子たちがおよそ20%いました。


勉強する事を楽しめない生徒が多いんだなぁと思いました。
「勉強をやらされてる」感がしてなりません。
勉強を楽しめたらいいのにと思います。


また進路の相談を誰にしているか?というアンケートには
両親に相談が30%内父親は2%)くらいで
ほとんどの場合が友達や先輩なんですよね。
私が親だったらちょっと悲しいなと思いました。


親から教えて貰う事はすごく多いと思うんですよね。
特に父親には、社会の厳しさとか、甘えとか
色々学ぶ事があると思うんですが・・・。


何故両親に相談しないのか?理由はわからないですし、
ひょっとしたら相談してるのかもしれませんが、
真剣に話をする事も必要だと思いました。


多感な時期ですし、
ウザイとか言われる事も^^;あると思いますが、
頑張って欲しいなと思います。親も子供も・・・。



そこで、今年の卒業生の中で
おもしろい事を言っていた生徒がいました。

「大切なのはどこの大学に行くではなく、
大学に入って何を学び、
夢に向かって行くのかが大事だと思うんです。
受験勉強は大変だけど何の為に勉強しているのか…をよく考え、
必死にならずに楽しめるそれが必勝への近道だと思います。」


と言ってた生徒がいました。


この子とは1年生から話をしてきましたが、
常に進路の話はどこの大学ではなく、
将来どんな仕事につくかでした。


また、母親とも話をしていましたが、
やはりどこの大学ではなく、どんな仕事かでした。


1年生からオープンキャンパスに行ったり、
仕事場への見学とか、いろいろ参加してましたね。


よく親と話をしているのかなぁと思いました。
なかなか18才で、こんな事言える生徒って少ないと思います。
自分が18の時を思い出しても・・・(+_+)



いろいろ話が飛びましたが、
生徒たちからも話をしてみてはどうでしょうか?


きっと話を聞いてくれると思うし、自分の為に


「やらされている勉強」


から


「やりたい勉強」


に変わるといいなと願っています。







(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)




| 受験生 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「テスト直しをしてみよう。」 ブログネーム. Kobe Collection?

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m



普段の勉強・テスト前の勉強・テスト返却後の勉強と、
それぞれの状況に合わせた、次に繋がる勉強をしていきましょう♪

【第1026回】

Kobe Collection?のプロフィール




1学期の中間テストの時期がやってまいりました。

二期制の学校を除き、新学年になって最初のテスト。

特に、高校に入ったばかりの1年生にとっては、

高校に入ってから初めてのテストです。



みんな気合いを入れて頑張ってます。

多くの生徒がそうだと思いますが、

テスト1週間前になると、

人が変わったかのように勉強してます。



ところが、

僕もそうでしたが、

テストが終わった瞬間、

プレッシャーから解き放たれたかのように、

力がぬけていく
ものですよね。



テストが終わった → 勉強よりも部活!!(遊ぶ!!)



みたいになってます。

気持ちとしてはよくわかります・・・



気持ち

この行動はとてももったいないことなんですね。



みなさんは、

テストが終わった後にテスト直しってやってますか?



テストの答案って、

返却されたらまず、

点数が人に見えないように折ってみたり、

見せびらかしてみたり。

持って帰るとなると、

親にバレないようにクリアファイルの奥にしまってみたり、

中には学校の机におきっぱなしなんて人もいるかもしれません。



おそらくほとんどの人が、

テストの問題と答案を見直してみたり、なんてことはしないですよね。



実はテストの復習って、すごくタメになるんです。

そのテストまでに勉強してきたことの中で、

自分がそこそこ理解しているところと、

理解できていないことハッキリわかるんですよね。

しかも、先生がテストに出してくるところって、

その単元では大切なところ
ですよね。



ちゃんと見直しをすると、少なくとも、

そこまでの範囲で

自分の出来ていないところを発見できます。

それを傷が浅いうちにやり直す。



そうすると、模試の成績なんかも今よりあがるかも(?)



そんなん当たり前やろ!!

って思いつつ、テスト直しをしていない皆さん。

わかっていても、当たり前のことを当たり前にやるっていうのは難しい・・・よね。

なにもテストの問題をすべて解き直せとは言ってません。

間違えた問題だけでもテスト直しをしてみましょう。






(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)




| 定期テスト | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「教養ある人間」 ブログネーム. 讃岐大使うどんのすけ

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m



日本人力を高めることは、
教養を身につける上でも大切なことですね♪

【第1025回】

讃岐大使うどんのすけのプロフィール



 最近、テレビで日本の常識やマナーに関するクイズ番組が多いですね。春の特番の時期には頻繁に見ました。常識や礼儀作法なんて今更~、と思いながら見ていましたが、案外知らないものですね(汗)



 そういえば私は、祖父や学校の先生から「知人や目上の方に会ったら必ずお辞儀をしなさい」としつけられました。

 皆さんはこの“おじぎ”、何のためにするか知っていますか?

 “おじぎ=頭を下げる”というのは“無抵抗”を表し、人にとって最も大事な頭を下げて、敵意がないことを伝えるのだそうです。相手に敬意を表すという意味は後からうまれたものだとか。お互い敵意をなくし、おじぎをし合うというしぐさはいかにも和を尊ぶ日本人らしいコミュニケーションだなあ、と思いました。ちなみに、日本におじぎの習慣があったことを確認できる最古の資料は、日本史で必ず習う『魏志倭人伝』の中の記述だそうです。

 人と人が関わって生活していくうえで、教養やマナー・礼儀作法は大事です。

 これから大学進学すれば教授に対する態度にも気を遣います。社会に出れば上司との付き合い方やマナーを知らなければ困ります。教養がしっかり身についている人は素敵です。高校生も皆さんにも日本文化や常識に興味をもって欲しいと思います。



 私自身、日本の行政には不信感いっぱいですが、日本人は昔から繊細で粋な習慣、文化をもっています。美しい風土・文化は本当に素晴らしいです。

 クイズ番組を見ながら、もう一度自分の生まれた国を見直してみるのも面白いと感じました。で、手始めに懐紙と風呂敷を持ち歩くようになりました。まずは形から…?






