爆勝(笑)☆大学受験奮闘記

JPC日本プロデュースセンタースタッフブログ

2008年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年05月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「意識改革をしよう!!!」 ブログネーム.兼六園子

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


できるだけ早く、
受験生としてのスタートを切りましょう!!!

【第1002回】

兼六園子のプロフィール



4月に入り1ヶ月経過しようとしていますが

皆さんどうお過ごしでしょうか?


この1ヶ月間を先月と比べて振り返ってみるとどうでしょう?

3年生はだらだらしていた時間が減り、

勉強時間が増えたでしょうか?


部活のある生徒は部活に夢中だろうと思いますし、

学校やクラスの雰囲気もまだまだのんびり

といった感じではないでしょうか?


もしかしたら受験や進路についての話題がないって事も

ありうるのではないかと思います。


4月から3年生に対して今後の打ち合わせを行っております。


3年生と話をしていて感じる事は

受験勉強に対しての意識や考え方がまだまだ甘いなという事です。


第1志望大学へ行ける為の計画をたてる為に

まず第1志望大学と第2志望大学を記入してもらうのですが、

書き込んだ後、

「よし!それじゃこの大学へ行けるだけの勉強をやり始めようか。」

と言うと

「あっ、ちょっと書き直していいですか?」

と半分近くの生徒が志望大学を書き直すのです。


行きたい大学はあるけれど、

それは努力をしてでも入りたい大学とは違うという事なんです。

行きたいではなく、行ければいいなぁになっているのです。

行きたい大学とそれに対しての努力とはまた別なんです。

そしてまた、第一志望大学へ行く為の量は

想像以上に多い事に驚くのです。



意識のずれは怖いものです。

なぜなら、受験勉強に費やせる1日の時間はどれだけ取れるか?

の質問に対して、

3時間と答えた人もいれば6時間と答える人もいます。


同じ○○大学へ入るのに1日何時間の勉強が必要だと思うか?

の質問に対しても4時間と答える人もいれば8時間以上と言う人もいる。


定期考査や模試の勉強で

「この間4時間もやったんです!すごくないですか?」

という人もいれば、

「12時間やりました!
意外とやったなーという感じはしませんでした。
きっと浪人生はこれぐらいはやっているのだろうと思いました」


という人もいる。


前者は普段4時間勉強しないのでしょう。

4時間勉強する事が凄い事になっているのです。

後者は4時間やっているかは分かりませんが

きっと、4時間は凄い勉強したという感覚にはなっていないはずです。



この様に同じ時間でも凄いと思うか

あたりまえの感覚になっているかでは

勉強量が違うわけですから、

当然差が生じてきますので結果が違ってきますよね。



きっと前者がこのままの状態で勉強を進めると・・・

≫ 続きを読む

スポンサーサイト

| 受験生 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「一流プレイヤーの名言」 ブログネーム.とちぎのおとめ先生

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m



受験生としての「一流」とは何か!?

それを見い出し、その姿勢を継続していきましょう!!

【第1001回】

とちぎのおとめ先生のプロフィール



努力せずに何かできるようになる人のことを
「天才」というのなら、僕はそうじゃない。
努力した結果、何かができるようになる人の
ことを「天才」というのなら、僕はそうだと思う。
人が僕のことを、努力もせずに打てるんだと思うなら、
それは間違いです。


イチロー選手は努力の天才だと思うよ。
ただ努力をするのではなくて
その努力を継続し続けることが大切だと思う。


状態の悪いときに、
どんな自分でいられるかが一番大事だと思う。
そういう時に最初の打席で結果が悪いと
「今日はだめ」と思いやすい。
そんな苦しさのなかでも決して諦めない姿勢が、
何かを生み出してくれる。
だから逆風は嫌いではなく、ありがたい。
どんなことも、
逆風がなければ次のステップにいけないから。


諦めない気持ちと
逆風をチャンスと考えること。
勉強もなかなか結果が出ないけど、
諦めない気持ちが大切だよね。


2000本目を打った瞬間には感動しましたけど、
その時考えたのは、次の打席が大事だということ。
2001本目を打つことができたので、
2002本目を打つことが次の目標になります。
言いたいことは唯一つです。
それは「目標を持つ」ということ。
目標を持つと、自分を大切にし、
人を敬うことができる可能性がでてくる。
結果が出ないとき、どういう自分でいられるか。
決してあきらめない姿勢が、
何かを生み出すきっかけをつくる。


常に目標を持ち続けること。
それが大切ってことだね。

今回は全部イチロー選手の名言を
集めてみました。

大切なことは・・・

≫ 続きを読む

| 格言/ことわざ/詩 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『AO入試』  ブログネーム.姫路城穴子姫

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


第1000回目

【第1000回】

姫路城穴子姫のプロフィール


4/18~約1ヶ月姫路では、姫路城付近で
「全国菓子博覧会」が行われています。


日頃、姫路城観光客しか来ない街なのに、
人がいっぱいです。(笑)


始まってわずか1週間ちょっとですが、
もう25万人も来ているそうです。


GWはどうなっちゃうんだろう・・・。


ボランティアの人達がたくさん参加していて、
すごく目立つベストをつけているのですぐに分かります。
土日ともなるとボランティアのスタッフがすごい数になります。


今では、AO入試でボランティアの活動時間が
受験資格に入っている大学もあるので、
高校生っぽいボランティアのスタッフを見ると
AO入試に活かすのかなと見てしまいます。


結構探せばボランティアを募集しているイベントなど多く、
AO入試に使えるなと思いました。(


本当はそんな形でボランティアをしたら駄目かな?
と思いますけど・・・


志望校・志望学部にAO入試がある生徒さんたちは、
募集要項をチェックしてみて下さい。


ひょっとしたら、生徒会長とかしていなくても、
部活で良い実績を残せていなくても、
諦めなくてすみますよね。志望校・学部であれば、
より多くのチャンスをつくり、そして活かして下さい。






(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)




| AO入試・推薦入試対策 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『みなさんは・・・』  ブログネーム.Kobe Collection?

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


好き嫌いがあるのは人間として当然のことですが、
自分にとって良いか悪いかでの判断も大切な事ですね☆

【第999回】

Kobe Collection?のプロフィール



みなさんは、イヤなことは先に片付ける方ですか?

それとも、ついつい後回しにしてしまう方ですか?



高校生にとって、勉強はどっちかといったら、

イヤなこと・やりたくないこと

の部類に入っている生徒は多いと思います。

自分も高校時代はそうでした。
僕が今かかわっている受講生の2/3以上も、これに該当します。


いくら自分のやりたいことが決まっている生徒でも、
部活で疲れていたりすると、いくらやらなきゃって思っても、
ついつい後回しにしてしまいますよね。


僕は、昔は特に、どうしても、イヤなこと・やりたくないことは
ついつい後回しにするタチでした。


ところが、ある時を境に、
意識してイヤなことを先にやるようにしています。
最初は大変でしたが、やればそんなにしんどいもんでもありませんでした。


そうすると、なんとなくすっきりして
一日を終えることができるようになりました。
たいした事をしているわけではないんですが・・・不思議なもんです。


最初にイヤなことを片付けてしまうと、
後に残るのはそんなにイヤじゃないことや、好きなこと。
ついでに、イヤなことはもう終わってる。

すっきり!!


終わりよければすべてよし!!
なんとなく、今日一日充実感を得られるもんです。
そういう気持ちですっきりおやすみしませんか?






