爆勝(笑)☆大学受験奮闘記

JPC日本プロデュースセンタースタッフブログ

2008年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年03月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「一歩動けば出逢いが動く」 ブログネーム.肥後椿娘

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


本日は、4年に一度のうるう日ですね。。。
ふと4年に一度、誕生日が巡ってくる方もいるんだなぁと
妙に感心してしまいました♪
誕生日のお祝いもオリンピック級でしょうか!?(笑)

【第942回】

肥後椿娘のプロフィール

2月ももう終わりです。3年生は卒業ですね。
まだドキドキの発表待ちという人もたくさんいると思いますが…。

今日はみんなに1つをお届けします。



「一歩動けば出逢い(チャンス)が動く」

≫ 続きを読む

スポンサーサイト

| 格言/ことわざ/詩 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「バーチャルとリアル」 ブログネーム.博多山笠女

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


「バーチャル」な生き方と「リアル」な生き方。
あなたは、どちらを選びますか?

【第941回】

博多山笠女のプロフィール


皆さんはMMO(Massively Multiplayer Online)
と言うオンラインゲームをご存知ですか?

数百~数千のユーザーが
一つの空間を共有するような形態の3Dゲーム
です。
ユーザーが創造し参加することにより、成り立つ
オンライン3Dの仮想世界です。

こんなキャラクターになってみたい、
あんな場所を作ってみたい。
世界中から人が集まるイベントを開催してみたい・・・
現実にできることから夢でしかできないことまで、
ありとあらゆることができるのです。

そのゲームの中の仮想世界では、
経済的取引を統括する仮想市場があります。
ただ、中には仮想市場でありながら、
現実世界のリアルマネー(米ドル)に
両替することが可能
です。

このMMOへの入口は、
まずユーザーがアバタ(化身)と呼ばれる、
自分の分身を作ることから始まります。
そして、そのアバタと共に、仮想世界に入っていくんです。

この仮想世界の中で不動産を購入して
豪邸を建てる事も、ショッピングモールを建設して
リアルマネーを得る事も、映画館やコンサート会場、
高級ブランドショップ等もあり、仮想世界での出来事で
リアルマネーを払ったりしているのです。

この国境のない仮想世界に今や世界中の
何百万人という人々が参加
をし、
ユーザーは日々ものすごい勢いで、増え続けているそうです。


このMMOの存在をつい最近知った私は、
もしかしたら、世の中で随分遅れた存在なのかもですが、
初めてこういう事が世の中で起こっていると知った時は、
かなり驚愕しました。

バーチャルな世界の中で多額の商品や不動産の売買が行われ、
リアルマネーが動いているんです。

賛否両論あるでしょうが、バーチャルゲームにはまり、
飲み込まれ、現実が見えなくなって、どこからが現実で、
どこからが仮想なのかわからなくなっていく・・・


米国では、「TVゲーム依存症」になり、
ゲームがやめられなくなって、死に至る青年がいる―
これも又、事実なのです。

人は皆、「想像」する生き物です。
人は皆、こんな事ができたらなぁ!あんな事やってみたい!
こんな物があったら便利なのに!!そんな空想に
夢や希望をふくらませ、失敗や挫折を繰り返し
それでも、その夢、希望を捨てなかった人たちだけが
『成功』という扉の鍵を開けるのですね(^ー^)


20世紀の始めに、アインシュタインが発明した、
相対性理論が引き金となって、原子爆弾が発明され、
たくさんの人の命を奪いました。

偉大な発明家アインシュタインは、
この発明を世におくった事を、大変後悔したそうです。


定期テストに悪戦苦闘している君。
国立2次試験にまっしぐらな3年生。
部活に燃えまくっている君も(^o^)
もちろん帰宅部のあなたも(*^ー^*)


この・・・(続きを読むをクリックして下さい↓

≫ 続きを読む

| 教育 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「咲く咲けサクラ」  ブログネーム. ®小倉日記☆

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


きっと、
合格というサクラも咲き乱れることでしょう♪

【第940回】

®小倉日記☆のプロフィール


このところの厳しい寒さや強風、
珍しく雪が積もる地域があったり、
天候が荒れて大変ですね・・・
皆さん、この冬も元気で過ごしてますか?

受験生、入試お疲れさま!
1・2年生、学年末テストお疲れさま!
 

今日は、ちょっと幸せのおすそ分けを♪

ここ、小倉のオフィスでは、
一足先にサクラ、ではなくて
幸福の木(ドラセナ)の花が咲いたんです~!
これって、珍しいことらしく、
さらに、うちにある2株ともなので、嬉しさも倍増!!
夕方から、強く甘い香りをただよわせて
白いつぼみが開き始めます。

特にがんばった今年の受験生たちへのエールかもね。
(実際に拝んでるヤツもいました・・・

あと少し!!
春は近いぞー!!!
FIGHT!!






(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)





| 受験生 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「まだ終わっていない」 ブログネーム.兼六園子

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


人生とは!
終わることのない闘いかもしれませんね。。。

【第939回】

兼六園子のプロフィール


私立大学の発表が続いていますが、
金沢の生徒も健闘してくれています。
その中でA子ちゃんの事について。


A子ちゃんは、
中学3年生の卒業時期に入会した生徒です。
というのもA子ちゃんのお兄さんが
JPCの卒業生という事もあり、
いつか自分もJPCでやるのだろう
という事を思っていたそうです。

入会は中学校卒業の時期でしたが、
高校1年生になると同時に勉強を開始。

開始といっても1年生の時は、
学校の勉強と部活動で精一杯という事で
電話連絡を中心にゆっくり、ゆっくり進めていました。


2年生に入ると
学校の定期考査が近づくと指導部に顔を出し、
自習をしていくようになりました。

夏休み頃になると
定期的に顔を出す様にはなっていましたが、
自習をしに来るというより
友達の家に遊びに行く感覚で来ているという感じでした。

話しをして帰るか、
少しだけ勉強して帰るという日々で、
当時の3年生が必死で勉強している姿を見て
圧倒されている様でした。

中には当時の2年生もいましたが
自分とは次元が違うと言っていましたので・・・

家では勉強が出来ないと言っていたのに・・・
大丈夫なの???と不安でしたが・・・

こんな感じで時が過ぎて
去年のセンター試験が終わった頃から
そろそろやらないとと言って
毎日進学相談室で20:00迄自習をして
それからここで仲良くなった生徒と一緒に
指導部へ移動して自習をするという習慣をつけていました。

電話・FAX質問も最初は
何をどういう風に質問すればいいか
わからなく恥ずかしがっていましたが
いつの間にか普通に利用して、真剣に取り組んでいました。

もともと私立大学志望なので科目を絞り、
志望大学がありましたが志望大学の勉強ではなく、
センター試験で点を取るという事を中心に
勉強を進めていきました。

始めは、絶対無理と言いきっていた大学が
いつしか行けたらどうしように変わっていきました。


そしてセンター試験では・・・


≫ 続きを読む

| 受験生 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『いつになったらやるの?』 ブログネーム.とちぎのおとめ先生

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


思い立ったら即行動!!ですよ♪

【第938回】

とちぎのおとめ先生のプロフィール

3年生のみんな、
国公立二次試験はどうだったかなぁ?