(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)





| 歴史/文化/教養 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

《学ぶ楽しさ》第2話 ブログネーム. 岡山桃っ子

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m



学ぶ楽しさシリーズ第二回目ですが、
第三回目も気になります☆

【第1024回】

岡山桃っ子のプロフィール



 さて、前回申し上げた通り、現在私は既に50歳を超えております。日本人の平均寿命がいくら延びたとは言え、残りの人生の方が短いということは明らかであります。そのことには40代の頃から気が付き、残りの人生を悔いのないように生きたいとは考えておりました。が、具体的に何をしたいという目標は見出せておりませんでした。それが明確になってきたのは、つい最近のことであります。


 我がblog『最後まで諦めないこと』に登場した同級生ともう一人の同級生から刺激を受けました。私の目標は中国語の通訳案内士の資格を取得することです。二人の同級生は共に資格を有しており、一人はblogに紹介した通り、翻訳家です。そしてもう一人は、実際に中国語の通訳案内士として日本各地に出向いて活躍しているのです。「これだ!」と直感しました。


 実は、昨年辺りから、妙に色々な事に興味が出てきて、興味の赴くまま休日を利用して出かけては楽しんで参りました。例に挙げると・・・岡山後楽園で狂言を見た;倉敷で薪能(たきぎのう)を見た;大阪で歌舞伎を見た;三味線を習い始めた;そして、最近では、とうとう能楽の中の謡(うたい)まで習い始めてしまったのです。他にも旅行好きな私は、チャンスがあればどこへでも出掛けております。今年の元旦は東北地方の福島で迎えました。春には朝鮮通信使の足跡を訪ねるツアーにも参加しました。これらを総合してみると、通訳案内士には必要不可欠な事柄ばかり。だいたい日本の古典芸能、歴史、文化などをたどっている感じです。読む本も歴史物が多くなってきました。これらの知識は勿論通訳案内士の試験に出題される可能性がありますが、決してその為に学んでいる訳ではなく、ただ興味があるからなのです。「知りたいという好奇心」であります。その証拠に、これらは偶然チャンスがあったから体験したまでであって、決して試験の為に行動したのではなく、受験は最近決めたことなのですからね。


 高校生の頃は歴史がこんなに面白いとはこれっぽっちも思ったことがありませんでした。それは恐らく試験の為に勉強していたからでありましょう。「試験に出る」⇒「覚えなければならない」⇒「義務感で覚える」という悪循環になっていたのでしょうね。


 それが今は体の中から湧き出る欲望とでも言いましょうか、とにかく「知りたい」一心で、あれこれとひも解いているうちに、気が付けば日本の歴史をたどっていた、という状態ですわ。この気持ち、わかるでしょうか?若い時は往々にして楽な道を選ぼうとしますよね。だから、「勉強」=「覚える」=「めんどくさい」という方程式が成り立っているのでしょうかね。


 その「覚える」に関して、最近良い方法を知りました。それは《学ぶ楽しさ》にも通じることなんですよね。さてさて、それは次回のお楽しみ♪







(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)





| 《学ぶ楽しさ》 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「その格差社会を考えてみた」 ブログネーム. 長良川鵜飼

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m



豊かな人生を送ることができるように
人格や能力・・・を磨いて社会に貢献できる人材となりましょう!!

【第1023回】

長良川鵜飼のプロフィール



生活の格差が日本で広がっている。
そう言われている。誰が言いだしたかは分からない。
年収が300万円にならない人が多くなった、という事実だ。
(年収300万円があるかどうかは、
豊かであるかどうかの一般的な目安になっている)


さて、この状況をどう捉えるかだ。
競争があるところには必ず何かの差が生まれる。
自分以外のものとの差を生み出すための行為が競争だからだ。
それが格差の原理とも言えるかもしれない。
そして競争のないところに発展はない
これは古今東西の歴史を見れば一目瞭然なので説明を割愛する。


受験に置き換えてみよう。
受験も競争だ。
言われるまでもなく、事実がそうだ。
競争である以上は
自分以外のライバルは自分に差をつけようと頑張る。
学力に差がでるのは自然な流れだ。
競争の中から優秀な人材が生まれる。
そしてそういう学生がやがて日本を支える。


受験でライバルと差がついたからといって
もし何もしなかったらどうなるだろうか?
もちろん何もならない。
ではどうすればいいのか。
勉強するしかない。


さて、格差社会の話に戻ろう。
年収に格差が生まれやすくなっている現在、
我々はどうすればいいのだろうか。
年収300万円以上を生み出す人間になるしかない。
それは自営でも会社員でも芸術家でも変わらなだろう。


さて、高校生のみなさんはこの状況をどう捉えるだろうか。





(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)




| 社会問題 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「テスト勉強」 ブログネーム. 三重伊勢エビちゃん

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m



自分の成績を伸ばすために必要なこととは何ですか?

【第1022回】

三重伊勢エビちゃんのプロフィール




定期テスト期間に入っている学校が多くなりましたが、

皆さん頑張ってますか?


テスト前によく質問があります。


「テスト勉強ってどうしたらいいんですか?」と。


とても簡単な質問のようで、私にとっては難しい質問です。


この質問をしてくる子は、

必ずテスト1週間前になってから聞いてきます。


テストの1週間前からする勉強が、「テスト勉強」だと思っていませんか?


毎日の予習・復習がテスト勉強なんだということを意識して下さい。




「毎日の予習・復習をきちんとやっていて、テスト期間に入ったので、
暗記の仕方をもう少し効率よくしたいので、どうしたらいいですか?」



とか


「学校のテスト範囲の問題の復習は終わったので、
もう少し応用力をつけるにはどうしたらいいですか?」
など、


質問する子も、

具体的に自分が何を望んでるのかということを分析して

質問する習慣をつけましょう。



具体化することが、自分の実力アップへの道です。






(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)




| 定期テスト | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「理系者向けアドバイス」 ブログネーム.眠らない街.小江戸川越

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m



理系・文系、国立・私立と志望も様々あります。
志望に応じて対策を練って勉強を進めて行きましょう!!