(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)




| ちょっとコラム | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「オープンキャンパスに行こう」 ブログネーム.讃岐大使うどんのすけ

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


オープンキャンパスで
新たな『発見』をしてきましょう♪

【第998回】

讃岐大使うどんのすけのプロフィール


桜の季節も過ぎ、はやゴールデンウィーク間近ですね。
高校生の皆さんは、新学年の授業にも慣れた頃だと思います。

ゴールデンウィーク頃から
専門学校のオープンキャンパスがスタートしますね。
大学・短大では、私立大学で
6月下旬から日程が公開されているところもあります。


先日、3年生の受講生と話していて
オープンキャンパスの話題になりました。

その生徒は2年のうちに
近場の大学のオープンキャンパスに行ってきたそうです。

私は、志望校が決まった、
もしくは興味のある大学がある受講生には、
なるべく早めにオープンキャンパスに参加するように言っています。

そしてオープンキャンパスに参加した生徒は、
ほとんどがとても明るい顔で戻ってくるのです。

オープンキャンパスでは、高校と大学の違いが感じられたり、
その大学の雰囲気を体感できます。

また、大学で実際に学ぶ先輩方と話ができ、
時にはレアな情報も聞くことができます。

参加することで、
それまで実感のなかった大学生活がどういうものかを知り、
来年の今頃にはこの大学で自分も勉強しているんだという
将来のビジョンを持てます。

そして“あの大学で勉強したい!!”
という目標がはっきりしていれば、
もちろん勉強への取り組み方やモチベーションも変わってくるし、
勉強が辛いときの励みにもなる。

特に、3年の夏休みはがっつり勉強に使いたいという生徒は、
とにかく早めに参加してみてくださいね☆


あと、心底どうでもいい話ですが、
私的「ここは絶対見ておくべきポイント」
というものがありまして、それが

・学生食堂(のメニューと値段)
・お手洗いが使いやすいかどうか


……です。

やっぱり入学後4年間生活する場ですから、
どんなものがいくらで食べられるかって重要じゃないですか?
“焼きたてパン”などが売りの学食もありますしね。







(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)




| ちょっとコラム | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

《学ぶ楽しさ》 第1話  ブログネーム.岡山桃っ子

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


今回より、岡山桃っ子さんの回は、
《学ぶ楽しさ》シリーズをお届けしていきます♪

【第997回】

岡山桃っ子のプロフィール



 高校生の皆さんは《学ぶ楽しさ》というこのタイトルに少し違和感を覚えるかもしれませんが、人生50年を過ぎた白髪混じりの私岡山桃っ子は、今まさにこれを地でいっております。その理由は、これから回を進めるに従って明らかになってくるでありましょう。


 今回は、岡山桃っ子の幼かった頃を振り返ってみたいと思うのであります。その中には私自身の記憶ではなく、母親から聞かされた部分も含まれております。


 岡山桃っ子は年の差が7歳もある二人姉妹の末っ子として生まれました。つまり、私が生まれたのは、姉が小学校1年生の冬でした。なぜか私は「ハイハイ」というものをしなかったそうです。その代わり、座った状態で片膝を立て、お尻をこすって移動したと聞かされております。つまり、その頃から「変人」だったのであります。小学校の頃の記憶で残っているのは、時折激しく癇癪を起こし、自分でも抑えることができず、わめきちらしていたことです。恐らく、自己主張が激しかったのでありましょう。そのくせ、家の外ではいつだっておとなしく、いわゆる「内弁慶」だったのであります。


 私が癇癪を起した時、母はよく私を外に連れ出し、夜空を眺めさせてくれたものです。満天の星を眺めているうちに、「人間って、なんてちっぽけなんだろう。」と、心が静まったのを今でも思い出します。私の宇宙好きはそれが元なのかもしれません。私の唯一の自慢は、宇宙飛行士の向井千秋さんの旦那様、向井万起男先生が表書きしたお手紙を所持していることと、毎年、向井万起男・千秋御両名の連名による年賀状を頂くことです(ウフッ)。これらを頂く為には、勿論私の方から万起男先生に手紙を差し上げたからではありますが。


 それはさておき、私の子供の頃の思い出は、歌を歌うのが大好きで、バスガイドになったら歌が歌えるからという単純な理由で、「バスガイドになりたい」という夢を持っていたことです。ところが、ある時「記憶力が悪い」という決定的な欠点に気が付き、バスガイドはあっさり諦めてしまいました。


 中学の頃、私の進路を決める要因になった出来事がありました。今やデッチ上げだとも噂されている人類初の月面着陸の場面を、テレビの宇宙中継で見たことです。あの時の同時通訳者は、昨年亡くなられた「西山千さん」でした。私はあの瞬間から同時通訳というものに憧れ、大学は外大と決めたのでした。が、学力が及ばず、英語で入るのはとても無理と断念し、中国語を選んだのでした。結果としてはそれが幸いしたのですが、その頃は深く考えた訳ではなく、強いて言えば、私が行きたかった大学で英語以外の言語では舌を震わして「ルルルル・・・」とやる発音がありましたが、私はそれができなくて、中国語にはそれがなかったという訳でして(苦笑)。


 高校時代は、やたら試験をする公立の普通科に通っており、勉強は義務感でやっていた感が強いです。ま、今の皆さんと大して変わらないという訳でして。では、なぜこんな私が《学ぶ楽しさ》なんていうタイトルで文章を書いているのでしょうね。それは次回のお楽しみ♪







(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)




| 《学ぶ楽しさ》 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「そのゆるやかな時間に覚えていくと」 ブログネーム.長良川鵜飼

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


ちょっとした工夫で
要領良く覚えることができますよ♪

【第996回】

長良川鵜飼のプロフィール



おひさしぶりです。長良川鵜飼です。

春先に風邪をひくと花粉症疑惑がかかるのは

デフォなんでしょうか(´Д⊂


今回のテーマは「覚える」です。


「覚える」というのは能力であり才能ではありません。

能力というからにはそこに技術があり、

技術はそれを習得すれば能力が身に付くことを意味します。


今回紹介するのは

「まったりした時間をつくりつつ覚える方法」です。


乱暴ですが暗記する技術=記憶する技術としましょう。

人間の足の裏には

人体を刺激するツボと呼ばれるところが集中しています。

歩きながら音読することで暗記効果がアップします。



Point1
歩きながら音読する

さて、これを実行した場合ですが、

単純に歩いていては「彷徨う受験生」に見えます。

縁起が悪い上に近所の評判もガタ落ちです。

そこで犬を飼っている人は犬を散歩させながらPoint1を実行しましょう。

犬の散歩ならば

「覚える効果アップ」「不審に思われない」「定期的に散歩できる」など

まさに「一石三鳥」となります。



Point2
犬の散歩を同時に行う。

夕方、オレンジ色の空に月が浮かぶ頃、

犬の散歩をしながらのんびり音読して覚えていきましょう。

Y君はこの方法で3ヶ月の間に800の英単語を覚えていました

犬のいない家庭で犬を飼える人は、

この際、犬を飼ってしまいましょう。

動物と触れ合うことはストレスを緩和させる効果があります。


一度お試しあれ。






(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)




| 勉強法 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「日課表を作ろう!」 ブログネーム.三重伊勢エビちゃん

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


スケジューリングを徹底して、
効率良く学習していきましょう♪

【第995回】

三重伊勢エビちゃんのプロフィール



A君とお母さんがJPCに進路相談にきました。

A君のお姉ちゃんは今年の卒業生で、

国立の医学部・看護に行きました。


次はA君の番だが、お母さんは少し心配なご様子…。


お母さん曰く、A君は普段の生活がだらけていて、

休みの日は寝てるか遊んでるとのこと。

実際、私も定期連絡がないので夕方に電話をした時も

「寝てます…」と言われた経験がある。


お母さんを目の前にして家での生活状況を本人に確認したところ、

ほとんど家では勉強をしていないことが発覚。

そこで私は、A君に課題を出しました。


「1週間、

自分が思うように過ごして構わないから、
  
               自分の行動をメモしておいで」


と。


…1週間後、A君はメモを持ってきてくれました。


確認すると、食事の時間とお風呂はだいたい決まった時間だが、

それ以外は毎日バラバラ。

遅くまで起きていることもあれば、

ビックリするくらい早く寝ている日もある。


毎日の行動パターンがバラバラという事は、

明らかにその時の気分で行動を決めている証拠
だ。


帰って「さあ、何をしようかな」では時間はあっというまに過ぎてしまう

効率の良い受験勉強をしたいなら、

取り組む前に行動を頭で考えるのではなく、

行動を体に覚えさせるのが一番。



日課表を作ろう!