手応えのあった人も
なかった人も
結果が出るまでどうなるかわからないから
気を抜かないようにね。

そして
後期試験や私立試験に向けての勉強を
スタートしようね。

「結果が出てからでいいや」
って思っていると、出遅れるからね。

それと
1・2年生のみんな、
あと1年・2年あるからって
安心してないかなぁ?

あっという間に本番が来るからね。

みんなの先輩たちがよく言うのが
「もっと早くから受験勉強をスタートしていればよかった」
って言うセリフ。

このセリフは毎年聞くんだよねぇ。

だから毎年1・2年生に
「早く受験生になろう」
って言うんだよね。

「明日から、がんばります!!」
「○○テストが終わってから、がんばります!!」
「部活が終わってから、がんばります!!」
って大体の生徒は言うんだよね。

「いつからがんばるんだぁ~!!」
って感じだね。

「明日は、明日こそは」と、
人はそれをなだめる。
この「明日」が、
彼を墓場に送り込むその日まで。

(イワン・セルゲーエヴィチ・ツルゲーネフ)

1年・2年経つのは早いよ!!

「焦れ!!」とは言わないけど、「急げ!!」

「明日から」じゃなくて、
「今日から」がんばろうよ!

V(≧∇≦)v イェェ~イ♪




(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)




| 高校生 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『3月』 ブログネーム.姫路城穴子姫

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


さあ、泣いても笑っても、
国公立受験シーズンに突入です!!!

【第937回】

姫路城穴子姫のプロフィール

冬が過ぎ、気が付けばあと1週間で3月ですね。
私立大の合格発表後、進路が決まった人も
まだ決まっていない人もいると思います。

そして明日はいよいよ国公立大の前期試験日!!
全国の受験生頑張って!!

この時期になると1年前を思い出します。

3年生になる生徒たちが進路で悩み、
受験勉強を真剣に取り組みはじめる生徒や
さぼってしまう生徒、志望校・学部が決まらない生徒、
勉強のやり方に困っている生徒、
自分で目標をたてて実行していく生徒、
苦手科目と闘っている生徒、
あげればきりがありませんが、
アドバイスをしながら計画をたて、
受験に負けるなと思いながら相談にのりながら、
センター試験が過ぎ、私立大の入試が過ぎ、
そして国公立大の入試!!

そんな1年間を思い出しています。(^o^)

長かったような・・・
短かったような・・・
生徒にとったら長いでしょうけど(^_^;)

受験生たちもそんな1年を思い出して、
明日の試験に臨んで欲しい
ですね。

今までの努力を思いっきり発揮してきて欲しいです。

自分を信じて実力を出しきってきて下さい!!

みんなの今までの努力が
良い結果につながることを信じています





(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)




| 受験生 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『いよいよ!』 ブログネーム.Kobe Collection?

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


これまで目標としてきた
志望大学受験日がもう目の前に来ています。
しっかりと最終確認をしておきましょう♪

【第936回】

Kobe Collection?のプロフィール


いよいよ
国公立の二次試験が二日後に迫ってきました。
受験生にとっては、センター試験以降、
願書の出願、私立大学の入試、
合格発表などで忙しい日々を過ごしてきたことでしょう。
国公立志願者にとってはここが本番。

少々乱暴な言い方ですが、
結果が出るまでは、どうなるかなんてわかりません
例えセンターの結果が思うようにいっていない人も、
その逆に、センター試験の結果が予想以上だった人も。


自分がどういう状況にあるにしても、
自分自身が今までやってきたことを信じて、
試験で全ての力を出し切って来れるかどうか。

結果はすべてそこにかかっています。

ひょっとしたら後期にまわることになるかもしれない。
私立の後期入試を考えている人もいるかもしれません。

いろんな不安があるのは承知の上で、
あえて、その結果を考えるのはやめましょう。
いくら考えてみても、考えたところで
結果が出るわけではありません。

目の前にやって来る前期試験で
自分が持っているすべての力を出し切ってくること。
今考えるべきことはそれだけ
です。

それ以外のことはしばらく忘れて、自分を信じること。
自分の持っている全ての力を出し切ってくること。
それだけを考えて、自分自身と闘ってきてください。

そして、前期試験が終わった瞬間から、
後期試験に向けての勉強をスタート
しましょう。

不安でも、苦しくても、
最後まで決してあきらめることなく闘いぬいて
笑って春を迎えようね。




(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)




| 受験生 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「これから先…」 ブログネーム.讃岐大使うどんのすけ

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


茨の道に見える厳しい道は、
平坦な道よりもきっと、逃げずに立ち向かうことで
自己を鍛え、成長させてくれる道になります!!!

【第935回】

讃岐大使うどんのすけのプロフィール

 2次試験にむけて3年生はラストスパートですね。この時期一番気をつけて欲しいのは体調です。インフルエンザ・風邪だけは引かないように、温度湿度には注意してくださいね。


 さて、先日生徒指導部にセンター利用の推薦入試で国立大学に合格した生徒が、合格体験記を書きに来てくれました
 目の前で合格体験記を書いてもらう時というのは、格別の楽しさがあります☆


 この女の子は、とにかくテキストをしっかり学習していた生徒でこちらがびっくりするくらいでした。赤本にも積極的に取り組み、生徒指導部をフル活用していました。

 いつも明るく元気で、一緒に居ると本当に楽しい子で。でも合格発表の日、なかなか自分の受験番号が掲載されていることに実感が持てず、生徒指導部のスタッフにも何度も確認してくる様が印象的でした。

 合格体験記を書いてもらうのと同時に、記念写真も撮影しました。学校の制服を着るのもあと少しだけ、とかどんなところに住むのか、などいろんな話をしながら。これから先、この子がどういう大学生活を送るのか、どういう人生を歩むのか。とても楽しみです。


 今回は見事合格を勝ち取った受講生の話でしたが、もちろん思い通りの結果を出せなかったという報告もあります。

 人には「この時期に楽なほうに逃げてしまっては絶対にダメだ」という転機のときが必ずあります。大学進学を考える生徒にとって、まず最初に頑張らないといけない時期って、“大学受験”のときだと思います。人間、一度「努力から逃げるクセ」「諦めること」を覚えてしまったら、その後の人生で物事を簡単に諦めるようになってしまう

 そんなことのないように、どんな結果も真摯に受け止めること、次のステージに向かって諦めずにすすむ強さを、この“大学受験”を通じて身につけてほしいと思います。




(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)




| 高校生 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『最後まで諦めないこと』 ブログネーム.岡山桃っ子

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


年を取るイコール「老化」ではなく、
「進化!」と思って生きて行きたいものですね♪

【第934回】

岡山桃っ子のプロフィール

皆さん、国公立前期試験まであと少しとなりましたね。
調子は如何ですか?

