爆勝(笑)☆大学受験奮闘記

JPC日本プロデュースセンタースタッフブログ

2006年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年09月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

いつも有難うございます!感謝しております!

本日はお知らせです!!


これまで

毎週木曜日はブログ休刊日として

記事をUPして参りませんでしたが

保護者の皆様や受講生より

「木曜日も記事をUPしてほしい!」

といったお問い合わせやご要望を頂戴致しました。

そのご期待に応えるべく

9月より毎日、記事をUPして参ります!

これからもスタッフの奮闘振りをお楽しみに!

(その他の受験情報はこちら)

当blogは人気ブログランキングに参加しています
スポンサーサイト

| 高校生 | 13:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

夏バテしていませんか?

人間たまには
束の間の癒しも必要ですね~♪

【第415回】


月末になると不思議と

「何だかやる気が出ない…」

とか

「やってもやっても勉強が進まんのよ(T_T)」

なんていう相談が増えるのです。

わかるよー、そういう時あるもんねぇ(しみじみ)

そして、とりとめのない話を含めて

会話がすすんでいくうちに

原因がわかっちゃうんですね。

ex)
宿題の山
2ヶ月前にフラれたショック
父とのケンカ
         …etc.


この段階で、

実はほぼスッキリしていたりして。

あとは

攻略法を見つけて

計画を立て直して

たんたんとこなす、のみ。

この術を身につけると

社会人になった時に心強いですよ~☆

それでも

う~ん…アガらんなぁ

という人は

半日ダケ

「ぷは~っと」気分転換を!

思いっきり身体を動かしたり

読みたくてウズウズしていた本を読んだり

街へ服を見に出かけたり

時に、ガス抜きも必要かもネ♪
(いつもじゃ困るが…爆)

お試しあれ~。

(その他の受験情報はこちら)



当blogは人気ブログランキングに参加しています

| 高校生 | 22:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

焦らないで、あきらめないで、急いで!!

受験生はやることがいーっぱいありますよね!
それは全ての受験生に当てはまることです。
負のパワーを発することが
うまく勉強をすることが出来ない原因
になっていることもあると思いますよ!

【第414回】


夏休みも残りあとわずか、

高校生のみなさん

もう夏休みの宿題は終わっていますか?

今、必死になって、

やっている人も多いと思います。


「あぁ、せっかく計画を立てたのに、
全く計画通り出来てなかったなぁ・・・・」


「もう少し早く、やっとけばよかったなぁ・・・・・」


「友達と一緒にやろうかなぁ・・・・」


などといろんな事を考えている

高校1,2年生が多いと思います。
 
高校3年生にとって

夏休みはクラブ活動を引退して、

大学受験を真剣に考え出し

勉強を開始する時期ですが

どうですか?うまく勉強できたかな?


「やっても思うように理解できないなぁ・・・・」


「夏期講習に参加したのはいいが、
さっぱりわかんないやぁ・・・・」


「夏休みからがんばってやろうと思って
いたんだけど少し遊びすぎたかなぁ・・・・」


「志望大学の過去問をやって
みたけど難しすぎて・・・・・」


「うあぁ~、夏休みがもう終わるのに
ほとんど勉強の成果が上がっていない・・・・」



などと焦りだしている3年生も多いと思います。
 

1,2年生の人は、

「まだ1年生だから・・・」

「まだ来年の話だから・・・」


と思わず、

1年後2年後の自分と思ってくださいね。

3年生とっては、

センター試験まであと4ヵ月半、

私立の一般入試まで

5ヶ月も残ってるんですよ!! 

ここで注意してほしいのは

「しか」

ではなく

「も」

なんですよね。

ようは気持ちの持ちようなんです。

ネガティブに考えたらダメ! 

ポジティブに考えないと!

でも、いくらポジティブになっても

やるべきことはやらないといけないよ!!

じゃぁ、何をしないといけないか??????

答えは、

「今、自分に足りない基礎学力をつける事だよ!!」

毎年、3年生の多くが

この時期焦りだして

ネガティブになるんだけど、

ネガティブになって

良い結果なんて出ないですよ!!