【第1021回】

眠らない街.小江戸川越のプロフィール



受験生のみなさんこんにちは。
最高学年になり2ヶ月が経とうとしていますが、
そろそろクラスの雰囲気にも馴染んできた頃ではないでしょうか。

そして部活に所属している方達が少しずつ引退し始め、
受験勉強に移行していく時期でもありますが、
まだ受験勉強は何をすればいいのか悩んでる方が多いのではないでしょうか。

かく言う僕も、受験生のこの時期は何を勉強したらいいのかわからず、
なんとなく参考書を買ってはちょっと読んで「はい、勉強したな。」
と勝手な自己満足に浸っていました。
そんな受験生の方達に僕からのアドバイスです。
(僕が、あぁあの頃あれやっとけばよかった・・・
と今でも後悔していることなので参考にはなると思います)

ただ、僕自身理系の人間なので、
アドバイスが偏ってしまうかもしれません。
そのときは英語のところだけでも読んでやってください。



≫ 続きを読む

| チューター | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「母の日に・・・」 ブログネーム. 越後の雪椿女王

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m



高校生の皆さん!
「父の日」があることもお忘れなく♪

【第1020回】

越後の雪椿女王のプロフィール



先週の日曜日は母の日でした。
皆さんはお母さんにどんなふうに感謝を示しましたか?
私の生徒たちには、生徒全員に母の日の課題を出しました。

もう高校生なので直接話したり、手紙を手渡すのは、
恥ずかしいだろうと思い、英語力の勉強も兼ねて、
英文でお母さんに手紙を書くようにさせました。

まだ、報告をくれた生徒が少ないのでなんともいえませんが、
今のところ面白いデータが集まり始めています。

もちろん、課題として出したので問い合わせをしてきた子には
「必ずやってね」と強制はしたのですが・・・
こんなところでも、個性が出るんですね。

辞書を調べながら一生懸命書いた手紙を
お母さんたちがどんなふうに受け取るか楽しみでした。


日曜日以降、何人かのお母さんに早速感想を聞きました。

あるお母さんは、課題の手紙が届いた時点で子供に
「あなた何悪いことをしたの?」とまるで呼び出し状が
届いたような感覚のお母さん。

子供の手紙を読んで
「これは見本があるんですよね?」と聞いてきたお母さん。

反対に「とってもいい企画でした。来年もやってください。
この手紙は大事にとっておきます。」と感激してくれたお母さん。



生徒の反応も様々ですが、お母さんの
反応も様々でとてもびっくりしました。

周りの先生たちからは「父の日には何をやるの?」
と早速次の企画の催促?がありました。


たとえ課題であったとはいえ、子供から「ありがとう・・・・」
と書かれた手紙を貰ったお母さんたちは
みんな嬉しそうでした。







(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)




| ちょっとコラム | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「数学の勉強法講座―第1回―」 ブログネーム. 水戸のご老公

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m



ポイントを捉えて
要領よく勉強を進めましょう!

【第1019回】

水戸のご老公のプロフィール


今回から、数学の勉強法について語ってみます。
何回までいくのかわかりませんが、
皆様、どうかお付き合いくださいm(_ _)m


今日は、「数学に必要な力」についての話ですヽ(´―`)ノ♪


数学に必要な力は、
「センス」「ヒラメキ」
なんて迷信があります。


最初に言っておきますが、
そんなもんは必要ありません。


数学という科目は、
問題から解答へ至るまで、
基本的には、
「変形」
しかしないんです。


言わば、
問題計算過程解答
(⇔は相互に変換が可能という意味)
であり、
問題と解答は同じもの。


だとしたら、
解けないはずがないんですね。


要は、
「変形のし方を知っているか」
なんですね。



そこで、小生が考える数学に必要な力は、
『間違い探し力』『つじつま合わせ力』
この2つです。


『間違い探し力』というのは、
「こことここは同じだ!」
「こことここは違うぞ!」

というのを分析する力のことです。


『つじつま合わせ力』というのは、
「こう考えればつじつまが合う」
というのを考える力のことです。


例えば・・・

≫ 続きを読む

| 勉強法 | 09:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「新撰組⑧その2」  ブログネーム.kariya 受験指導部

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m



ぜひ、その1からご覧下さい♪

【第1018回】

kariya 受験指導部のプロフィール



・・・さて。

前回から始まった新撰組最後のネタ、近藤勇。

おさらいをしておくと、近藤はもともとは農家の家の子だったのですが、

きっかけがあって武士の家に養子に入り、

武士として生きていくことになりました。


また、その養子先は「試衛館」という道場(剣術)を開いておりました。

この場所で近藤は後々の新撰組創業メンバーに出会います。

これまでこのブログで取り上げた人物を順に挙げていくと、

初めに土方歳三、次に沖田総司、そのあと永倉新八、

そのまた時間を置いて斉藤一・・・まあこんな具合です

(吉村貫一郎と松平容保との出会いは
京都なのでまだまだ先のことになります。
ちなみに、近藤の生まれ故郷と試衛館があるのは東京です)。


続きはここからです。

≫ 続きを読む

| 歴史/文化/教養 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「どっちに進む?」 ブログネーム. 湘南ホープ

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m



どっちに進むか決めたなら、
後は行動あるのみです!!

【第1017回】

湘南ホープのプロフィール



不思議の国のアリスに、
主人公アリスとチェシャ猫の次のようなやりとりがあります。


アリス
「教えてくださいな。私はここからどっちのほうへ歩いていけばいいの?」

チェシャ猫
「それは、お前がどこに行きたいかによるな」

アリス
「私はどこだってかまわないのだけど」

チェシャ猫
「なら、どっちのほうに歩いたって同じじゃないか」


一見、チェシャ猫はへんくつな事を言っているように聞こえますね。


でもみなさん、このチェシャ猫のセリフにハッとしませんか?


そう、目的も無く「どこだってかまわない」と思いながら歩くなら、
どこに行っても同じ、悪く言えば意味が無い
ということ。
これってなかなか信憑性がある事です。


皆さんは、なにか目標をもっていますか?