最初は日課表を見て意識しながら確実に行動してみよう。

とにかく2週間はがんばって続けてみよう。


途中で諦めない強い意志を持つこと!

そして、諦めずに2週間続けられた人だけにはお願いがある。

15日目には絶対に勉強をしないでほしい。

15日目に感じる自分の感覚をこれからは大事にして継続してほしい。

(やった人だけはわかるでしょう・・・。)






(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)




| 進路相談 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「高校生の皆さんへ」 ブログネーム.眠らない街.小江戸川越

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


高校生の皆さんは、
しっかりとスタートが切れましたか?

【第994回】

眠らない街.小江戸川越のプロフィール



皆さん、こんにちわ~

新しい学年が始まり

新たな気持ちで勉強に取り組もうとしている所かと思います。


「忙しい」と言い訳して、

勉強を後回しにしている人もいますよね(笑)


オフロ、トイレ、電車の中・・・・

勉強は机の上じゃなくても、しようと思えばどこでも出来ます。


「みんなまだやってないから」と思っている皆さん

ライバルは同級生じゃありませんよ~

浪人生です!!


休憩ばかりしてないで、勉強してくださいm(_ _)m


ただ詰め込むだけの勉強では、すぐ忘れてしまいます。


必ず勉強したらチェックを入れてください。


焦って難しい勉強をしようとしてはダメです。


まず、今の時期に時間が掛かっても基礎を固めましょう。


勉強の話ではありませんが

応援してくれているお父さん、お母さんにも感謝しましょう。


どんな状況下であっても勉強しなければいけないのは皆さんです。


まずは「言われたから勉強する」ではなく

「自ら進んで勉強する」に早くシフトチェンジしてください。


どうせやるならダラダラやらずにメリハリをつけて楽しく勉強しましょう!


現役の忙しい高校生だからこそ

短時間で効率良く!!   


ね?(^_^)







(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)




| 高校生 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『「やれば出来る!」と言う事を知った日』 ブログネーム.ヒグマ大打線

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


今回からブログデビューの
北海道は札幌のヒグマ大打線さんです!!!

【第993回】

ヒグマ大打線のプロフィール



初めましてヒグマ大打線です。
今後は、ブログで皆さんと接っすることが出来ることを
楽しみにしています。

さて、今回の僕の話は、『やれば出来る!』と言う話です。



昨年の卒業生で進学率が高くない高校から現役合格を成し遂げたS君。
現在は日本大学に通う2年生。


実は、DCに入るまでは


「厄介者」「学校のお荷物」(本人談)


と言われていたそうです。


S君は、元々バレー部でしたがヘルニアを患い部活を退部した後は、
いわゆる『ワル』のグループと一緒にいました。
そのグループにいた時を今振り返るとこんな事を言っていました。


『今となってはあの頃の僕は、
何をしたかったのか正直に言って恥ずかしい』
と。


そんな本人も3年生の10月頃にチョット変な事をいい始めたのです。
『国公立大学なんて簡単に合格できる。』と。

流石に僕はその言葉を聞いた瞬間に本気で怒鳴ってしまったのです。
(正直、今でも反省しています。
言葉が不適切なので自主規制させていただきます。)


その後、『自分の考えが甘かった』と反省したS君は
『これからはシッカリ勉強をします。』と言って1日8時間勉強していました。


元々、希望する大学は工学の仕事に就く為に
北海道大学か室蘭工業大学で私立は日本大学を希望していました。


しかし、実際に受けたセンター試験の結果は900点満点中329点!(笑)



両親からは、

『北海道の私大に行け!
お前は、室蘭工業大学や日本大学は無理だから!』


と猛反対と受けましたが本人は頑なに

『日本大学に行く』


と拒否しました。


そんな時に僕が一言声を掛けました。


『いいか!やれば出来る!絶対に合格出来る!
俺は信じている。「合格」と言う2文字をみせてくれ!』
 



その言葉を受けたS君は、試験まで1週間しか無い中
1日16時間日大の赤本はボロボロになるまで勉強し、
チューター指導等も積極的に使ってました。

結果は、見事『日本大学 工学部に合格!!』
しましたが、人の心配をよそにJPCに連絡するのを忘れていたS君。


「おめでとう!」 より先に 『何で連絡してこないんだ~!!(怒)』
と叱りを受けたと言うJPC札幌では伝説になっている人物です。


本人は反省しっ放しでしたが、

『嬉しかった。やれば出来るんだね!これからも頑張るよ!』

と言ってました。


その後、大学に入学し、夏に帰郷。

その時に本人から聞いた事なんですが、
高校始まって以来の日大現役合格者として会報誌の表紙を飾ったそうです。

更に、1年生の後半から大学教授から特例で

『今研究室で研究している事を一緒にやらないか?
(研究室は通常大学2年生から入れるところです)』


と誘われて研究室に入るとの報告も受けました。


S君は

『人間やれば出来るんだね!
あの時の叱りが人生のターニング・ポイントだったし感謝している。』

『最初は東大の教授の息子たちと話が出来なかった。
しかし、今では肩を並べて話が出来る程になった。』


と、現在でもメールや電話が掛かっています。
本当に人間はやれば出来ない事は無いと感じました。

皆さんも僕達と一緒に体感してみましょう。






(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)




| とある受講生 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「Stay hungry, stay foolish.」 ブログネーム.越後の雪椿女王

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


「スティーブ・ジョブス氏の大学での祝賀スピーチ」
管理人も拝見してみました。
高校生の皆さんにも心に響いてくるお話だと思います。。。

【第992回】

越後の雪椿女王のプロフィール



最近の生徒と話をしていると

将来の夢や大学で学びたいこと

がわからない生徒がたくさんいます。


「じゃあどうして大学へ行くの?」と聞くと

「就職に有利だから・・・」とか「高卒じゃ お給料が・・・」とか

「とりあえず高校を卒業してやりたいことはないし・・・」

と反論できない答えがかえってきます。


本当はやりたいことはあるんだと思うのですが、

現在の学力を考えてあきらめたり、親に色々言われて

あきらめたりしている生徒が多いのではないでしょうか?


やりたいと思ったことはあきらめず最後まで思うことで叶うのです。

と言っても今の高校生にはピンとこないかもしれません。

そんな高校生に読んで欲しい文章があります。


アップルコンピュータの創立CEOのスティーブ・ジョブス氏

2005年6月12日に行った、スタンフォード大学卒業祝賀スピーチ

大反響だったものです。


ちょっと長いので全部はのせませんが興味のある人は、

読んでみてください。


大まかな内容は以下のようなことが書いてあります。



「あなたの好きなものを見つけなさい!」

≫ 続きを読む

| 進路相談 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「親の居る間に勉強!?」  ブログネーム.水戸のご老公

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


古今東西、どこのご家庭でも
子どもの勉強状態は気になるものですが・・・。

【第991回】

水戸のご老公のプロフィール



「ウチの子はちゃんと勉強してるんでしょうか?(´・ω・`)」


小生のところには、「我が子が勉強していないのではないか」
心配する(疑う、信じている?)親からの相談(愚痴、文句?)
がたくさん寄せられます( ̄ω ̄;)


確かに勉強していない生徒もいますので、その場合は生徒が悪いのですが、
そうでない場合も多いんですよね(ー'`ー;)


ちなみに小生は、
親から「勉強している」と思われていた自信があります(`・ω・´)


小生がそう思う理由は…


「親の居る所で勉強していたから」


なんです( ̄ー ̄)



いろんな意味を考えると、勉強に最適な環境というのは、
「学校」でも「塾」でも「図書館」でもなく「家」なんです(`・ω・´)


更にいろんな意味を考えると、「居間」が最適なんですよ(*^▽')φ♪


「いろんな意味」の部分については、今日は省略しますが…


とにかく「居間」が最適ですφ(`・ω・´)



ポイントは一点だけ!