ここ岡山では、大丈夫かな?
と心配していた生徒達が結構頑張ってくれています。

その中でも快挙を遂げたある生徒の話を紹介し、
応援の言葉とさせてください。

彼は入会した時から
あまり自己主張をするようなタイプではなく、
我々の問いかけに対しても、言葉少なめに答える程度で、
将来の目標もなかなか決まらず、
お母様とお電話で話す機会があった時も
ご心配な様子でした。

ところが、3年生の秋、保護者様対象の
『裏方を楽しみま専科』という集まりを行った際、
お母様の発言により
彼の意外な一面を垣間見たような気がしました。

彼は文化祭で派手な格好で踊ったり、
にわか仕込みのキーボード演奏をした
そうなのです。


合格発表の日、
彼からなかなか連絡が入らないので、
恐る恐るメールしました。

それでもすぐには連絡がありませんでした。
忘れかけた頃、オフィスの電話が鳴り、

「合格してました」

と淡々と言うではありませんか。
最初に名乗らなかったので、
一瞬別の生徒かと勘違いしてしまったりして(笑)

実は彼は一度その大学を自己推薦で受け、
不合格だった
のです。

その後、別の大学に合格しましたが、
やはり諦められず、今度は学科を変えて再挑戦し、
見事合格を勝ち取ったのです!!


やはり受験は諦めないことが肝心ですね。


それに関連して、
私の大学時代の同級生の事が思い出されました。

彼女は大学時代最初から専攻の中国語を
頑張っていた訳ではなく、寧ろ卒業前ぐらいから
猛勉強を始め、中国語の通訳案内士の試験に

ナント8回目で(つまり8年がかりで)合格しました!

その後国際結婚をして中国上海に住んでいます。

現在の仕事は翻訳業です。その翻訳の仕事も、
インターネットで翻訳会社に履歴書を
200社ぐらいに送りまくり、
やっとポツポツ仕事が入るようになり、
今ではコンスタントに仕事が入り
〆切に追われる生活…と、
ちょっとした売れっ子作家のようです。

人間その気になれば不可能なことはないのです。

私も彼女を見習って、
錆付いていた中国語を最近やり直しています。
皆さんはまだ十代で、脳は柔らかいのですから、
50代のおばさんに負けず、頑張ってくださいねっ!!!




(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)




| 受験生 | 09:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「そのひとつの結果」 ブログネーム.長良川鵜飼

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


たとえマイナスな結果でも
プラスな解釈が「次」に繋がります!!

【第933回】

長良川鵜飼のプロフィール


最近、受験結果の報告が続々と集まってきています。

○○大学、受かりました!

報告する生徒が笑顔が想像できるほどです。


もちろん中には転戦報告もあります。
○○大学、だめでした。○日の○○大学がんばります。
強い決意を感じます。

どの報告もひとつの結果です。
それも長い道のりの、言ってみれば通過地点
42.195kmのフルマラソンの
途中の給水地点での順位をいくら語ってみても
優勝者が誰かなど誰にもわからないように
大学入試の結果がその後の人生にどう影響したかは
今の時点では不明
です。

しかし
合格・不合格はひとつの結果で、これは事実です。
この事実をみなさんはどう解釈しますか。
結局、受験という出来事を通して
自分の人生を豊かなものにするのか
それとも不幸なものにするのか
それはみなさんの今後の生き方しだいということです。

過去は変えられませんが
未来は変えられます。


どうかみなさんが目の前の事実のみに振り回されることなく
未来を見据えて幸福であたたかな道を進むことを
心から祈っています





(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)




| とある受講生 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「掴み取った合格」  ブログネーム. 三重伊勢エビちゃん

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


親子で掴み取った合格。
その合格は、かけがえのない思い出として
自分の人生の一部となり、生き続けて行くことでしょう。。。

【第932回】

三重伊勢エビちゃんのプロフィール


ある女の子の話です。

先日、第一志望の私立女子大学に合格したと
素敵な笑顔で報告をもらいました。

普段からとてもおとなしい子でしたが、
こんなに大きな声を出すのかと私が驚くほどでした。
私も担当もその姿と見て自然と涙が出てきました。



11月、ちょうどその子の推薦入試の翌々日のことでした。

その子から私の携帯に電話があり、

「父が亡くなりました」

と報告を受けました。

その子は気丈に振る舞っていましたが、
時間がたつにつれて気分が落ち込み
勉強にも支障が出てしまいました。

お母様と常に連絡を取り合いながら、
志望校に向けて励ましながら何とか合格発表を迎えたのです。

本人は心理学を志望しており、
人の為に生きたいと言っています。

辛い経験も乗り越えて掴んだ合格
本人にとっても大きな財産になったことでしょう。

その子を見ていると、
自分がまだまだ未熟だということも感じました。

受験生のみんなには私が常に教えてもらうことばかりです。

本当に感謝しています。




(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)




| とある受講生 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「夢から目標へ」  ブログネーム.芦屋令嬢

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


夢を叶えるために
具体的に動き出しましょう!

【第932回】

芦屋令嬢のプロフィール

皆さん、お元気ですか?寒いですねー!
この間、関西圏では久しぶりの大雪で、
一面銀世界の美しさに、ほーっとしました…

センターも無事終わり、二次を控えた3年生は、
赤本とにらめっこの日々を送っていると思います。

ここまで来たらやり切るしかありませんよねー!
あと少し残すだけです。
後悔や悔いのないよう最後まで諦めずやりぬいて下さい。

ニュースや学校で受験の情報が入り、そろそろ・・・
と真剣に考え出しているのが2年生ではないでしょうか?

そこで、今年の卒業生からの伝言です!

公募推薦は倍率が高く合格はなかなか難しいのですが、
今年多数の合格者が続出して、
皆、口をそろえて言う事は同じ!

「1日でも早く真剣に勉強に取り組む!」

ただ一言でした!

合格した人でも言うのですから・・・
本心からの伝言なのでしょうね・・

楽しい事ではないのでなかなか、
本気のきっかけが掴めない人が多いと思います。

でも待っていても何も聞けません・・・
興味のある学部の資料を集めたり、先輩の話を聞いたり、
春のオープンキャンパスに足を運んだり、
ぼちぼち前を向いて進んでみませんか?

きっと何か、きっかけになるものに出会えると思います。

長い人生にとって受験は、
本当に小さい事とこの年になってわかりましたが、
君達に伝えたいのは受験就職結婚は、
自分で決断して実行して欲しいと言う事です。

自分で決めた事は、
たとえ失敗したとしても、
反省はするが後悔は無いと言う事
です。

1年生も2年生も自分の人生、自分の将来です!
自ら考え、決断し、実行して欲しい!