話は変わりますが、最近思うことがあります。
「モナコを知らなければ、モナコに行くことはできない」
当たり前ですが、モナコという場所を知らなければ
モナコへ行くことはできません。
(大好きな場所なので例に挙げましたが、
モナコはとっても素敵な場所です)


つまり、さきほど「目標は?」と聞きましたが、
知っている場所が少なければ目指す目標も選べません。


極端な例を言うと、熱海か箱根しか知らなければ、
その2つにしか旅行に行けない。
でも、世界中のことを知れば
世界中の全ての国に旅行に行くことができる。


後者のほうが、とっても魅力的です。


目標を決めて進むことは大切だと、色々な場所で言われています。
しかし、その目標も、たくさんの中から選べたらいいですよね。
そのためには、世の中や身近のいろいろなことに興味を持って、
まだ知らない新しい世界を見つけてください。






(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)




| ちょっとコラム | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「予防しておこう!」 ブログネーム.町田リス園

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m



健康第一です。
規則正しい生活を心がけましょう♪

【第1016回】

町田リス園のプロフィール



ゴールデンウィークも終わり、
皆さん、いかがお過ごしでしょうか?

ついこの間まで暑かったと思いきや、
ここ数日は肌寒く、気温差が激しいですね。
そのため、体調を崩している人が多いようです。

僕の周りにも風邪を引いて、
ゴホゴホとせきをしている人がたくさんいます。

今年の風邪は治りにくいようなので、
手洗いうがいをしっかりし、予防していきましょう。


そして、今年も去年同様、
麻疹(はしか)の流行が予想されるようです。
少しでも麻疹の兆候がみられたら、すぐに病院に行きましょう!

幼少時に麻疹ワクチンを打った人も多いと思いますが、
一応抗体検査を受ける事をお勧めします。

また、一度、麻疹にかかったことのある人も同様に
抗体検査を受けると安心だと思います。


ちなみに、麻疹の予防には、
麻疹と風疹の2種類の弱毒化されたウイルスがはいっている、
MRワクチンという混合生ワクチンを用います。
この、MRワクチンは2回接種する事が多いようです。

本来ならば、麻疹ワクチン2回、
風疹ワクチン2回の計4回ワクチンを接種しなければなりません。

しかし、MRワクチンを2回接種すれば、
麻疹と風疹それぞれのワクチンを2回接種したこととなり、
一石二鳥というわけです。注射の嫌いな方には、もってこいですね。


病気にかかると辛い上に、勉強も遅れてしまいます。
予防をしっかりとして、かからなくてもいい病気には
極力かからないようにしましょう!






(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)




| 体調管理 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「やっておいてほしいこと」 ブログネーム.茶々丸

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m



状況をしっかりと把握して
勉強に臨みましょう!!

【第1015回】

茶々丸のプロフィール



部活をやっている3年生にとって
最後の大会やコンクールなどが迫っている時期じゃないでしょうか?

部活と勉強の両立をしようと
一生懸命になっている高校生を見ていると
自分の高校生時代を思い出して懐かしくなります。

忙しい時期ですが部活をやっている生徒には
ぜひやっておいてほしいことがあります。

それは、

『自分が苦手な単元・分野を見つけておく』

ことです。

部活をやっている生徒は、どうしても部活引退後に
本格的に受験勉強をスタートすることになりますが、
その際に苦手な単元・分野を把握している生徒と、
そうでない生徒ではスタート時の段階で
かなりの差がつくように思います。

毎年、同じことを生徒に行っていますが
それを実行している生徒とそうでない生徒に分かれてしまいます。

同じように勉強していても
最後の結果をみると圧倒的に部活が終わる前に
苦手単元・分野を把握している生徒のほうが
良い結果を出しています。

やっぱり苦手単元・分野の把握を引退後にやると
成績が伸びきる前に受験になってしまう
ようです。

そういう生徒を見ていると部活をやっているときに
無理やりにでもやらせればよかったかな?と思います。

自分も高校時代、部活に一生懸命になっていたので
最後の大会に打ち込みたい気持ちは本当に良く分かりますが、
後々「あの時やっとけば!」ということがないように、
部活に勉強と大変だと思いますが頑張ってください。







(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)




| 受験生 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「信念を持つ」 ブログネーム.浜松やらま一家

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m



信念があれば、どんなに厳しい状況でも
必ず乗り越えることができます!!

【第1014回】

浜松やらま一家のプロフィール



 いや~前回・前々回とウォーキングやってるって言いましたけど、何とやらなくなってしまいました!これはマズイっ、と思いながらもダメですね~。一人ではなかなかできません。やっぱり環境って大事ですね。


 さて今回のブログですけれども、しつこいようですが勉強のネタではございません!毎回毎回全く関係の無い話ばかりでごめんなさい!読んでくれてる人も本当にありがとう!


 じゃあ今回のネタは何かというと・・・

≫ 続きを読む

| ちょっとコラム | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「優秀な兄弟」 ブログネーム.川崎工業地帯製ロボッツ

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m



様々なプレッシャーを乗り越えることで、
人は強くなることができ、成長できるのだと思います♪

【第1013回】

川崎工業地帯製ロボッツのプロフィール



Mくん。今年大学1年生になった卒業生です。
少し時期的に遅いですけどね。今回は彼の話をしたいと思います。


彼は男3人兄弟の真ん中です。

お兄ちゃんは彼のお母さんいわく、
「すいっと東大に入っちゃった」そうです。
弟さんは、お兄ちゃんも通っていた有名私立進学校の生徒です。

そしてMくんはというと、二人とは全く違う高校で
彼や周りの人が、「一人だけ出来が違うんじゃないか?」
と思うには十分のところでした。



「お兄ちゃんは東大で、弟も同じ高校だから、
たぶん東大に行くと思うんですけど、僕だけ全然違う高校で、
もしかしたら自分だけできが悪いんじゃないかって思って、
だから大学は東大に入ってリベンジしないと…」



セリフにはいろいろ突っ込みたいところもありますが、彼はがんばりました。
くよくよ考えたり、すぐ落ち込んだりするところはありましたけど、
がんばりました。それはもう、ここには書ききれません。


「自分だけ他の兄弟と違うかもしれない…」
と思いながら、それでも東大を目指して勉強するということは
どれだけ精神的に大変だったでしょう。


最後まで東大を目指していた彼でしたが、
センター試験では失敗してしまって
二次試験の大学を首都大学東京に変更。
そして、併願の私立をいくつか落として落ち込んだ後、

「首都大合格しました!」

とメールがきました。

大学に合格発表を見に行って、「受かったー!」と叫んだ後、
ラグビー部の人たちに胴上げしてもらったそうです。

出身高校からの合格者はただ一人。
その高校の実績の中ではトップクラスです。




卒業した後、この前顔を出してくれましたが
相変わらずの調子であまり変わっていないようでした。
そんなに自分が変わったと思っていないようでした。
大学生活がんばりますと言って別れました。






でも、Mくんは気づいているでしょうか?
もう「あの兄弟はみんな優秀だね。」
といわれる対象になっているということを。



人間の成長って自分で自覚できないときの方が多いかもしれませんね。
夢中でがんばっていたら、気づくと「いつのまにか」こんなに成長できていた、
ってことは多いと思います。


今の現役生もそんな体験ができますように!




p.s.あとは、のこる弟さんの受験のプレッシャーが心配です^^;







(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)





| 卒業生 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「中間考査のために・・・」 ブログネーム.アルタの番人

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m



中間考査シーズンに突入です!
計画的にテスト勉強を進めて行きましょう!!