「居間で勉強している子供に対して、親は何も言わないこと」


保護者の方へのお願いですm(._.)m



「あら、めずらしい( ̄m ̄*)ププッ」


なんて皮肉を言おうものなら、家庭崩壊ですよ(|| ゜Д゜)


そこまで行かないにしても、
子供は反発して更に勉強しなくなります(ー'`ー;)


「頑張ってるね(*^U^*)」


と励ましたつもりでも、無視されるか、そっけない返事が返ってきて、
ストレスを溜めることになります(`ε´)


「我が子は勉強している」
と確認できただけでも良いじゃないですか!(#≧∀≦#)


と…親向けの話になってしまいましたが…


いずれにしても、「居間」というのは、
誘惑も少なく、長居しても邪魔にならず、
適度な緊張感と適度なリラックスを得られる空間…


意外と集中できる空間なんです(`・ω・´)


お試しあれヽ(^◇^*)/






(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)




| 親子関係 | 09:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「新撰組⑧その1」  ブログネーム.kariya 受験指導部

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


今回と次回でいよいよ大御所の登場です!
さて、その大御所とは・・・!?

【第990回】

kariya 受験指導部のプロフィール



こんにちは。新学期、始まりましたね。


1年生は、とりあえず通学だけでぐったりしない体力をつけ(笑)、

予習復習の習慣づけをしましょう。


2年生は、受験勉強の準備を始めましょう。

3年生になっても勉強時間が4時間なのに国公立大学に合格できるのか、

8時間勉強したのに・・・(涙)となるかはこの1年にかかってますよ。


3年生は、特に部活をやっている生徒さんは

思い残すことのないように練習してください。

負けたその日は悔しくて泣いたとしても、

次の日には『あれが限界だった』と振り返ることができるなら、

気持ちは簡単に勉強へシフトできます。


・・・さて。
いよいよ新撰組ネタは本当に今回で最後です。


今回は、そう、この人。

新撰組局長、近藤勇です。

彼に締めていただきましょう。


近藤は、もともとは農家の家に生まれました。

それがなぜ武士のような人生を歩んだのか。


きっかけは15歳のとき、「試衛館」に入門

いわば剣術の習い事を始めたことからでした。

真面目で練習熱心なのと

もともと剣術のセンスを持っていたのが手伝って、

彼の剣術はみるみる上達。


その剣術を活かして泥棒を捕まえたりもしました。


その姿が認められて、

試衛館の主人だった近藤周斎の養子になり、

近藤は武士の人生を歩むことになるのです。


ちなみにこの頃に、後の新撰組副長、土方歳三と出会います。


さらに少し時間を置いて沖田総司、また時間を置いて永倉新八

そのまた時間を置いて斉藤一と出会うのです。


場所は、全てこの試衛館でした。


・・・彼のエピソードは、壮絶で長いです。1回では無理なので分けていきます。

今回はここまで。

ではまた。






(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)




| 歴史/文化/教養 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「学士力のつづき」  ブログネーム.湘南ホープ

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


前回の「学士力」についても是非ご覧下さい♪

【第989回】

湘南ホープのプロフィール



『学士力』…それは、簡単に言うと

大学の卒業要件の候補に挙がっている、“生きる力”


大学で勉強以外に生きる力を身に付け、

卒業のときにはその力が試験で求められるということが

以前ニュースで取り上げられました。



世間が勉強以外の能力も

ちゃんと重要視するようになって改めて思うのですが、

一番大切だと思うもの意外を全て切り捨ててしまうのって、

ものすごく怖いことです。


JPCの生徒さんのような受験生・プレ受験生にとっては

「勉強が仕事!」とも言われるくらい勉強が重要視されています。

部活が一番という人もたくさんいるのかな?



ただ、覚えておいてほしい


一番大切なものが全てではない。

一番大切なものがよければ、あとはどうでもいいわけではないのです。



勉強は大切。

でも、考えてみる。何のために勉強するのか。

そこへたどり着くためには、勉強だけでいいの?



人とコミュニケーションをとる力、自ら学ぶ力、人を思いやること、マナー…

それがまず必要なのでは?



学力全世界でテストをしたら、

日本人の勉強力はきっとランキングの上位でしょう。

お父さんやお母さんが学生のときより、

かなり成績はアップしているかもしれません。



ただ、それと比例して勉強(もしくは自分の興味のある事)以外

どうでもいいと思っている人が増えた。


自分がよければいいと、マナーを知らない人が増えた。

そんなひとが、世の中の役に立つ仕事をするなんて、なにか矛盾してないか。



ぎくりとしたひと、ちょっと自分のいつもの行動を考えてみてください。

自分は大丈夫だと思った人、そのバランスを大切にしてください。



テストに出ないけど、大切なものはたくさんあります。

「そんなの当たり前じゃん」

そんな声が、このページをみた人からたくさん返ってくることを願っています。






(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)




| 教育 | 09:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「名言― 不屈の努力」 ブログネーム.町田リス園

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


「不屈の努力」で
合格を勝ち取りましょう!!!

【第988回】

町田リス園のプロフィール


今回のテーマは「努力」です。
先人達は努力について何と語っているのでしょうか?


「人間は努力する限り過ちを犯す。」
                                        ――ゲーテ(詩人)
⇒努力に過ちはもれなく付いてきます。
            大事なのは、「過ち」を「成功」に転じるかどうかです。



「収穫の法則-蒔いたものしか刈り取ることはできない。」
                                  ――スティーブン・R・コヴィー

「よくこねないと、うまいパンは食べられない。」
                                         ――バンフ(詩人)

⇒目標のために、やるべきことをやりましょう!


「どんな芸術家でも最初は素人だった。」                        
                                      ――エマーソン(作家)

⇒最初はみんな同じ赤ん坊でした。天才だって誰だってそうだったのです。


「努力した者が全て報われるとは限らん。
       しかし、成功した者は皆すべからく努力しておる!!」
         
                           ――鴨川会長(漫画『はじめの一歩』より)

「努力だけでは、どうにもならないかもしれん。
            しかし、努力をしなければ、確実にこのまま。」

                              ――漫画『ハチミツとクローバー』より

⇒「努力」は必要条件です。やらなければならないものです。


「人から言われてやった練習は、努力とは言わない。」
                                      ――漫画『MAJOR』より

「あれは努力じゃなくてただの労働だ。
    俺の言う努力というのはそういうのじゃない。
               努力というのはもっと主体的に
                   目的的になされるもののことだ。」

                              ――村上春樹(『ノルウェイの森』より)

⇒主体的努力≠強制的努力


「天才って便利な言葉だよね。
    だって、天才っていったら、努力もしないで
        持って生まれたものだけでやってきたように
                     思われるんじゃないかなぁ。」

                                      ――福原愛(卓球選手)

「私は若いころ、10のことをすると1つしかうまくいかなかった。
                     だから、10倍、努力をした。」

                            ――バーナード・ショー(ノーベル賞作家)

⇒自分が誰かに3倍劣っていると思ったら、3倍努力すれば良い、
                 その誰かを超えたいならもっと努力すればよい。


 
 努力することは大変で、自分に甘く生きている人のほうが多いかもしれません。名言集をよんでも、「そんなに偉くなろうとは思わないから・・・」などと、自分の可能性を否定している人もいるかもしれません。
努力は、結果として報われないこともたくさんあります。それでも努力し続けることのできる人が最後は自分の人生に価値を見出せるのではないでしょうか?

 あなたは、負けるとわかっている試合は手を抜く選手と、負けるとわかっている試合でも必死で喰らいついている選手、どちらの選手を応援しますか?どちらの試合が面白いと思いますか?どちらの試合に感動が生まれると思いますか? 
 
 結果はおわかりの通りです。
 努力することは、恥ずかしいことじゃない!!努力することを恥ずかしがる人のほうが、よっぽど恥ずかしい! 
 みなさんは、努力して夢を自分の手で掴みとってください!!!