出来れば最後は、何らかの形で世界や日本、
平和の為、人類、人の為に役立つ素晴らしい大人
成長してほしいと切に願います。

実際、我が卒業生も沢山の人が、
看護師介護士地球環境保全の仕事に携わったりと
色々な分野で輝いてくれています。

高校生活はあっというまに過ぎ去ります。
どうか時間を大切に、自分の夢を早く明確にし、
夢ではなく、目標に変え、一歩一歩確実に前に
自分の足で歩いて下さい。




(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)




| 高校生 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「もうすぐ春・・・」 ブログネーム.信州野沢菜子

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


もう少しで春ですね。
3年生にとっては、旅立ちの時が近づいてきています。

国公立入試まであと僅かとなりました。
ここからが勝負の分かれ道です!!

最高の旅立ちができるよう、ベストを尽くしてください!!

【第931回】

信州野沢菜子のプロフィール

私立の試験も前半が終わり、
もう合格してほっとしている生徒も
今の時期は沢山いるかと思います。

本当に「大丈夫かなぁ」と心配していた生徒も
「合格しました」と報告をくれてほっとしたり、
お母様から「本当に有難うございました。」
なんて連絡をもらうと、「あぁ、良かった」と胸にしみます。

今の三年生もまだ去年の今ごろ二年生で、
「さぁ、これから頑張ろうね。」
なんて声をかけていたのを思い出すと、
まったく一年というのは早いなぁと感じます。

あの子達がもう卒業していくのか…と。
最近まで一年生だったのに…なんてしみじみしますね。

まだ、国立が残ってたり、
私立も試験を受ける生徒もいますので、
まだまだ安心はしていられないのですが、
みんなやれることはやっているし、
「合格」にとらわれず、あとは生徒が本番で
今までの蓄積を発揮できることを祈るのみです。

自習室をのぞいてみると、もう疲れて寝ていたり、
半分寝ながら本を持っていたりする姿を見ると、
「可愛そうに…大変だなぁ…でも頑張ってね。」
と心の中でいつもつぶやきます。

私がこんなに感じるんですから、
ご両親はとてもせつないことと思います。

でも可愛い自分の子供ですから、
一番応援してくれています。

受験生活も人生勉強の一つですから、
ぜひ、苦難を乗り越えていってほしいですね。
乗り越えたときに、幸せや成長につながりますからね。

まだ結果が出なくて落ち込んでいる生徒もいますが、
沢山転んでも、踏まれても、飛ばされても、
雑草のように強い精神を鍛えてほしいと思います。

そして、頑張ったんだから、
正々堂々と世の中へ胸を張って
自信をもって旅立っていけばいいのです。




(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)




| 受験生 | 09:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『先憂後楽』 ブログネーム.眠らない街.小江戸川越

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


闘いは、もう始まっていますよ!!!

【第930回】

眠らない街.小江戸川越のプロフィール

4月には新しい学年になる現1,2年生の皆さん

受験はまだまだ・・・と思ってませんか?


皆さんに一刻でも早く気づいて欲しい言葉があります。

それは「先憂後楽」と言う言葉です。

ほとんどの子が何かを理由にして最初に楽を選んでしまい
そのしわ寄せが3年生になってから来ます


「好きなものは食べる、でも嫌いなものは食べない」
と言う発想でやってしまうと決して受験は乗り切れません。

もちろん苦しい時期もあります。
そんなときは私たちもバックアップして行きます。

努力をしたその後に待っている喜びを感じた時
今までの苦労は全部吹っ飛んでしまうでしょう。

楽しいのが一番!!
その気持ちは痛いほど良く分かります。

ただし、自分の人生長い目で見た時に
どの選択をしたら一番良いのか
いつも誰かに意見を委ねるのではなく
たまには自分で考えてみましょう


勉強だって工夫次第では
いくらでも楽しく勉強出来ます。

皆さんにとって大学受験は
社会に出る前の
大きな試練の一つ
です。

これを乗り切る事が出来れば
社会に出てからの困難も
乗り越えられるでしょう!!

一日でも早く受験生の自覚を持ち
出来ることからコツコツ頑張りましょう!


最近寒さが一層厳しくなってきています。

体調管理に十分気をつけて過ごしてくださいね。




(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)




| 高校生 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『歴史は繰り返す?』  ブ ログネーム.札幌雪男まつり  

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


歴史が動く時、
そこには、重要な選択や決断が存在します。
自分の人生という歴史の中を
思う存分駆け抜けてください!!

【第929回】

札幌雪男まつりのプロフィール

受験生の皆さんはセンター試験も終わり、
JPCスタッフとの進路相談も終わっている時期ですね。

さて、JPC札幌は
2回目の卒業生を送り出す時期を迎えました。

先日、私の元に進路相談に訪れたK君に、
丁度一年前にも昨年の受験生に向けて
言っていた言葉を言っている自分がいました。




「センター試験お疲れ様!よく最後まで頑張ったね。」
  
「さて、進路相談だけど
 当初の目標通り、北海道大学で問題ないね。」


私はセンター試験の
自己採点結果を見ながら会話を始めました。

傾斜配点を電卓で計算している私に向かって、
K君は口を開きました。


K君

「そのことなんですが、学校の進路相談で
 受験する大学のランクを下げた方がいいって言われて…。」


 


「それで?」


私は敢えて理由を聴いたり、
自分の意見を先に言ったりはしません。

まず、K君がどう考え、
どう結論付けているのかを聞く必要があるからです。


K君

「現役にこだわっているので、
 小樽商科大学か教育大にした方がいいかな
 って思っているんですよ。。。」



力なく話すK君に敢えて冷静に
『一年前の受験生と同じ質問』を投げ掛けます。




「10年後の自分を想像して、
 後悔していないようだったら応援するよ。」


K君

「10年後の自分ですか・・・?」

少しの沈黙の後、K君から
『一年前の受験生と同じ答え』が返ってきました。

K君

「やっぱり北大受験します。」

「妥協した自分の事、
 嫌いになっている28歳のムサイ男がいました(笑)。」


私はここで想いっきり力を込めて一言。




「その笑顔がK君の人生だ!」





皆さんに事実を伝えたいと思います。

昨年、JPC札幌は
初めての卒業生131名を贈り出しました。

そのうち、志し強く第一志望へ合格、
そして進学した生徒84名


自分の進む道を新たに決定して、
合格・進学した生徒31名

残り16名は浪人して
自分の志を貫き通そうと頑張ってきました。

16名のうち、国公立大学に合格したにも関わらず、
もう一ランク上を目指したいと自分の目標を
現状より上に設定した人も5名
います。

この事実から、
『受験生の真実』が見えるものだと思います。


それは・・・

≫ 続きを読む

| 進路相談 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『視点を変える』 ブログネーム.伊達っこ娘

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


うまく行かないことがあっても
見る角度をちょっと変えてみると
今まで見えていなかったものが見えるようになって
それがヒントになって解決できることがありますよ♪

【第928回】

伊達っこ娘のプロフィール

受験生は入試真っ只中ですね。
センター後、私大入試シーズンに突入し、
その後の2次試験に向けて、一人一人が
それぞれの状況下で頑張っていることと思います。

1・2年生も、この時期だからこそ
意識も高まっているのではないでしょうか?