【第1012回】

アルタの番人のプロフィール



ゴールデンウィークも終了して
初夏の香と共に学校生活も本番…、といったところでしょうか。
5月になって急に暖かくなってきました。(というかむしろ暑く感じるときも…)


さて、こんな時期なのですが、
もうすでに中間考査が迫っている学校もあるのでは?
(2学期制の学校の中間考査は6月の初旬ですが、
3学期制の高校はもう2週間もない高校もあるかもしれません。)


さて、この中間考査は色々な意味を持ちますね。
新しいクラスでのクラス順位も気になるし…。
新しい先生でどんな問題が出されるのか?
何か今年一年の流れが決まってしまうような気さえします。
それぞれの学年でこの中間考査にかける思いは違うことでしょう。


≫ 続きを読む

| 定期テスト | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「大学紹介―名大編(その①)」 ブログネーム.徳川ナナちゃん

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m



今回の大学紹介も参考に、
色々と調べて、志望校を決定して行きましょう♪

【第1011回】

徳川ナナちゃんのプロフィール


こんにちは♪
今回からは、名古屋の大学を紹介していきましょう。
大学紹介名大編その①(東山キャンパス)

名古屋と言えば、「国立名古屋大学」
日本で7番目の帝国大学として創設されました。

現在9学部から成る中部地区随一の総合大学です。
JPC名古屋在籍チューターの工学部生に紹介してもらいます。


≫ 続きを読む

| 『 大 学 』 生情報!!! | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「勉強方法の原則」 ブログネーム.ピーナッツ畑でつかまえて

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m



物事には「原則」が存在します。
しっかりと原則を捉えて学習を進めて行きましょう!

【第1010回】

ピーナッツ畑でつかまえて



定期テストのための勉強のアドバイスが欲しいと言ってきたY君。


国立理系志望の2年生ですが、

サッカー部なので一日の勉強時間は2時間程度しか取れません。


その彼に英語と数学、化学、生物の勉強のアドバイスをして、

それぞれこの位の時間をとって・・・

≫ 続きを読む

| 定期テスト | 09:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『大学・学部・学科選び。そして就職するということ…』                  ブログネーム.Mikawa受験指導部

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m



大学に合格することだけがゴールではありません!
その先を見据えた選択をして行きましょう♪

【第1009回】

Mikawa受験指導部のプロフィール



今回はとても現実的なお話をしたいと思います。

受講生から「経済学部」「経営学部」で将来どう変わりますか?

という質問。

高校生の夢を持たせるための回答であれば

「将来お店を持ちたいなら経営で…」

などと説明をする先生や受験アドバイザーもいると思います。

が…

現実はそんなに変わらないです。


ためしに、色々な大学の
「経済学部」「経営学部」の就職先を見てみてください。

同じ企業だったり、職種はほぼ同じ。


法学部もそうです。

銀行系が多いですが、
経済・経営学部の就職先とそんなに大きく大差はないんです。

法学部で全員が司法試験を目指しているわけではありませんしね。


文系には特にその様な傾向が見られます。



「総合政策学部」って最近増えてますが、
何を学ぶ学部なのかわかりますか?