(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)




| 格言/ことわざ/詩 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「繰り返す」 ブログネーム.茶々丸

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


特に苦手な範囲や分野では、
繰り返して覚えることが大切ですよ♪

【第987回】

茶々丸のプロフィール



新学期がはじまりテストだった学校も多いのではないでしょうか。

最近生徒と話していて、ちょっと思ったことがあるので今回はその話をします。



さて、みなさんは

「くり返しやる」の『くり返し』っていったい何回だと思います?


よく生徒が『繰り返しやってます!!』と言ってくるんですが、

「何回やった?」ときくと、だいたい2回。おおくて4回…



僕は高校時代野球をやっていましたが、

練習が終わったあと家に帰って毎日300回素振りをするということを

1年から3年の夏までやっていました。


300回×840日

これだけ繰り返しやったから個人的な内容では

納得できる結果を出せたと思います。


野球と勉強では違いますが、

「繰り返す」って最低でも10回ぐらい

を言うのではないかと個人的には思います。


単語の暗記などで苦しんでいる生徒は

繰り返している回数が圧倒的に少ないと思います。

1回の密度を薄くしても繰り返す回数が多いほうが

間違いなく覚えるので、ぜひ何回も何回も繰り返してみてください。








(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)




| 勉強法 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「言葉は神!?」 ブログネーム.浜松やらま一家

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


「言葉」が未来を創ります!!!

【第986回】

浜松やらま一家のプロフィール


 最近、だいぶ暖かくなってきましたね♪ウォーキングもかなりキツクなってきました。もうね~、サウナスーツ暑いんだよね。


 さて今日のテーマは『言葉』です!

 皆さん言葉というものを大切にしていますか?親子セミナーに出たことのある生徒は、セミナーで聞いたと思います。また担当からいつも言われているかもしれません。今日はこの言葉についてブログを書きます!

 いやー、本当に勉強のこと何にも書かないなぁ~。毎回毎回趣味につき合わせてゴメン!


 で、実は哲学や宗教学の分野では「言葉は神である」と言われています。まぁ全哲学、全宗教ではないのかもしれませんけどね・・・。

 あっ、あと念の為言っておくと、別に特定の哲学や宗教の話とかではないです。あくまでも僕の興味のあることですよ♪

 
 言葉というのは英語で「ロゴス」と言います。まぁ、言葉という訳の他には「論理」とか「真理」とも訳されます。またキリスト教では、神の言葉や世界を構成する理論としてのイエス・キリストを意味するそうです。

 そして、その後ストア派の哲学者は神が定めた世界の神的な論理を「ロゴス」と呼んで、時にはこれを神とも同一視したそうなんです。


 う~ん、何か難しい話ですね。「ロゴス」とか哲学とか言われるとチンプンカンプンな気がします。でも、このロゴス観はキリスト教の成立に大きな影響を与えたと言われています。


例えば新約聖書の中の一書で『ヨハネによる福音書』の中で

 「初めに言葉(ロゴス)ありき。
        
             言葉は神とともにあり、言葉は神であった。」

という一文が最初に出てきます。
 

 そう、それぐらい言葉というものは重要だと言われていたんですね!


 まぁ、そんなこと言われてもって思うかもしれませんが、やっぱり言葉って色々な力があると思うんです。しかも色々な分野で言葉の持つ力について語られています。


 さて、皆さんはこの言葉(ロゴス)というものをどう捉えてますか?どのぐらいの力が有ると思っていますか?

 僕はこれからの人生を大きく変える力を持っているものと信じています。だって「言葉は神である」ならば、マイナスな言葉(ロゴス)=マイナスな神ですから。何か嫌だよね!


 皆さんにも言葉の大切さやそのパワーを少しだけでも意識して欲しいと思います。






(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)




| ちょっとコラム | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「考える力」 ブログネーム.川崎工業地帯製ロボッツ

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


考える力を養い、
そして考えたことを形にしていきましょう!!

【第985回】

川崎工業地帯製ロボッツのプロフィール



さて、いままで受講生やチューターとのやりとりなどを書いてきて、
JPCでの風景をイメージしてもらえたらいいなと思ってやってきましたが、

今はとにかくみなさん勉強しなければいけないので、
なにか力になることを書きたいと思います。



「頑張っているのに成績があがりません…」
という相談をよく受けることがあります。

「この科目がなかなかあがらないんですけど、
何をすればいいですか?」

という相談もよく受けます。

たくさんの生徒さんと縁を持たせてもらって、
いろいろなやりとりの中で、わかってきたことがあります。


例えば、暗記モノは覚えれば点数に直結します。

英単語、古文文法、漢字、物理や化学の理屈、地歴公民の暗記事項
さぼらずに覚えなければはじまりません。
そういうのは筋トレのように覚えてください。ベースの知識は必要です。


でもそれだけでは不十分です。
大学は、考える力をもっている学生が欲しい」んです。


それはどういうことかというと、なかなか一言ではいえません。
逆にそれがみんなに教えられたら、「ゆとり教育」とかそういうもので
だれもモメたりしないです。


なのでたとえ話になりますし、私の感覚での話しなので荒削りですが。



例えば、

「人間はなぜ死ぬのか?」

「なぜ金額の安いお金が金属で、高額のお金が紙で作られているのか?」

「なぜ行って帰ってきた人はいないのに、
悪いことをした人は地獄にいくと言われるのか。」

「なぜひと月は約30日なのか。」

「なぜ数字は10で桁が一つ繰り上がるのか。」


身の回りのいろいろなことを、自分なりに考えてみる。


ちなみに「人間はなぜ死ぬのか?」なんて、問いだったとしても、

10歳の子どもは

「だって、毎年どんどん生まれてるのに、
死ななかったら人間でいっぱいになっちゃうじゃん!」


っていったそうです。



それなら、同じ要領で

「なぜ5文型に種類わけすると便利なのか?」

「なぜ分数の割り算はひっくりかえして掛け算をするのか?」

「三角比の値がわかるとなにがうれしいのか?」

「なぜ、関数のグラフはy=の式ばかりだったのに、
円の方程式は=0の式になるのか?」


っていうことを、考えてみる。


一日5時間10時間勉強しても成績があがらない!っていう生徒は、
模試や定期試験の結果を見せてもらって話しを聞くと、
そういうところを考えていないなって気配があります。

でもそういうのを疑わずに受け入れるってことは、
素直な生徒さんだからなんですよね。


それでも、大学はそういうことを考えられる学生を欲しがっている
と思って、一度教科書や問題を見てみてください。


ぜひ参考にしてください。



蛇足。。。

ただし、理科だけは神様にしかわからない領域があります。

「なぜ、静電気はひきつけあったり反発しあうのか」

「なぜ、物質は原子からできているのか、それより小さくできないのか」

こういうことはぜひ大学で研究して下さい。







(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)




| ちょっとコラム | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「継続は力なり」 ブログネーム.アルタの番人

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


継続することができれば、
道を切り開くことができるはずです!!!

【第984回】

アルタの番人のプロフィール




さて、新学期が始まったと思います。

春休みをどのように過ごしましたか?

今はどのような状態ですか?

それぞれの思いがあると思います。

ですが、確実に皆さんがスタートを切ったと思います。
周りが走り始めてあせっている人もいるかもしれません。
センター試験まで残り9ヶ月。確実にスタートを切りましょう。


いま、この時期にはどんなことを行ったらいいのか、
悩む人も多いと思います。

ですが、みなさん確実に行わなければいけないことは
基礎力があるかの確認。

色々なことをするのでは無く、
ひとつのことを確実に続けていくことが大切です。

今までの卒業生を見ていて思うのは「継続は力なり」
というのは本当であるということです。

でも、そんなことはみんな知っていますよね。
継続していくことの難しさは感じていると思います。

では、どんな風にしていくと継続できるのでしょうか?