2年生は、学校、または自ら、
センター試験の問題を本番同様に時間を計って、
受けている生徒もいます。

こちらでも促していますが、
やはり結果や反応が様々です…(^_^;)

「英語筆記のほうで9割取れました!(^_^)!」

「もう全然、解けな過ぎて問題外でした…(~o~)」

 などなど…。

どちらにしても、今後の指針も明確になり、
きっかけにもなったと思います。

ここで、結果が良かった生徒はまずは良いとして(^_-)
全然手ごたえがなかったと嘆いている生徒もいて、
中には本格的に落ち込んでいる生徒もいます。(^_^;)


そのままその結果を見て、
受け止めてしまえばそれはショックだと思います。

ただ、視点を変え、見方を変えてみれば
この時期に現状が分かり
今後の取組次第ではいかようにも学力は伸びていきます。
これは勉強以外でも、全てにおいて通ずることです。

そのまま真っ直ぐに見れば、良くない現状や結果でも、
視点を変えて見てみると良い方向へ転換できる要素は
必ず埋まっている
ものです。

努力を続けていると、まだ目には見えないけれど、
結果がついてきていることが分かってきたり、
ある程度、今後の予測もできるようにもなってきます。

受験勉強とは、
ジグソーパズルのようなもの
かもしれません。
ひとつのピースから、まわりのピースがイメージできたり、
全体の半分以上を埋めることができたら、
その後のピースを埋めるスピードも速くなってくるように。。。

まずは、時間をかけてでも、基礎という名のピースを
しっかりと埋め、習熟度をUP
していくことが肝要です。

そして、合格を勝ち取るためには、
前向きな意識ややる気といったような、
行動を促すための精神が必要なことは言うまでもありません。

合格している今までの先輩も、
なんの問題もなく、合格を迎えられた人はいません。

どうか、求められている要素を考え、気づき、

前向きな意識で行動を起こしていきましょう!!




(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)




| 高校生 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「メンタルトレーニングセミナー」 ブログネーム.越後の雪椿女王

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


何事も、トレーニングすることが大切ですね☆

【第927回】

越後の雪椿女王のプロフィール

 今日第2回目のメンタルトレーニングのセミナーを行いました。

 今回は2年生対象で、これから1年間、志望校を決め、受験勉強をスタートする為のトレーニングセミナーでした。

 苦手な教科や、今の自分の実力より上の志望校を目指す生徒たちには、これからの勉強のモチベーションのあげ方、記憶力を高める為の潜在意識のトレーニングを体験し、参加した生徒たちは自分が何をすればいいのかをつかみ帰りました。

 また一緒に参加した、お父さんやお母さんは、今まで自分の子供によかれと思ってかけていた言葉が、実は子供にマイナスに働いていることを知ったそうです。

 逆に生徒も親が何故こんなことを言うのかを理解し、お互いに相手を知ることで今後のコミュニケーションのとり方がわかったようでした。
今回お母さんだけで参加した方もいて「私1人じゃなくやっぱり一緒に聞きたかった」と残念そうでした。

 参加した方々は世の中の三分の二の人は自分と違う考え方をもち、自分の言葉だけで話をしたら相手には伝わらないこともあることを知り、相手にわかるようにコミュニケーションをとるにはどうしたらいいのかを学び、人と接する中で何が必要なのかを学びました。

 受験は最終目的ではなく、人とかかわらずに生きていくことはできないので個性の違いや、相手を理解する方法を知ることができ有意義なセミナーでした。


☆余談
 ある一組の親子がお父さんにいつも機嫌よくいてもらうにはどうしたら言いかを個別で先生に指導してもらい今夜から早速実行するといって帰りました。
 何も知らないお父さんは今晩からお母さんと娘さんに操られる(?)のでしょうか?ちょっとお父さんに同情してしまった私でした。





(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)




| 成功哲学/メンタルトレーニング | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「果報者のつぶやき」 ブログネーム.水戸のご老公

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


水戸のご老公さんの「詩」シリーズ第2弾!!

成功する生徒をイメージして書いたそうです♪

【第926回】

水戸のご老公のプロフィール

毎日、毎日、毎日、...
がんばって、
努力して、
いろんなものを、
犠牲にして、
苦しんで、
何が得られるのだろう...

それはきっと、
やり抜いた人間にしか分からない。
やり抜いた人間にしか知り得ない。

やりぬいた人間にこそ、
知る資格がある。
知る価値がある。

がんばったら、
がんばったなりの、
見返りを期待したい。

がんばったら、
がんばった分、
周りからの評価を得たい。
周りから認められたい。
周りから褒められたい。

そう思っているうちは、
なかなか、
周りの評価を得られない。
そういうものかも知れない。

他人のがんばりを、
私は快く受け止められるだろうか。
他人のがんばりを、
私は素直に認められるだろうか。
他人のがんばりを、
私は心から褒められるだろうか。

他人ががんばった分、
私が入り込める余地は、
おそらく小さくなる。

他人ががんばると、
自分の居場所が、
狭くなる。

私のがんばりを、
誰かが認めてくれるとは限らない。
まして、
褒めてくれることは稀だろう。

ならば私は、
「自分で自分を褒められる」
そういう生き方をしよう。

今のままで良いのか?
このままの自分で良いのか?

常に自分を厳しく見つめ、
努力に努力を重ねる。

そしてもし、
その努力を他人が認めても、
まだまだ努力をし続ける。

おそらく、
自分の目は、
他人よりも厳しい。

こんなもんじゃダメなんだ。
ということを、
自分が一番分かっている。

だからこそ、
「自分で自分を褒められる」
そんな自分になるように、
努力することにしよう。

そうすれば、
誰から認められなくても、
自分で自分を満たすことができる。

その結果、
得られたものが何であれ、
私は私を幸せにできる。

そう信じることにしよう。





(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)




| 格言/ことわざ/詩 | 09:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「新撰組⑥」 ブログネーム.kariya 受験指導部

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


新撰組シリーズもいつの間にか⑥まできました♪
管理人も興味深く拝見させて頂いておりました!
でも、今回が最終回のようです。。。

kariya 受験指導部さんの次回作も楽しみです!!