そんな時DCの生徒にかける言葉は

いつも一緒

「焦るな!あきらめるな!急げ!」

なんだよ

生徒
「志望校の過去問をやっても難しくて・・・・」


「まだ基礎学力がついてない
段階でやってるんだから
当たり前の話だよ。
それで自信なくす必要はないよ!」


『あのね、今、○○君がやっている行為は
わかりやすい言い方をすれば
「足し算・引き算」
がまともに出来ていないのに
いきなり「2次方程式」を解こうと
している行為なんだよ!』


「足し算・引き算」が出来なければ
「掛け算・割り算」は出来ないよね!
「掛け算・割り算」が出来なければ
「1次方程式」は出来ないよね!
「1次方程式」が出来ないのに
「2次方程式」が出来る分けないでしょ!』


生徒
「なるほど・・・
基礎力をつけないとダメなんですね・・・」



「そういうこと!
今から基礎をやっても
間に合わないと考えたらダメ!」


「基礎力を短期間でつけてやれば
まだまだ間に合うから焦らず、
あきらめず、急いで、基礎学力を付けよう!」


「過去何人もの先輩に
同じ事を言ってきて、
焦らず、あきらめず、急いで、
やった先輩は、現役で志望大学に
合格しているから君も頑張ろう!!」


要は、気持ちの持ちようと、

やり方さえ間違わなければ良いと言う事だね!

高校3年生の諸君、

夏休みの終わるこの時期

もう一度自分を見つめ直して、

今、自分が本当にしなければ

いけない事は何かを明確にして

受験勉強を頑張ってください。

高校1・2年生は、

自分が3年生なった時に

少しでも楽になるように

出来る事はしっかりやっておこうね!!

(その他の受験情報はこちら)



当blogは人気ブログランキングに参加しています



| 受験生 | 21:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

友達

友達同士だからこそ
お互いの成長のために
切磋琢磨したいものですね!

【第413回】


そろそろ夏休みも終わりに

近づいていますが

補習や模試や部活やバイトと

忙しい高校生も多かったと思います。

後悔のない夏休みは過ごせましたか?

夏休みが終われば、

文化祭や体育祭

がある学校も多いと思います。

先日のことです

「学祭来て下さい!!」

と3年生のK君から突然の誘いがありました。

K君は部活も忙しかったこともあって

自宅でのテキストの学習が中心だったので

電話でしか話したことがありませんでした。

部活引退後に初顔合わせをした時のこと。

学校の仲の良いクラスメイトと偶然会ったんです!

次の日から二人で来るようになり、

これまでの勉強の取り組みに対しても


「考えが甘かった!
もっとやらなくっちゃ!!」



二人ともいいライバルとして

勉強するようになりました。

席は自発的に離れ、私語もなく、

真剣に勉強する二人の姿が

頼もしく思えます。

そんな素直な生徒から

学祭に誘われたことが

すごく嬉しい出来事になりました。

時間が取れたら

是非、顔を出したいと思っています。

「から揚げ」
    「焼きそば」
        「焼きラーメン??」

食いしん坊の私にとっては

考えただけで…

もうお腹いっぱいです(* ̄▽ ̄*)(笑)

仲間と過ごす3年生の残り少ない学校行事

いい思い出にして下さいネ!!


(その他の受験情報はこちら)



当blogは人気ブログランキングに参加しています

| 高校生 | 22:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

模擬試験について

9月にはDcの全国公開模擬試験があります。
詳しい日時は、入試ジャーナル等で確認しておきましょう!

【第412回】



7月に受けた模擬試験の

結果が返ってくる頃だよね。

結果はどうだった?

志望大学の判定がAやBなどで、


喜んでいる生徒
o(^o^o)(o^o^)o


反対にDやE判定でへこんでいる生徒。
・°°・(;>_<;)・°°・。


様々だよね。

でも、私から言わせてもらうと、


「模擬試験の結果で一喜一憂してどうするの?」


っていう感じです。

だって、模擬試験を受けたのって

1ヶ月も前のことでしょ。

結果が出るまでの1ヶ月間、

勉強しなかったわけじゃないよね。

じゃぁ、その模擬試験を

今やったら同じ結果になるのかなぁ?

たぶんならないと思うよ。

1ヶ月前よりも出来るように

なっていると思うんだけどなぁ。

模擬試験は判定を見るものではなく、

自分の弱点を見つけるもの。


出来ない単元を見つけ、

それを本番までに潰すことが大事。

勉強の仕方が分らなかったら、

指導員や電話質問の先生たちに

どんどん聞いていこう。

きっと解決策が見つかるはず。



模擬試験の結果の捕らえ方。


判定が良かった人→
「ヨッシャー!この調子でがんばるぞー!!」


判定が悪かった人→
「よかったぁ、模擬試験の結果で
(本番じゃなくて)。
なるほど、自分の弱点はこことここだな。
よーし、本番までに弱点を潰してやる!」



目標は、模擬試験で

いい結果を残すことではない!

志望大学に合格すること!!


残り5ヶ月、まだまだこれから。

最後まで諦めずに、

合格している(成功している)

イメージを持ち続けよう!