ひとつは、簡単なことより、
今までの自分より少し上のレベルに挑戦することです。
目標設定を自分が頑張れば出来るくらいの物にしておくことです。

少しでも確実に毎日やっていくことで「自分が頑張った…」
という感覚があれば、毎日が続くと思います。ぜひ頑張ってください。

そして、この時期にやっておいて欲しいことが
気持ちを決めるということです。

この気持ちの大切さは先日の柔道の日本予選でいい例がありました。
それは、オリンピック4連覇がかかっていた野村選手が
日本代表の選考試合で負けたときのインタビューで

「自分の心に、自分が勝つやろという慢心があった。
柔道家としてやってはいけないことでした…。」


といっていました。

これは受験においても同様です。
心に隙があったのではどんなに実力があっても
力が発揮できないことも多くあります。

今は、皆さん新学年になって気持ちが充実していると思います。
今のこの気持ちを大切にしながら、
今年一年がいい年が送れるように頑張ってください。






(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)




| 受験生 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「名古屋メシ」 ブログネーム.徳川ナナちゃん

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


本日は読んでいると
お腹が空いてきそうな名古屋自慢をどうぞ♪

【第983回】

徳川ナナちゃんのプロフィール



こんにちは♪


2回目です。今回は、名古屋のご当地グルメ
通称「名古屋メシ」について書いてみましょう。


名古屋メシと言えば、味噌カツ・味噌煮込みうどん・きしめん
あんかけスパ・ひつまぶし・天むす・手羽先・ういろう…etc.

しかし実際には、地元の人が食べていないものが多々あります。


この中で、おそらく最も多くの人が食するのが、
「味噌カツ」だと思います。
味噌カツとは、文字通りトンカツに味噌だれがかかった物です。
お店によっては、味噌が別の器についてくる場合もあります。


味噌カツで有名な「○○とん」さんのお話では、
昭和20年代初頭(戦後で物が無い時代)屋台で何気なく食べていた
串カツを“どて鍋”(名古屋では豆味噌でもつを煮込んだもの)
のたれにドボンと浸して食べてみたら、「こりゃ~美味い!!」
で始まったらしい。


今日の多くでは、当時のようなしゃびしゃびのソース
(「○○とん」では現在でも当時のソースです)ではなく
豆味噌と砂糖と酒or味醂を合わせて作られた
艶がありトロッとしたソースが主流だと思います。


ここで、決め手となるのは、味噌です。味噌煮込みうどんもそうですが、
「名古屋メシ」は、味噌無しでは語れないほど重要な調味料です。
名古屋の人は、トンカツ以外にも、おでんや豆腐にも味噌ダレをつけます。


この味噌というのは、豆味噌すなわち八丁味噌を指します。
名古屋…いや、正確に言うと三河(岡崎市)で造られています。
これは、戦国時代三河武士が作り始めました。
長期保存に耐えられ、持ち歩くのに便利で栄養豊富な食材です。


三河武士が強かったのは、この味噌のおかげと言い伝えられています。
現代においても豆味噌パワーで強く元気でありたいものです。


ちなみに、名古屋大学の学生食堂にも、みそかつがメニューにありますよ。
なかなか、他地域の人には、受け入れがたいようですが、
名古屋に来られた時、一度はお試しあれ。







(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)






| ちょっとコラム | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「覚悟決まってますか?」 ブログネーム. ピーナッツ畑でつかまえて

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


その「覚悟」が、
きっと良い将来を約束してくれることでしょう。。。

【第982回】

ピーナッツ畑でつかまえてのプロフィール



この時期生徒さんからよく尋ねられるのが、

「今からでも○○大学間にあいますか?」

ということです。


そう聞かれた時僕はいつもこの話をするのですが、

実は僕の生徒で、

第一志望の大学に「間にあった」生徒さんに共通する、

あるひとつのパターンというか黄金律が有るんです。


それは「覚悟を決める」ということ。


覚悟というのは

「自分にとって嫌な事に、きちんと向き合う」

ということです。


実は、志望大学を決めるということは、

「その大学に受かる為に必要な嫌な事に、
きちんと向き合ってこなす、という覚悟を決める」


という事なんです。


僕の生徒で第一志望に合格した生徒さんは、

皆この覚悟が決まっていました。


確かに、ほとんどの高校生にとって勉強は嫌な物でしょう。

やらずに済むならやりたくないというのが本音でしょう。


でも勉強をやらずに志望大学に受かった生徒はいないし、

また志望大学に受かった生徒の全てが勉強が好きだったわけではない。


彼らはただ覚悟を決めていただけなんです。

自分にとって嫌な「勉強」というものに、

きちんと向き合ってそれをこなす、という覚悟をね。


志望大学と自分のレベルの差を埋める勉強量と

きちんと向き合うことができますか?

志望大学と自分のレベルの差を埋める勉強量を

こなすことができますか?



もしかしたらそれは一日3時間分の量かもしれないし、

10時間分の量かもしれない。

その量はその人の今のレベルと、

志望する大学が要求するレベルによって、それぞれ違うでしょう。


その量ときちんと向き合って、その量をこなすことができれば

「志望大学に間にあう」でしょう。

その量と向き合うことができなけば「間にあわない」でしょう。


だから重要なのは「今から間にあうか?」ではなく

「覚悟を決められるか?」なんです。


あなたは覚悟決まってますか?





(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)






| 受験生 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『合格者が残した名言集1』 ブログネーム. Mikawa受験指導部

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


本日は、合格した先輩方からのアドバイス!
是非、参考にしてください!!

【第981回】

Mikawa受験指導部のプロフィール



やりたくはなかった。
けれど、やらなければいけなかった。
だからやった。
ただそれだけのことです。
(by Y.Sくん名古屋大学合格)
 
*部活を引退してからはいつもJPCで黙々と勉強していた彼。
 
彼からの弱音や愚痴は、ほとんど聞いたことがありません。
 
「こいつ、強いなぁ」と感心してました。
 
だけど本心は、弱音吐きたい、もういやだ、やりたくない…、
 
そんな弱い自分と戦っていたんだと彼の合格体験記を読んだときにはじめて知りました。
 
涼しい顔してそつなくこなす人っているけれど、本当は誰よりももがき苦しんでいるのかもしれませんね。
 
彼はまさにそんな人だったのです。
 
 
今は、人生かかってます。
今諦めるということは、これからの人生全てを諦めるということです。
諦めることはいつでもできます。
だけど、諦めずに頑張り続けることは今しかできません。
(by Y.Mくん愛知教育大学合格) 
 
  *彼は小さいとき(小学校5年生)から学校の先生になるのが夢でした。
 
高校生になった彼は元気で明るく心優しい青年に成長していました。
 
でも、先生はそれだけじゃなれません。
賢くなければいけないし、強くなければいけない。
 
多分彼は、「あきらめないことの大切さ」を大学受験で学び、強くなったと思います。
 
 
なかなか上がらなくても、自分を信じて頑張れば、最後にきっと効果が出ます!!
(by M.Kさん愛知大学合格)
 
*頑張っているのに成績が上がらない。
 
それどころか最後の模試だったのに一番悪かった…
 
センター試験1ヶ月前に彼女は泣きながら電話してきました。
 
1時間愚痴って弱音吐きました。
 
でも、そんなことをしてみたって結局何も変わらないことを悟り、
 
「頑張ります」と電話を切り、勉強を再開。
 
そしたらセンター試験では奇跡が起こりました。
 
なんと、過去最高記録の点数を叩き出し、最後の模試試験から比べたら200点上がっていました。
 
そこからこの名言が生まれたのです
 
 
いろいろ悩んだんですけど、結局、文1で出しました。
カッコつけかもしれないけど、もし文2とか3で出して受かったら、
逆に「だったら文1で出しても受かったんじゃないのか」って後悔すると思うんです。
だから文1で出してダメなら潔く散ろうと思います。
(by T.Mくん東京大学合格)
 