【第925回】

kariya 受験指導部のプロフィール

 みなさんこんにちは。私は今風邪なのか花粉症なのかよくわからない病気に侵され、鼻の下が痛いです。
 1.2年生はあと少しで学年末テスト、3年生は受験の後半戦を迎えます。体はお大事に(苦笑)。


「え、まだやるの?」

と言われそうですが、今回も新撰組ネタです。
 でも、もうネタが尽きてきたのでそろそろ終わります。もう少しお付き合いくださいませ。

 今回の注目は、「吉村貫一郎」です。

 彼は、作家の浅田次郎が彼を主人公にして物語を書いていますので、「聞いたことある」という人がいるのではないでしょうか。


 吉村はもともとは脱藩者でした。しかし、資料によれば、たいそうな男でした。
 局長の近藤勇には人として惚れられ、あの副長の土方歳三には「敵に回したら怖い男だ」と恐れられ、沖田総司には「優しくて強い人」と尊敬されていたそうです。
 また、一説には、「剣の立つ男」といえば必ず挙げられる、沖田総司・斉藤一・新倉新八と並ぶ、いや彼らを凌ぐほどの実力があったとも言われています。

 しかし、彼は一方で「出稼ぎ浪人」「金のためなら何でもやる男」と一部の人間からは罵られていました。それでも彼は、「それが新撰組のためになるのなら」「それがお金になるのなら」と喜んでどんな仕事もやったそうです。
 そうなんです。吉村には誰に何を言われてもお金を稼がなくてはならなかった深い深い事情と、わざわざ危険を冒してまで新撰組に入りたかった大きな大きな理由があったのです。

 吉村の故郷は南部藩(盛岡藩)。現在の青森県や岩手県あたりです。 今は品種改良されて冷夏に強い農作物は沢山ありますが、当時の南部藩には当然そんなものはありませんでしたし、台風のような水害対策も万全ではなかったので農作物は安定して収穫できることがほとんどありませんでした。しかも収穫できたとしてもほぼ国へ収めてしまっていたので藩にはほとんど農作物は残らなかったのです。そのため毎年沢山の人が飢饉で亡くなっていました。

 吉村の家族も飢えで苦しんでいました。それを目の当たりにしてきた吉村はこう思うのです。
 「なぜ、ここに生まれてしまったためにこんな苦労をしなくてはならないのだ。皆頑張っているのになぜこんな目に遭わなければならないんだ」と。

 そんなある日のこと。吉村は当時京都で大活躍していた新撰組の話を耳にします。
 新撰組は「やる気があるなら誰でも大歓迎。実力がある人を優遇します。身分は問いません」が売りでした。
 当時の日本は、身分制度が絶対ルールでしたので新撰組の人事採用条件は吉村にとっては魅力的でした。

 そして決心するのです。

「俺は家族のために藩を捨てる」と。

 新撰組に入って、沢山仕事をして、沢山お金をもらって、そうしたら家族に送金し、家族にはいつもおなかいっぱいご飯を食べさせてやりたい…。
 それが、吉村が生まれ故郷を捨て、新撰組に入った理由なのです。

 その結果、吉村は働きが認められて沢山お金をもらい、沢山家族へ送金できました。
 …でも、それと引き換えに払った代償は大きいものでした。それは、「二度と愛する家族に会えなかった」ということです。
 家族の元に戻るということは、「脱藩者」という罪のもと、切腹をしなければならないということだったからです。
 だけど、吉村はそれでも幸せでした。家族が毎日自分の送ったお金でおなかいっぱいご飯を食べていると思えばそれだけで十分幸せだったのです。

 吉村の最期は、実はあまりよくわかっていません。
 浅田次郎の小説によると、『南部藩に戻り脱藩したことを許してもらおうとしたが聞き入れてもらえず、南部藩の屋敷で「このお金は家族に送って欲しい」という遺書と、吉村の有り金全てを残して自害した』となっています。
 …しかし、これは、浅田次郎が参考にした資料がそうなっているだけで、実際は、「鳥羽・伏見の戦い」に参戦したことまではわかっているのですが、その後の消息は全く不明で、あとは明治3年に亡くなったことしかわかりません。

 彼は別に日本のためとか幕府のために新撰組にいたわけではありません。そういった意味では彼は異色の存在でした。
 けれど、そんな彼を非難することは誰にもできませんでした。
 吉村が家族のために命を懸けて戦い続ける事が、結果的に新撰組のためにもなったのですから。

 吉村は最期まで『一家の主』として生きました。つまり、夫として父親として生きました。とても家族思いの素敵なお父さんです。
 …でも、こんな生き方をしているお父さんってよく誤解されます。もしかしたら、このブログを見ているあなたも、そうかもしれません。

「休みの日はいつもゴロゴロしている」

「なにかとウザイ」


とお父さんのこと、煙たがっていませんか?

 お父さんは、あなたのために普段は一生懸命働いて、お金を稼ぐためにいっぱいいろんなことを我慢しています。
 休みの日ぐらいはちょっと休ませてあげてください。ちょっとぐらいの小言は聞き入れましょう。
 世のお父さんは、家族のために、あなたのために、毎日頑張っているのですから。




(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)





| 歴史/文化/教養 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『難問って意外に…』 ブログネーム.湘南ホープ

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


難問といえば、
100年余りの間、誰も解くことができなかった
数学の難問「ポアンカレ予想」がありますね。
数年前にようやく証明されたことを思い出しました。

その証明を成し遂げたグリゴリー・ペレルマンや
研究を続けた数多くの研究者の方々の熱意に頭が下がりますね。

【第924回】

湘南ホープのプロフィール

つい先ほど、おもしろいことが起こりました。
生徒と一緒に化学の問題を解いていたのですが、

1分前に全く解けなかった問題が

1分後には完璧に解けるようになった

というミラクルな事が起こったのです!!

きっと彼は、次に同じような問題に突き当たった時も、
必ず解けると思います。

つまり、完璧な理解。
そうなったいきさつを、ちょっと聞いてください

≫ 続きを読む

| 勉強法 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「諦めそうになったら」 ブログネーム.町田リス園

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


今回のテーマは「諦め」です。

諦めそうになったとき、
先人達は「諦め」をどう捉えていたのでしょうか?

これを読めば、諦めない気持ちになるかも!?

【第923回】

町田リス園のプロフィール

 

 

「諦めたらそこで試合終了だよ。」

――安西監督(漫画「スラムダンク」より)

 

⇒何回この言葉にお世話になった事か・・・・・・。

 

 

敬遠は一度覚えるとクセになりそうで。

――上杉達也(漫画『タッチ』より)

 

⇒一度諦めると「ま、いっか」なんて思って、また諦めてしまいますよね。

 

「例え、例えですね、

明日死ぬとしても、やり直しちゃいけないって、

誰が決めたんですか?誰が決めたんですか?」

――古畑任三郎(ドラマ『古畑任三郎』より)

 

⇒誰も決めていません!古畑さん!!諦めたって、また始めればいいのです。

 

「たとえ明日、世界が滅亡しようとも今日私はリンゴの木を植える。」

――ルター(宗教学者)

⇒諦めそうになっても、希望を持ちましょう。

 

私は失敗したことがない。ただ、1万通りの、うまく行かない方法を見つけただけだ。」

――エジソン (発明家)

⇒いくら失敗しても、諦めないで続ければ、失敗したことにはなりません。

 

「諦めは日常的な自殺である」

――バルザック(作家)

⇒ある事に関する諦め=その事に関する自殺?