内容は社会学部や経済・経営・法学など色々混ぜた感じで、
この学部でなければ就職できないという企業があるかというと

そうでもありません。


特に文系の受験生の皆さん。

よく覚えておいて欲しいです。


大学や学部が就職活動を助けてくれるものではありません。

出た大学だけで企業は採用しません。


資格がたくさんあれば100%就職できるとは限りません。


思い描いている「社会人」というものと現実のギャップがどれだけ大きいか。


自分のやりたいことを仕事に出来ている人とそうでない人がいます。


毎日仕事が楽しくて、やりがいがあって、前向きでいつも笑顔の人がいます。

それに対して、会社の愚痴、上司の愚痴、仕事の愚痴を言って
「お金をもらう為」だけの為に仕事をしている人もいます。


挑戦し続けていく人。あきらめる人。


いろんな人がいます。


今の日本経済の中でもまったくお金に困らず、裕福に暮らしている人。

あるだけのお金でなんとかしようとして「増やすこと」を考えない人。


いろんな人がいます。


だからこそ最近は受講生に対してもかなりリアルな話をしています。


「興味のある学部にいくのは良い、
けれど、勝負は全て就職活動にかかっている」
と…


東京大学を出たって、名古屋大学を出たって
就職できない人もニートもいる。



出た大学ははっきり言って就職活動のほんの一部に過ぎない。


大事なのは


「あなた自身という人間」です。


どの様な価値観を持って日々生活しているか。


「何でも人のせいにしていないだろうか?」

「自分は努力しているのだろうか?」

「何のために勉強しているのか?」


『仕事の本質ってなんですか?』

『なんでこの会社に入社したいのですか?』

『同じ職種の会社は他にもありますよ』



休日が多いから…基本給が高いから…


こんな回答や考えで企業を選ぶ大学生が多すぎるんです。


だから就職しても3年以内でやめる若者が大量にあふれている。


「自分はそうはならない」

と思っている優秀な学生ほどそうなっている現実がある。



大学に行く意味とは何か…
いろんな回答があると思いますが、間違いなく就職試験で聞かれるのが

「あなたは大学生活で何を学びましたか?」

という幅広い質問。


専門分野の事とか、サークルを通して仲間の大切さ…とか、
そんな回答だったらアウトです。


大学生活を通しての


「あなたの発見」


を伝える必要があります。


焦点はあなた個人にあります。


出身大学や学部・学科はまったく役に立たない訳ではありません。

ただし、それに頼ってはいけないという事です。



同じ大学で同じ学部で同じ学科出身の友人が
同じ会社の就職試験を受けていたとします。

そのライバルの方が大学時代の成績が上でした。

そのライバルには勝てない…。

そうではありません。


大学時代の学力を見るのが就職試験ではありません。



「仕事が出来そうな人材か」


を見るのが就職試験です。


人間性や考え方です。


そこを勘違いしてはいけません。


大学選びより先に学部選びです。
本当にやりたい事を18歳で見つけるのは困難なことですし、
就職してから変わることもあります。


経済学部と経営学部。

就職先があまり変わらないという現実。

他の学部もそうです。

心理学部と書いてあっても就職先には「スーパー」などもあります。

有名大学でもそうです。

学部=就職ではない現実がある事をよく見てみてくださいね。


特に今回は「文系の学生」に当てはまることだと思います。


看護や薬学など理系の専門分野はやりたい事や職業が明確です。

「文系」は職業に直結しにくい学部が多いです。


だからこそ受験生のみなさん。

大人に相談する事が大切です。

友達同士や家族内、先生に相談しただけで決定しないことです。

思い込みやこり固まった価値観の中で結論を出すととても危険です。



受験勉強や高校生活で忙しいとは思いますが、
たくさんの職業の本を読んだり、成功者の考えを学んだり、情報収集をしたり、
「その他大勢の高校生から一歩抜け出す努力」
を今のうちからしてみてください。



皆、平等にチャンスと時間があります。
どう使うかで結果は大きく変わります。


自分次第で道は開く事ができます。




P.S

≫ 続きを読む

| 進路相談 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「結婚式に出席して・・・」 ブログネーム.出世城のみかん娘

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m



思わず管理人も、放置されている
「ビリーズブートキャンプ」を思い出しました
初心に帰らねば!!

【第1008回】

出世城のみかん娘のプロフィール



 こんにちは。みなさんはどんなGWを過ごしましたか?浜松では、毎年恒例、年に一度の大イベント「浜松祭り」が開催されます。昼間は砂丘で凧揚げ合戦で盛り上がり、夜は派手に電飾された「御殿屋台」の曳き回しや、すり足で練り進む法被姿の一団が、うねりとなって「オイショ、ヤイショ」の掛け声とともに激練りでさらに盛り上がります。
 
 地域のお祭って普段はあまり話さない人とも、連帯感が生まれたりすることもあるから、人と人との関係が希薄だといわれている今でさえも続いていることは喜ばしいことですね。また、来年が楽しみです。

 さて、今回はまぁ、イベントつながり・・・ということで、人生の一大イベントである「結婚式」について書きたいと思います。

 残念ながら、私の結婚式ではなく友人の結婚式なんですけどね・・・。

 派手な式ではなく、ただ、二人の誓いをみんなが見守り祝福するだけです。とても、シンプルなんですがこれが結構ジ~ンとくるんですね。私が嫁に行くわけでもないのに、ついつい涙してしまいました・・・。

 これだけでも私にとっては十分だったのですが、新婦の両親の話にもう感動しまくってしまいました。

 二人が結婚に至るまでは沢山の問題があり、最初はどちらの両親も結婚には大反対したそうです。しかし、二人は強引に結婚したりはせず、自分達だけでは対処できず、周りの人の助けが必要なこともたくさんあるだろうから、納得して笑顔で結婚を祝ってもらいたいと、時間がかかっても一つずつ問題を解決していき、晴れて今日のこの日を迎えた・・・。

 と、これまでの経緯を話したところで会場のあちこちに泣いている人が見られたのですが、その後、新郎新婦に向けて贈られたメッセージで大号泣です。


 私達は恥ずかしい限りですが、娘に金銭面でとても苦労をかけてきました。今日も、盛大な式で娘を送り出してあげることもできません。だから、結婚して新たな人生を歩む時には、今までのような不憫な思いをしないようにと、お金には苦労しないだろうと思われる家に嫁がせてやりたかったんです。
正直に言うと、最初に結婚を申し込みに来た時の○○君(新郎さんです)は、明らかにお金に困っていました。だから、自分たちの事は棚に上げ彼を非難しました。親のエゴだとは思いますが、ただ、娘を守りたい・・・。その一心でした。今でも、○○君には申し訳ないですが、その不安は消えていません。私達が生きている限り消えることはないでしょう。

 しかし、「彼女と子供は絶対に幸せにしてみせます!」と熱弁する彼に、「君が考える幸せの定義とはなんだ?」との問いかけた時に、「もちろん、裕福なことも条件の一つではあると思います。でも、当たり前のことですが、お互いの心が離れていては、幸せとはいえません。

 僕は、心の底から彼女と出会えて幸せだと思いますし、彼女を生み育ててくれたご両親に感謝しています。そして、僕を生み育ててくれた両親にも。彼女と出会って、僕は「彼女を幸せにするために生まれてきたんだ」と感じることができました。彼女も同じように感じてくれているなら、お互いはなくてはならない存在です。そう感じることができる相手と毎日を過ごすことが、きっと何物にも変え難い幸せなんじゃないかと思います。」と答えてくれたんです。

 歌詞に影響されていたとあとでわかったんですが(笑)、その言葉を聞いてすごく自分が恥ずかしく思えました。改めて心のつながりについて考えたのです。例え歌詞に影響された言葉であっても、○○君が本当にそう思ってくれているなら、そんな彼に出会えた娘は本当に幸せ者だと思います。両想いにはなかなかならないですからね。

 これから色々な困難や障害があり、お互いの意見の衝突などもあるでしょう。二人には心から幸せだと思える毎日を生きていって欲しいと思います。


 という内容でした。結婚式では、両親からのメッセージや新郎新婦からのメッセージって本当に感動しますよね。きっと、心の底からの想いが言葉にのっているからなんだろうなぁ・・・。

 みなさんもこれからきっと、この二人のように本当に心と心が通じ合う人と巡り会うと思います。その時に、相手にふさわしい人でいられるように、毎日自分を磨きましょう!!