V(≧∇≦)v イェェ~イ♪


(その他の受験情報はこちら)



当blogは人気ブログランキングに参加しています

| 受験生 | 22:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

気付き

勉強を押付けるような「管理」からは
本当のやる気は生まれないのかもしれませんね~。
大事なことは、ヒントの「与え方」なんだと思います。

【第411回】



生徒たちに接する時に

いつも思うのは

「気付き」

を与えられているかどうかを考えます。

そこで1年生の夏休みに入会した

A美ちゃんの話をしたいと思います。

数学が大嫌いで

学校の成績も半分以下でした。

とにかくA美ちゃんの口からは

「数学が出来ない」

「数学は嫌い」

「数学解らない」


と同じ様な言葉が出ていました。

だけどA美ちゃんは

英語が好きで成績も結構良く

しかも数学を除く他の教科は

そんなに悪くありませんでした。

数学だけが足を引っ張っていました。

国公立大学を目指すA美ちゃんにとっては

数学は捨てられない教科ですし

数学が出来ない事で

やりたい事を諦めて欲しく無かったので

質問しました。


「よ~く、考えてごらん!!
英語は何故成績が良いの?
なんで数学は成績が悪いの?」



と問いかけると

A美ちゃんは


「英語は好きだし、おもしろいから
毎日勉強してるけど、数学は解らないから
あんまり勉強していない!!」



と言いました。

私は


「じゃあ、英語は勉強してるから
成績が良いんじゃないの?
数学は勉強していないから
解らないんじゃないの?」



と問いかけると


「そうです!嫌だけどやってみます!!」


と決心してくれました。

1年間、A美ちゃんは大嫌いな数学と向き合い

何度も投げ出しそうになりながら

今年の1学期の期末テストで

数学2科目とも70点以上を取り

順位も14番にまで上げてきました。

この結果を嬉しそうに報告する声を聞いて

当然ですがA美ちゃんの中では

数学が嫌いな教科ではなくなっていました。

A美ちゃん自身は


「信じられない!でも、逃げずにやって良かった!!
勉強量が足りていなかっただけだったんですね。」



お母さんからも


「最近、本人が変わったんです。
言わなくても勉強するようになったし
勉強していても楽しそうです。
有難うございます。」



と言われましたが、私は何もしていませんし

何のアドバイスや勉強のやり方も教えていません。

ただA美ちゃんが気付いただけです。


彼女は来年受験生になりますが

確実に合格できるのではないかと感じます。

何故なら勉強は能力の差ではなく

努力の差(勉強時間の差)
と分かったからです。


生徒たちは自分で出来る力を持っています。

成績の上げ方や勉強のやり方も知っています。

私があえて教える必要もないかなと思っています(笑)

人は嫌な事・面倒くさいことから逃げずに

向き合う事が出来れば、

今後いくつかの障害があったとしても

必ず自分で乗り越える力がつきます。

生徒たちが「気付く」事が大事で

その後うまくいく様にサポートするのが

私の仕事だと思っています。


生徒たちが社会人になって

人の親になった時でも

思い出してくれたらなと思い、

これからも

「気付き」

を与えていきたいと思います。



(その他の受験情報はこちら)



当blogは人気ブログランキングに参加しています

| 高校生 | 14:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

七転八起

7回転んでも8回起き上がればいいんですっ!!
  思い出すな~♪
    父親と補助輪を外して自転車に乗る練習したことを…

【第410回】


最近3年生の生徒から、

こんなメールをもらいました。



『模試が全く出来なくて落ち込んで、
ずっとその気持ちを引きずっていました。
自分はダメだ、
これからやっていって成績を上げていく
自信がないんです。
自分にはもうチャンスが無いと思ってます。
気持ちの切り替えが出来ないほど
落ち込んでいます・・・。
志望大学に受かる気もしないので、
諦めて志望校を下げよう
と考えています・・・。』



出来なかった結果を見て、

同じ様に不安になっている人も

多いのではないでしょうか?

その後電話でこんな話をしました。



『模試がダメだった、
勉強が全く出来なかったこと
などを否定して落ち込み続けても、
そこから得れるものは無いよね!
過去はもう変えることは出来ないし、
一番大事なのはその失敗から、
どこが悪かったのか、
出来なかったのかを反省して、
こうしていこう!
という改善点を見つけて、
行動していく事だよ。
今はどれだけ失敗してもいいから、
そこから成長していくようにしようね。
あと、私にとっては、
あなたが出来なかった事よりも、
自分の力を信じられなくなる事の方が
一番つらい。
自分の可能性を否定しているもん。
出来ないと自分を信じても、
何もメリットはないよ。
自信がどんどんなくなるだけだよ。
自分の力を信じて上げられるのは、
自分しかいないよ。
何があっても、自分は出来る!
大丈夫!力は付いていると、
自分の可能性や自分の中にある
すごい力信じてやっていこうよ!
「自信」という言葉は、
自らを信じると書くでしょ!
自分の力を信じるから、
自信がつくんだよ。

だから、まずが自分の可能性を信じて
一生懸命頑張ってやっていこうよ。』



自分を信じてあげることをまずしていこう!