 

「俗にいう“完成”とは“諦め”の一種に他ならない」

――詠み人知らず

⇒達成しても、その上を目指すことが、成功への近道です。

 

 今、皆さんも受験という試練に立ち向かっているところだと思います。

うまくいかないことがあって当たり前です。うまくいかなかったことから学べばいいだけの話です。

 

「失敗は成功のもと」とはよく言ったもので、たくさんの失敗や苦い思い出があるからこそ、成功したときの喜びはなににも変え難いものになります。

 

 最終的に自分の人生を決めるのは自分自身です。だれも、あなたの代わりにあなたの人生を歩いてはくれません。

 

 諦めそうになったとき・・・こそ!!歯を食いしばってがんばりましょう。

 





(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)





| 格言/ことわざ/詩 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「クライマックス!!」 ブログネーム.茶々丸

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


私大入試シーズン真っ只中!となりましたが、
国公立大学受験者は、多くの私立大学でも導入している
マーク式の解答方法だけではなく、2次試験(前・中・後)での
記述式の解答方法にも慣れておきましょう!

【第922回】

茶々丸のプロフィール

国公立の出願も終わり、
いよいよクライマックスですね!

センターで思っていたほどの
点数を取れなかった生徒もこれからです。

『勝利を信じて粘った奴が勝つ!』

先日、
NFLのスーパーボウルを見ていて
改めて思いました。

「ペイトリオッツVS ジャイアンツ」

前評判は圧倒的にペイトリオッツ有利でした。
これまで18戦全勝!最強の攻撃陣!

僕もペイトリオッツが
勝つものだとばかり思っていました。

しかし、結果は第4Qラスト1分をきり、
ジャイアンツ再逆転!
鳥肌が立ちました。

ジャイアンツの勝利への執念が呼び寄せた
勝利だったとおもいます。

受験生諸君!
前評判がどんな悪かったとしても、どんなに苦しくても、
勝利を信じて粘った奴が最後には勝ちます。

勝利を信じて粘ってください!!



(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)




| 受験生 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「○○○11にハマる!」 ブログネーム.浜松やらま一家

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


本日2月7日は、旧暦で一月一日のお正月です。

中国では、春節(旧正月)をもって、
干支が「ねずみ」に切り替わるそうですね。

合格祈願に2回目の初詣もいいかも!?

【第921回】

浜松やらま一家のプロフィール

 3年生の皆さん、国公立の願書はちゃんと出しましたか?と言われても昨日が締め切りだからもうどうしようもないんだけどね・・・。まぁ、ちゃんと出してると思います。出したからには2次に向けて全力で勉強しましょう!
 あと私立大の受験も真っ最中やね。私立専願の人もそうじゃない人も、移動やらなんやらで大変だと思うけど頑張りましょう!

 さて今日の話題はまた全然勉強とは関係ありません。またまた僕の趣味について話したいと思います。う~ん、また管理人さんに怒られそうや。まぁ、でも僕ぐらいやったらええかなぁ~、と思っております。皆も「またか」と思わんといて!

 今回僕のハマっているものはなにかと言うと・・・
 

≫ 続きを読む

| ちょっとコラム | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「言い訳しない生徒」 ブログネーム.川崎工業地帯製ロボッツ

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


言い訳言ってもはじまりません!!
失敗した分、2次で取り返しましょう!!!

【第920回】

川崎工業地帯製ロボッツのプロフィール

Hくんという生徒がいます。

国立医学部を目指して今まですごくがんばってきて、
学校の休みの日は12時間以上勉強し、
フレーズベーシック、フレーズトレーニングの例文も
9割以上マスターし、模試の結果では高得点で、
このままいけば、順調に合格を手に入れるだろう、
と思われていました。

ところが…!

センター試験では、まさかの失敗。

最初に受けた私立も、

「受けてきたけどだめだった。やっちゃった。」

「えー、ほんと?」

どういう問題がでたのかとか、少し話していたんですが、
もともと淡々としている生徒であまり騒ぎません。
内心はどうなんだろう。

どうしよう、どうにか励ましてあげたい。
でも、根拠なく大丈夫と言っても
逆に気を使わせてしまうな、と思いました。

そこでふと、気づきました。

「今、話してきた中で、Hくんは一回も、
調子が悪かったとか、運とか、状況とかのせいにしなかった
じゃない。
全部自分の力に原因を持っていってるでしょ。」



「だって、あの試験受けたら
まだまだ足りないなって思いますよ。」



「うん、他のせいにしちゃってたら、
そこを克服して伸びるきっかけを失ってたかもしれない。

けど、Hくんなら最後の直前まで伸びて、受かるよ!」



「あはは、
ありがとうございます。二次試験がんばりますね。」



やはり、気をつかわせちゃったか…?


と、思いましたが
自分にできるのはここまでなんですよね。
毎年思いますが。


ところで、自分の力が足りないって認めるのは
実はすごく勇気がいる
んですよね。

逃げ出す口実にするんじゃなくて、
前に進むためにそれを認められる彼は、
すごく勇気があると思います。

いくら知識やテクニックを身につけても
心がしっかりしていないと成績は伸びない
ということです。
受験に真剣に向き合うというのは、
その心を強くすることができるんですよね。

これから試験に臨む、
ウチで勉強している3年生はみんな、
ぐっと大人びて見えてきます。
彼らはみんな自慢の生徒です。


あとは、受かって欲しい(^^;)




(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)




| とある受講生 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『時』  ブログネーム.アメ横パンダ「ヨンヨン」

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


皆さんこんにちは。
アメ横パンダの『ヨンヨン』です(^^ゞ

実は、本日 2/5 は私がこのブログに参加させて頂いてから
ちょうど 1年を迎える節目の日となりました。

おめでと~う♪パチパチ

【第919回】

アメ横パンダ「ヨンヨン」のプロフィール


この一年間の中で私は、
『推薦入試』について書き続けてきました。

それを改めて読み返してみると
実に当たり前のことが多い…(^_^;)

でも記事を読み返すことによって
気になることがありました_(._.)_

それは、どれだけの人がこのブログを見て
『実行』に移せたのだろうかということ
です。

『実行する』

と言葉や文字にすることは実に簡単です。

しかし、それを本当に実行した人と
しなかった人の間には、この一年間という時間で
物凄く大きな

『差』

として現れたのではないでしょうか。

世の中には『成功』というテーマに対して
様々な書物や情報があります。

しかし、あの手この手で
色々な表現をしていたとしても最終的には

『あなた自身が行動しなければ、今の現状は何も変わらない』

というところに落ち着きます。

ですから、皆さんには自分の好きなことを守るために
『時間』というものを大切にして欲しい
と思っています。

自分にとって、今何をすることが一番なのか。


受験はその為の通過点でしかありませんからね(^3^)/



(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)




| 成功哲学/メンタルトレーニング | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「分析は問題解決のための第一歩」 ブログネーム.アルタの番人

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


2月に入り、昨日が節分で暦の上では春となっています。
とはいっても寒いことには変わりません。

昨年の12月にニュースで聞いた人もいるかもしれませんが、
インフルエンザのピークは毎年2月です。
手洗い・うがいなどをきちんとして体調管理には十分注意してください。

【第918回】

アルタの番人のプロフィール

3年生は私立大学の入学試験が
本格的に動き出したと思います。

センター試験がよかった人・悪かった人、
いるとは思いますが、
私立大学の一般入試では
皆が同じところからスタートです。

気持ちを切り替えて次へ向かうように心がけてください。
(後になって騒いでも結果は変わりません。
今出来ることを考えて常に先のための準備を行いましょう。)


さて、問題は3年生ではなく1.2年生(特に2年生)
来年受験を控えて今の気持ちは充実していますか?
ということです。

ほとんどの生徒は
「センター試験を解いて見てください・・・。」
といわれていると思います。

来年自分が受ける試験はどのような問題なのか・・・?
今の自分の実力はどれくらいなのか・・・?