 私も、そういう人に巡り会った時に、相手にスルーされてしまわないよう頑張って自分を磨かないと。

 ・・・まずは、先月やりかけたまま放置されている「コアリズム」だな・・・。






(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)





| ちょっとコラム | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「べんきょう【勉強】《名・ス他自》」 ブログネーム.高崎はるな

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m



「勉強」には終わりがありません。。。
毎日が「勉強」です♪

【第1007回】

高崎はるなのプロフィール




もうすぐ中間テスト。

「勉強しなさい」って言われるけど、一体何をしたら良いんだろう。

英単語を何回も書くこと?数式を使って問題を解くこと?

っていうかそもそも【 勉 強 】って何???



手元にある辞書「岩波国語辞典第4版」で調べてみたら、

べんきょう【勉強】《名・ス他自》 (学業・仕事などに)精を出して励むこと。知識・技能などを身につけるために努力すること。

って書いてある。



え!?Σ(・ω・;

技能??知識だけじゃないんだ。

そっか、いろんなことを頑張るってことなんだね、勉強って。



でも。それなら、高校生は誰だっていつだって精一杯頑張ってるよね。

ガッコウはダルイこともあるけど。部活、トモダチ、恋愛、おしゃれ・・・。

髪の巻き方とか眉毛の描き方なんて、

充分に技能を身につけちゃってるし。

デコメ1級、絵文字初段くらいのウデマエはあると思うんだけどな。



どうして言われるんだろう、「勉強しなさい」って。

何を努力したらいいんだろう。



・・・あ。学業じゃないな、巻き髪は(-ω-)ヾ

じゃあ、【 学 業 】って何?



がくぎょう【学業】学問を修めるわざ。学校での勉強。



ガッコウデノベンキョウ?

勉強が学業で頑張ることで学業は学校での勉強?

だから一体何のことなの?



ふと、近くにあった言葉が目に付いた。

がくもん【学問】①《名・ス自》学び習うこと。学んで得た知識②《名》科学や哲学など、知的活動の総称。



そっか、知識か。知らないことは、いっぱいある。

だって【勉強】ってことばの意味だって、今まで知らなかった。

1つ調べたら、また新しい疑問が湧いてきて。どんどん興味がふくらんでいく。



これって、これもひとつの【ベンキョウ】なのかな。

知らなかったことを知るのって、ちょっと楽しい。






(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)





| ちょっとコラム | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「オンリーワンを探せ!」 ブログネーム.三ツ星

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m



「オンリーワン」の探し方とは!?

【第1006回】

三ツ星のプロフィール


>かなり迷って自分でも決められません。

>だから受験の話をされるのがすごく辛くて焦ります。



ユウキちゃんからメールが来た。



彼女の悩みは進路選択だった。



家庭に学校にと、さまざまな悩みを抱えながらなので受験勉強に気持ちを割く余裕がなくなっているのだ。



僕はさっそくユウキちゃんの家に電話をした。



最初に出たお母さんとの短いやり取りの後、電話に出たユウキちゃんは思ったより元気そうだった。


「よ。メール見たよ」

「はい…」

「真剣に考えたい問題だよね。ちょっとお話ししようよ」

「はい、ありがとうございます」



ユウキちゃんはさまざまある大学の選択に決め手を欠いていた。



それでも人並み以上にはよく調べている子だ。彼女が調べたという情報を聞ききるだけで30分はたっぷり使った。



「しっかり調べたね!」

「はい、ありがとうございます。けど調べれば調べるほどよくわかんなくなっちゃって…」

「そうだよね…うん、そんなもんだよ」



情報収集は大切だけど、その目的があいまいだと情報の大洪水に飲み込まれてしまう。



「目的は…私に合う大学を探すことですけど?」



負けん気の強い子なので、ちょっとムッとしたような顔で言われる。しまった(笑)



「うん、そうだね。ごめん、ちょっと大ざっぱな言い方しちゃったね」



その後僕が話したのは、ユウキに必要な目的を絞ってもらう話だった。



「まずね、いつも家でネット使ってるでしょ?」

「はい」

「大学のHPも見たかな?」

「はい!」

「隅々まで見たの?」

「正直どこまで見たらいいのかわからなくて迷います」

「だよね」



ユウキには“見たいものを見る”という動機と行動がちょっと足りないと思った。



「じゃあさ、こうしてみたらどうかな…」



ネットで大学を調べても、どうせ自分に関係あるのはかなり一部分だけになる。



特に重要なのは学部のページぐらいだ。



「そこのさ、教員リストをよく見てごらんよ」

「教員リストって教授のリストですか?」

「そう。もう見た?」

「はい。けどよくわからなかったです…」

「あはは、そうだよね。じゃあ、こういう見方をしたらどうかな?」



大学の教員リストというのは、教授・準教授・講師などが担当講座とともに一覧化している。


「その中に興味が出てくるタイトルの講座があったら、それを担当している教員を調べてみるって方法なんだ」



大学の教員たちというのは、高校までのように学校内だけで活動している人は少ない。むしろ教えるのが本業だと考えている人は少ないのだ。



「大学の教員の活動は、執筆と講演というのもあるんだ」

「執筆って、本ですか?」

「そう。例えば、論文とか、一般向けのものを書いてる人もたまにいるよね」



最近話題になったものでいうと、『国家の品格』の藤原正彦教授(お茶の水女子大理学部)や『声に出して読みたい日本語』の齋藤孝教授(明治大学文学部)なんて人たちもいる。