*「将来は政治家になって堕落した日本を変えてやるっ!」というでっかい夢をしょっていた彼。
 
その夢を叶えるため勉強も頑張ってきました。
 
最後の模試ではA判定も出しました。
 
だけど、センター試験本番では、数学2Bでまさかの58点をとってしまい、第一志望の東大文科1類はD判定。ちなみに文科2類はC判定、文科3類はB判定でした。
 
だからまわりには「文科1類はやめて2類か3類にしたほうがいい」とかなり言われたらしいです。
 
でも、そんな彼に担当者は、「結果は全て自分に降りかかる。後悔しない選択をせよ」とアドバイス。
 
その結果彼が出した結論が、「最後の最後まで足掻いてやる」だったのです。
 
そして、彼は見事「東京大学文化1類合格」を勝ち取りました。
 
「男は度胸」とはまさにこのことです。
 
 
3年生になってからはじめようと思っても、実際はかなりのハンデを背負います。
早いうちからコツコツ勉強するのがやはり理想的です。
(by M.Hくん名城大学合格)
 
*3年生になって本格的に勉強を始めてから気づいた現実。
 
「やばい、思っている以上にやること多いよ…」としょっちゅうぼやいていました。
 
「僕の二の舞を踏まないでください」という後輩思いの彼が生んだ名言です。
 
 
 
とにかく基礎があれば、どんな応用でも練習すればできるようになります。だから基礎事項だけは100%覚えてください。
(by K.Yくん東海大学合格)







(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)






| 現役合格者の声 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「四天王」 ブログネーム.出世城のみかん娘

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


四天王といえば!
ペ・ヨンジュン、ウォン・ビン、張東健(チャン・ドンゴン)、李炳憲(イ・ビョンホン)
おっと失礼、これは韓国四天王の方々でした・・・。
本日は、それとは違う四天王についてのお話です♪

【第980回】

出世城のみかん娘のプロフィール


 さてさて4月になり、桜も美しい季節になりました。高校生の皆さんは、新たな学年になり、気持ちを新たにスタートを切る時でもありますよね。頑張りましょう。

 ・・・かく言う私は、「杉本彩も夢中!」というコアリズムでくびれを作ろう!という計画を立てましたが、4月に入ってまだ1週間ほどしか経っていないにも関わらず既に挫折してしまいました・・・。だって、意外と腹筋を使うんでお腹が痛いんだもん・・・。

ということで、今回は一度決めた計画を継続し続けることができるように、自分に厳しくなりましょう!!!

では、さようなら。

≫ 続きを読む

| ちょっとコラム | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「うさぎとかめ」 ブログネーム.高崎はるな

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


イソップ童話でおなじみの「うさぎとかめ」。
いろいろと教訓になる要素がありますね。。。

【第979回】

高崎はるなのプロフィール


とある生徒の話です。
彼女はこの春から大学生になりました。


彼女には、高校生活での後悔がありました。
それは、第一志望の高校に合格したことに満足して、
立ち止まってしまったこと。

高校生活の中で落ちこぼれていった彼女は、
ある日、模試の結果に愕然としたそうです。


それ以来、同級生が中ダルミする中、
彼女はひとり大学受験に向けた勉強をスタートしました。


校内200番台から10位まで成績を上げた彼女。
それでも彼女は、休むことなく走り続けました。


模試の結果に一喜一憂するクラスメイトを横目に、
常に自分の弱点の発見・克服に徹した彼女。


センターの英語では、焦る人たちを見て

「これはチャンス!」
と気持ちを切り換え、目標だった90%をクリア。


しかし。第一志望は不合格
憧れだった大学に向かって、今までずっと走ってきたのに・・・・


「彼女のことだから、きっともう一年走り続けるのだろうな・・・」

私は勝手にそう思っていたのですが、
彼女の選択は、意外にも併願校への進学でした。


「目指す資格の取得率は、
第一志望の大学と併願校では変わりがないんです。
大学の名前では負けるかもしれないけれど、
資格を活かして就職活動で勝ちに行きます!」


彼女のゴールは、私が想像していたよりずっと先にありました。


「高校受験では、受験がゴールになってしまって失敗したから・・・」

そう言う彼女の目には、将来の自分像が活き活きと輝いているようです。


うさぎは、かめを見て走った。
かめは、ゴールを見て走った。


彼女は、ゴールのその先へ。


あなたは、どこを見て走りますか?





(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)





| とある受講生 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『大学は通過点』 ブログネーム.ウド鈴木

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


今年度、大学を卒業した、
社会に羽ばたく多くの元受講生の皆さん!!
いよいよ学んだことを活かす時がやってきましたね☆

【第978回】

ウド鈴木のプロフィール


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日から新学期スタートの学校も多いですね。

新3年生は、受験生としてより自覚できる時期じゃないでしょうか。

新2年生は、部活や学校行事の中心になるね!

ますます燃えて学校生活を送っていこうね(^^♪

そういえば、つい1週間ほど前に・・・

≫ 続きを読む

| 卒業生 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「魅力と眠気」  ブログネーム.三ツ星

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


勉強していて、どうしても眠気に勝てない時ってありますよね。。。
皆さんは、眠くなったときはどうしていますか?

【第977回】

三ツ星のプロフィール



「ジュンイチくんは今どのぐらい勉強してるの?」



「はあ、2時間ぐらいです」



学校の成績も10段階で平均7-8ぐらい。



「その勉強時間も予復習だよね?」



「そうです」



きちんと予復習していればテストで悪くても平均点並の点数は取れるし、提出物も出していればこのぐらいの成績はもらえるだろう。



「ジュンイチくんは将来ロボット作りたいんだよね?」



「はい!」



自信満々に答えるジュンイチに、僕はもう一度問うた。



「その夢にかけられる勉強時間が1日当たり2時間ってことなんだよね?」span>



「…はい、いいえ、その…」



しゅんとした。させてしまった(笑)



「いやいや、僕に謝らなくていいよ。それが自覚できただけでも大発見じゃない? ジュンイチくんはこの発見に満足できる?」



眉根を寄せてジッと見つめると、ジュンイチはうつむいた。



「やってないと思います。満足してません」



「そうか。わかった。じゃ、その流れで続けようか」



僕が勝手なジャッジをしても仕方ない。冷たいようだが、受かるのも落ちるのもジュンイチ自身の問題なのだ。その気も無いのにヤレヤレと励ましてもプレッシャーになるだけだ。



「満足してないということは、もっと頑張れるってこと?」



ジュンイチはさらにうつむいて黙りこんだ。



「まあまあジュンイチくん。せっかく2人で話してるんだから、僕のことも役立てようよ」



僕はジュンイチに優しく声をかけ、メモの用意をした。



「聞きたいのはさ、現実問題としてジュンイチくんに割ける時間はあるのかってことじゃないかな?」



僕はジュンイチの1日のスケジュールを聞きだした。遠い上に家からのアクセスも悪い。この2時間というのもできる限り割いた時間というのがわかった。



「やっぱり睡眠時間を削った方がいいでしょうか?」



常日頃「しっかり寝ろ」と言ってる身でもある。できるならそれは避けたかった。



一か八か、試そうと思った。



そう、まだ自分自身でも試してないものがあるのだ。



「睡眠時間の削り方がひとつあるんだ。けどジュンイチくんさ、まだ試してないから効果とかリスクとかきちんと伝えられないんだけどいいかな?」



「はい、お願いします」



ジュンイチに伝えたのは最近読んだ本の話だ。



その人は若い頃に多額の借金を背負い、常人の8倍働いて半年で返したという。



すごいのは労働量もある。しかし、その生活ぶりはもっとすごかった。



「この人ね、半年間横になって眠ってないんだって!」



「へえ! ほんとですか!?」



「本当かどうかはわからないんだけど、本にはそう書いてあったよ」



「何をやったんですか?」



「うん、2時間おきに眼帯を交互にはめただけなんだって」



「…それだけですか?」



「それだけしか書いてなかったよ」



僕はまだ試してないが、専門家に聞いてみてはいる。



「薬局で聞いてみたんだ。するとね…」



よく行く薬局のおじいちゃんの話としては、眼帯をはめてない方の目にすごい負担がかかるんだそうだ。最近では眼科医でも眼帯なんか勧めないんだとか!