といった様々なことがでてくると思います。


中には

「今やっても出来ないからやらない・・・」

という人もいるかもしれません。

ですが、出来なくても
何でもやってみることが重要です。(全力で)


それによって自分がどんなものが足りないのか
を正確に把握することが出来ます。

正確に把握してからが本当のスタートです。
冷静な自己分析をしてみましょう。

もし、どうすれば分からない人は
担当者などに聞いてみましょう
そのときには詳しく話をしてください。

何番が出来なかったのか?

どういう問題が出来なかったのか?

自分ができなかった理由として
考えられるものはなんだろうか?


そういったことを自分なりに分析して
担当に話をしてみましょう。

そして、一年後にはどこまで
点数が取れるようになればいいのかを
考えてそのための勉強をしていってみましょう。


ここで養う分析能力はとても有効なものです。
分析は問題解決のための第一歩です。
この能力は難しい問題に直面したとき、
そして社会に出て自力で問題解決を迫られたときに
大きな助けとなります


こういった能力がつく受験期を
無駄なく過ごしてください。
残り一年、走り出しましょう。


そして3年生はラストスパート。がんばれ!!



(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)





| 高校生 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「将来へのステップ」 ブログネーム.奇跡のカシーワ

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


若いからこそ、
躓き、限界を知ることがあります。
でも、その躓きから人は多くのことを学び、
その限界を超えることができます!

【第917回】

奇跡のカシーワのプロフィール

昨日生徒と電話で話をしている時に

「なんかいつも人生の話を教えられている気がします」

と言われました。

元の話題は学校の勉強についてでした。

このコは人間関係がうまくいかず、
一度高校を辞めて入学し直しています。

学力的には問題なくついていけてるのですが、
逆にある程度解るからこそ、学校の授業を
どう活用していけばいいかで悩んでいました。

自主的にもある程度はやっていけているので、
目標を定めた上で必要なことは
何かをサポートしています。

勉強自体は「とりあえず何かをする」のではなく

「結果として
どのくらいのことがクリアできなければならないか」


によって目標を設定するところから始まります。

次に

「今の自分はどのくらいの能力があるか」

によって、

「目標に向けて何をすればいいか」

が決まります。

それさえ分かれば後は実行あるのみです。


もちろん、状況に応じて
細かい分析や判断が必要になってきます。

ただ、この

「何かをできるようにする」

もしくは

「何かを締め切りまでに間に合わせる」

と考えて行動することが、
学校生活の中で身につけられる財産です。

よく「学校で習ったことなんか全然役に立たない」
と言い切ってしまう生徒がいます。保護者の方ですら、
同じようなことをいう方がいらっしゃいます。

親がそう言ってしまったら、
当然子供もそう思ってしまいます。

勉強として覚えることのみならず、

「何かを身につけるためのステップ」

という途中経過も含めて自ら設計していくことが、
結果どうあれ将来的に大事だと
これからも声かけしていきたいです。




(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)





| 高校生 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『集中力と本当の努力』 ブログネーム.ピーナッツ畑でつかまえて

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


集中する秘訣とは・・・!?

集中できるまでやり続けることです!!!

【第916回】

ピーナッツ畑でつかまえてのプロフィール

 去年この時期、このブログで「悪魔のささやき」というのを書きまして、これが結構好評だったんです。で、今回はそれを再録しちゃおうか?なんてことも考えたのですが、管理人さんの怖い顔が目に浮かんだので、やめました。でも、この「悪魔のささやき」で書いたことは今年も同じなので、ぜひ高校3年生の方は読んで見てくださいね。では本題に・・・


「私、集中力がないんです・・・」

と相談しにきたTさん。

でもね、最初から集中力のある人なんていないんだ。

それは最初から腕立て伏せが100回できる人、最初から42.195KMが走れる人がいないのと同じこと。腕立て伏せが100回できる人は、100回できるように努力した。42.195KM走れる人は、42.195KM走れるように努力した。だからできるようになった。それだけのこと。

「集中できないな」

とか

「今やっていることがいやだな」

と思ったとき、
今やっていることをやめてしまっていないかい?
それでは集中できる時間は伸びやしない。

それは腕立てふせが10回しかできない人が、
10回やって苦しくなってやめてしまうのと同じこと。
いつまでたっても10回しかできるはずがないよね。

苦しい中で

「あと1回あと2回」

と、できる回数を増やす努力をする。
だからいつか100回できるようになる。

だからね、大切なのは

「集中できる時間を増やすように努力する」


こと。

「集中できないな」「今やっていることがいやだな」
と思ってから10分我慢して、
今やっていることを続けてみよう。


そうすれば、今まで30分で集中が切れていても、
いつか40分集中できるようになる。

40分やって苦しくなったら、また10分我慢して続ける。
そうすれば50分集中できるようになる。

苦しくなったらまた10分我慢する。
そうすれば60分集中できるようになる。

いやだな、
と思ってから我慢してやる10分こそが
本当の努力
なんだよ、Tさん。




(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)




| 受験生 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「この時期にあえて1.2年生へ」 ブログネーム.Mikawa受験指導部

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


1・2年生の皆さん!
受験本番までのカウントダウンは
もう始まっていますよ!!

【第915回】

Mikawa受験指導部のプロフィール


センター試験が終わり泣きそうになっている子、

今までで一番最高得点をセンターでだした子 、

当日体調不良で思ったような結果が出なかった子、

センターの数学で 100点をとった子。


様々です。


思うのは、みんな自分の将来が

かかっているだけ本当に真剣です。



ちゃんと情報収集(大学や学部、試験方式)を

しっかり把握している子はバタバタせず落ち着いています。



何でも学校任せ、塾任せ、親任せの子は

何をどうしたらいいか分からず

泣きそうになってすがり付いてきます。



「調べておくように」「報告するように」

と何度もいろいろアドバイスをしたりチェックしてもそれでも

やらない子もいるのです。



今年のセンター試験も昨年に続き、

英語が大幅に傾向が変わりました 。

数年前の傾向に戻りつつあるようです。



2年生はこれから主役です。

1年生も意思ある人から本気になります。



人それぞれですが、すべては

1、2年生の時の自分の気持ちと行動しだいで

3年生の今頃には結果が出ます。




まだ何も決まっていない。

決めているけど漠然としているという生徒は

そろそろ腰を上げて情報収集と

勉強の見直しにも本気で力を入れていきましょう!!





(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)




| 受験生 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2008年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年03月

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。