「そういえば、よく大学の教授とかテレビに出ますよね」

「でしょ?」



つまり、ユウキちゃんにはこれから、気になる講座を担当している教員がいたら、その人の名前で検索してもらいたいのだ。



「そうするとね、病院のお医者さんとか陸上競技会の入賞者とか関係ないものもたくさん出るよ。それには気をつけよう」

「はい。そんなのもあるんですね」

「そう。あとね、調べてるうちにさらに広げていってもらいたいんだ」



僕が例に出したのは、『団体』『人物』『施設』だ。



まず、その教員の属している団体を調べることができるはずだ。



「これを調べるとさ、○○学会とか○×研究会といった業界団体の存在がわかるんだよね」



これがわかると、いわゆる業界地図のようなものが分かる。理解できるようならレポートなどに目を通してもいいかもしれない。



「そういうのを見ていると、その教員がよく組んで研究の発表をしてる『人物』とか出てくるかも知れない。師弟関係とか、とにかく目立つ人物が出てくる可能性は高いね」



その人の名前もまた別に検索してみるのだ。



「もちろん、●●研究所とか、いろんな『施設』もみえてくるはずだよ。例えば、留学提携先の大学とか研究機関との関係がここで見えてくるかもしれない」

「はい…」

「こういう調べ方をしているとね、興味のあるものだけどんどん検索していくでしょ?」



目的のある情報が集まる。



「そこで、初めていろんな大学にある同じ学部との差別化ができるようになるんだ。つまり、オンリーワン大学をここで見つけるって話だ」

「はい! 面白いと思います」

「でしょ? ありがとう」



そこで調べきらないことは、オープンキャンパスなりに行って直接質問してくればいいじゃんかと。



この場で解決はしなかったが、解決の仕方は見えたのでユウキは明るい調子で電話を切った。



さて、後は彼女からのレポート待ちというわけだ。



最近ポットごと持ち込んだ渋い緑茶をすすって一息ついた。








(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)




| 進路相談 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「優しさ」 ブログネーム.たこ焼き母さん

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m



GW真っ只中ですが、
受験生には、GWはありませんよ!
来年までお預けです♪

【第1006回】

たこ焼き母さんのプロフィール



今日は、チューターのO君に「優しさ」につて、語ってもらいました。
わたしよりも遥かに若く、瑞々しい感性で綴ってもらいました。
以下O君の文章。





優しいとは何でしょうか?

人それぞれ思うところ考えるところは違うと思います。

もちろん優しくしたと思っていても実際、

受け取る側、結果によっては

自己満足に終わってしまうこともあります。

何気なくやったことが優しさになっていることさえあります。

それだけ難しいことなんですよね(^^;)。



「人」「憂う」と書いて優しい

私は漢字に詳しくは無いからわからないけれども、

憂い=悲しみや苦しみを知った人間が

優しくなれるということなのかなとか、

人の憂いを知ろうとすることが

優しさの一歩のような気もするなとか、思います。



『私が大学生の頃、授業中あまり集中しなかったり、

昼寝したりしてまともにノートをとらなかった時期がありました。

後ろの席の女の子がどんな授業も聞いていて、

休み時間にノートを写させてくれたり、

たまに溜まったレポートも手伝ってくれたりしたので

何もしなくてもやっていけたのです。

ある日、他の友人にその優しい女の子のこと話しました。


「ほんとに何でもしてくれるから助かっちゃって。優しいと思わない?」

友人「それを優しさだと思う?将来、困るのは誰か考えたら、ほんとの優しさってそういうコトと違うきがするなぁ。助けるだけが優しさではなくて突き放したり注意したりするのが優しさだって時がある気がするよ。」』



これが私の「人に優しいってなんだろう?」

って考えるきっかけになったエピソード。



お年寄りに席を譲ったり、

友人が困っているときに助けてあげるようなストレートな優しさもあれば、

厳しさの中の「先を見越した優しさ」もあったりするんだなって思いました。



ほんとの優しさって見えないとこに隠れているものです(^^)



優しくすることを偽善という人もいますが、偽善と言われるよりも

相手のことを思えないことのほうが寂しい気がする。

相手を思って厳しい優しさを示したとき

「ヒドイ人だ。」という人もいますが、

それより優しい厳しさを示せないことの方が淋しい気がします。



優しい人って誰を思い出すでしょう?

友人や先生やでしょうか?

親や恋人や物語の中の登場人物でしょうか?

誰もいないという人もいるでしょう、

そういう人は他の人の『優しい人』になるのも悪くないものですよ(^^)。



本当に優しくしてくれている、

自分を思ってくれている人を思い出して日々の憂いを乗り越えて、

少しの優しさ周りの大切な人にあげられたら幸せですね。


今夜、英単語の復習をした後には

寝る前に今日嬉しかったことを一つ思い出して、

明日どんな優しさを誰にあげようか思い浮かべて、、、おやすみなさい。






(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)




| チューター | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「Happy birthday」 ブログネーム.肥後椿娘

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m



肥後椿娘さん!
お誕生日おめでとうございます

【第1005回】

肥後椿娘のプロフィール


さて、GWも始まり、中にはGWの宿題がたくさん…。

なんて人もいるかもしれないですね。


実は今日、5/3は私、

肥後椿娘が生まれてきた日
です。イェーイ!


私はずっと誕生日は生まれてきた人が

お祝いしてもらう日だと思っていました。

だから、当たり前のように誕生日を迎え、

おめでとう!って言われて生きてきました。


ところがある時、

こんな風に言われた人がいました。


『誕生日は、
生んでくれた両親に感謝をする日なんだよ。』



それまで考えもしませんでした。

私がここに存在していることが当たり前すぎて

気付きませんでした。

両親が私を生んでくれなければ、

私は私として存在しないんですよね。

そうかぁと思いました。


今日は両親に「生んでくれてありがとう」を伝えますよ~。

楽しみですねぇ。


毎日、当たり前と思っていたことに「ありがとう」が言えたら、

今までより楽しいことがいっぱいになっちゃいますね!


生きていることに「ありがとう」

今日ブログを書かせてもらえたことに「ありがとう」


みんな、宿題できることにも「ありがとう」ですね。






(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)




| ちょっとコラム | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『博多どんたくと歴史』 ブログネーム.博多山笠女

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m



歴史から学べることは沢山ありますね☆

【第1004回】

博多山笠女のプロフィール



みなさん、こんにちは!(*^ー^*)
みなさんは、福岡に『博多どんたく』と言われる、
全国的にも有名なお祭りがあるのをご存じですか?

『博多どんたく』とは、
福岡県福岡市で毎年5月3日と5月4日に
開催されるお祭りのことです。

動員数は、毎年200万人を越え、
青森県弘前市の『弘前さくらまつり』と並んで
動員数では、国内最大級の祭りなんですね。

又、私の大好きな『博多祇園山笠』とともに
福岡博多を代表する祭りの一つとして
広く知られています。


ところでこの「博多どんたく」の起源歴史について、
実は私まったく知らなかったので、
今回ちょっと調べてみました!
(何事も、勉強です。勉強。(^o^))


≫ 続きを読む

| ちょっとコラム | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2008年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年06月

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。