まず、短期間で視力が激落ちするぞと。



けど、それを抜きにして語れば、わかる理屈ではあるとの仰せだった。



「実は自分でも試そうと思って買いに行ったんだけど、どうせなら海賊みたいにカッコイイやつを買おうと思ったら薬局じゃそういうのは無かったんだよね(笑)」



あたりまえだ。



ジュンイチはしばらく考え込んでから、1人でうんうんうなずいて帰っていった。



僕もいまだに悩むんだけど、そのリスクを考えてもなお、魅力的なプランなんだよなあ。









(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)





| 高校生 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「新学年を迎える皆様へ」 ブログネーム.たこ焼き母さん

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


いよいよ新学年が始まりますね!
心機一転して勉強に励んでいきましょう!!

【第976回】

たこ焼き母さんのプロフィール



3年生が卒業してしまいました。
あんなに受験、受験と言っていたのも、
過ぎてしまえば夢でもみていたかのよう・・・。

そして、それぞれの道をあゆみ始めました。
たくさん悩みました。たくさん悔しい思いをしました。
たくさん笑いました。そして泣きました。

苦しかったことのほうが多かったけれど、
みんな受験というものを経験して、自分で道をきりひらきました。

「結局自分のことは自分でしかどうすることもできない。」

これが答えだと思います。

自分の夢を他人に叶えてもらうことはできないし、
自分でなんとかするしかない。それを実感すること。
受験を通して体得する感覚。



新3年生へ

≫ 続きを読む

| ちょっとコラム | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「サクラ サク」  ブログネーム.肥後椿娘

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


2008年度受験も様々なドラマがありました。。。
2009年度受験も様々なドラマが生み出されることでしょう♪

【第975回】

肥後椿娘のプロフィール



さぁ、4月はみんな新しい出発の季節ですね。

新学年の準備はできましたか?

今私は、今年の卒業生たちが残してくれた

合格アンケートや体験談を読み返しています。

いろいろな思い出が頭に浮かんできます。

本当にかわいい生徒ばかりです。



たくさん紹介したいのですが、

今日はその中の1人の卒業生を紹介します。


A君は3年生の夏休み半ばくらいまで部活をしていました。

本格的に受験勉強を始めたのは3年生の2学期が始まってから。

もちろんそれまで、勉強なんてほとんどしたことありません。

でも、夏以降は毎日JPCへ自習しに来て、黙々と取り組んでいました。

そして迎えたセンターですが、

ボーダーには程遠い結果。前期・後期共にE判定でした。

彼の志望はその大学のその学部学科のみ。

これは1度も変わったことの無い彼の強い意志でした。

センター後、彼は当たり前のようにその大学へ向けて勉強し続けました。

しかし、前期の結果…ダメでした。

前期の発表の後、後期までは時間がありません。

その間彼はJPCへは来ませんでした。

そんな彼が、後期の試験が終わったその日、ひょっこり顔を出してくれました。

すごく晴れ晴れとした顔をしていました。



「受験の中で、
最も大切なことは最後まで諦めないことだと思います。
そしてその最後まで諦めない強い精神力を持って
受験勉強などに取り組んでいくことが、
自分自身の為にもとても重要なことであると思います。
(体験記より)」




彼にセンターの結果が出た後、

どんな気持ちで勉強を続けていたのか聞いてみました。

彼は

「今までの合格者最低点よりはよかったから、ましかなと思ってた」

と言いました。

どんな状況下においても、前向きな気持ちを持ち続け、

進んで行くことの大切さをまた改めて感じました。



さぁ、今度はみんなの番です。

来年、再来年、みんなの「サクラ サク」楽しみにしてます。







(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)




| 卒業生 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「春」真っ盛り! 桜も満開!   ブログネーム.博多山笠女

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


「出会い」と「別れ」の季節ですね。。。
そして、私たちにとっては、
卒業した生徒一人一人の顔を思い浮かべながら、
受験勉強を通して、意味あるものにする術を与えられたかを
問い直す季節でもありますね☆

【第974回】

博多山笠女のプロフィール


桜の花びら舞い散る季節が今年も又やってきました。

毎年この時期になると
嬉しいやら、切ないやら
切ないやら、嬉しいやら・・・(*^ー^*)

自分でも時々笑っちゃうくらい
浮き足立っちゃってるんですね(=^▽^=)

ついこの間まで、毎日何件も、
受講生の皆さんから「受かりました!!」って
喜びの声の電話が来ていた時には、
私も思わず興奮しちゃって、

「よくやった!!」

「おめでとう!」

ってめちゃめちゃ叫んだりして、
あまりの声の大きさに
まわりの指導員からうるさがられるぐらいに
嬉しいもんです(^o^)

毎年感極まって
生徒と一緒に泣いちゃったりもしちゃいます(^ー^;)

でも・・・
『合格=旅立ち』でもあるんですよね・・・・・

いつも皆の顔を見ていたのに
皆、旅立って行っちゃうんだなあ~って思うと
なんだかとっても寂しい気もするんですね(*^ー^*)

ついこの間まで蕾(つぼみ)さえ無かったかのごとくに
見えた桜の花が、一斉に咲き乱れるかのように


この1・2ヶ月の皆の成長ぶりには、
毎年、毎年の事であるにもかかわらず、
驚かされるばかりの私です。

眩しいくらいに輝いている、君たちの顔を見るたびに
なんだかとっても誇らしく思える今日この頃・・・・・

この喜びや切なさや、寂しさや、それから、
感謝や、君たちを誇らしく思えるこの気持ちが
私の心にたくさんの『襞(ひだ)』を作ってくれます。

一番待ち遠しいのが『春です(^o^)

この仕事やってて、一番待ち遠しいのが『春です!

そして・・・・・

一番切ないのが『春です。
この仕事やってて、一番寂しい気持ちがする『春です。


桜の花びらが散った分だけ、
たくさんの想いが、心に積もって、―

きっと、
そんな風な事の繰り返しが、
人を成長させていくんでしょうね(=^▽^=)



おっと!!
あんまりセンチメンタルに浸っている暇はないんですよネ。


だって、この春に新3年生になったばかりの生徒たちが、
「そろそろ、本腰入れるかなあ~!!」って
きっと思っているはずですからネ(^o^)

さあ、今から扱く(しごく)ぞ!3年生!!
覚悟しなさいね(^ー^)


一緒に、来年の『春に向かって、走り切ろうね!


Fight!!






(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)




| 受験生 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「レディ、セット、.」 ブログネーム.®小倉日記☆

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


新3年生の受験生の皆さん!
用意はOKですか?

【第973回】

ブログネーム.®小倉日記☆


暖かく過ごしやすくなってきましたね~。
ここ小倉では、
もう少しでサクラが見ごろを迎える頃となりました。


先日、この時期恒例の「受験お疲れさま会」を開き、
学生チューター君や卒業生と
楽しいひとときを過ごしました。
(入学準備等で都合あわなかった人達、
すまんのぅ、またね!)

 
メンバーには、もう一年リベンジ組がいて、
合格組から、こんこんと受験の心得を伝授されていました・・・
これが私より辛らつで(苦笑)。
その先頭で力説していたのは、
誰より実力があるのに本番に弱く、本命大学からフラれて2年。
誰より努力し続けて、
こだわった医学部に今期合格を果たしたT君でした。


もちろん、現役合格に越したことはないし、
そこに向かって、みんな全力を注ぐわけですが、
入学試験は、一期一会。
非情なまでに、待った無し、です。
そのプレッシャーたるや!


推して知るべし・・・ではなくて
「入試対策セミナー」での合格体験談もそうですが、
経験者から実際に話を聞くことも
受験勉強のうちなのかもしれません。

 
来年の春も笑顔で迎えられますように・・・


さぁ、今期受験生!

覚悟はよろしくてっ!!






(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)




| ちょっとコラム | 09:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

2008年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年05月

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。