とアドバイスをしていきました。

そのあとは、本人も気持ちを

切り替えることが出来たようで、



『出来ないだろうなと、
出来ない自分を信じるよりも、
できる!自分は大丈夫と
信じた方が得だよね!!
これから自分を信じて頑張ります!!」



と言って元気になっていました。

自分の事を信じていけるから強くなれる!

頑張って、自分を信じられる

自分になっていきましょう。

そうしたら、どんなに挫折しても、

また立ち上がって頑張れます。

そして必ず道は開けます!!


(その他の受験情報はこちら)



当blogは人気ブログランキングに参加しています

| 受験生 | 16:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ちょっと一息

「○○っぱなし」は後が大変です。
一度、整理整頓が必要になりますよ!

「あっ…」今日の新聞広げっぱなしの読みっぱなし…。
鬼嫁に叱られる…|||(;-_-)|||

【第409回】


夏休みも終盤を迎え、

受験生からはいろいろな相談があります。

「まだ手をつけてない科目があるんです…」

「まだまだやることがあって、間に合うかどうか心配…」

「点数が伸びてるのか心配で…」

「時間をかけてがんばってきたけど、身についてるのか心配…」

などなど。

センター試験まであと5ヶ月ということもあり、

受験生の心配のタネはつきないようです。

7月の終わり頃、

生徒のAちゃんからこんな相談がありました。

夏休みに入って必死に頑張ってきたのに、

時間をかけてやったところを見直してみると、

たくさん忘れていたり、

解けていたはずの問題が解けなくなっていたり…

やることがどんどん増えて、

私はどこから手をつけたらいいのか

わからなくなってきた…


自分のやらなあかんことはまだまだあるのに

時間が…みたいな感じです。

みなさんの中にも、

「あっ」

って思う人もいるかもしれません。

Aちゃんは、

夏休み前からがんばっていましたが、

夏休みに入ってさらに気合が入り、

めちゃめちゃがんばってきた子です。

ところが、まったく余裕がなく、

不安で、不安で仕方ないということ。

夏休みに入って頑張って、頑張って、

勉強してきた、

あるいは

夏期講習・合宿などでめっちゃがんばってきた、

方法は人それぞれ、

でも、夏休みを全力でつっぱしってきた

受験生のみなさんにこそ、ひとつ。

やりっぱなしにしてませんか?

夏休みに自分がやってきたことを

見直す時間はとりましたか?

まだまだ目の前にたくさん

やるべきことがあると思います。

振り返ってる余裕なんてない!

って焦ってつっぱしってる君にこそ、

ほんの少しの時間でかまいません。

一息ついて、夏休みをふりかえってみては?

これからのヒントが見つかるかも!?

(その他の受験情報はこちら)



当blogは人気ブログランキングに参加しています


| 受験生 | 14:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

彼のやる気、私のやる気。

やる気+実践×2人
     =協力関係の相乗効果と良い結果!!

【第408回】


野球部のY君は7月半ばに部を引退し、

7月末から本格的に勉強を始めました。

自分でもスタートが遅い、

今までほとんど勉強していない

と言う事は自覚済みです。

でも、元々しっかりやりたい事、

志望校をきめているY君。

部活が忙しくても、

頻繁に生徒指導部に

「志望大学の情報が欲しい」

と、入試科目や偏差値レベル、

資格について等、質問し、

情報収集で

私たちを活用してくれていました。

ですから、大学研究はしっかり出来ています。

まず薦めたのは合宿特訓への参加でした。

5日間みっちり勉強することで、

机に向うことに慣れてもらう

他県の生徒との交流で

受験に対する意識改革をしてもらう為でした。

これまで部活で忙しく、

勉強といえばテスト勉強と

学校の予習だけだったY君は、

合宿のスケジュールを見て、

「本当に出来るのかな…」

「今までこんなに勉強したことない」


と不安そう。

「とにかく行って!!
絶対いい経験になるから!」


と送り出して数日後。

Y君は、同じ大学を目指す

他県の生徒とメル友になり、

2年生から参加している子に

触発されて、別人の様に

やる気になって帰ってきました。

他県の学校の生徒たちの

勉強への取り組みを知る事が、

良い起爆剤になったようです。

次は勉強に取りかかるだけ。

面談をして、

これまでまったくと言っていいほど

手を付けていなかった

基礎の範囲から始める事に。

使用テキストの選定、

各教科の1日の勉強時間、

システム活用の仕方を話し合い、

1日最低4時間の学習計画表を渡しました。

今も順調に進め、

途中経過を報告してくれます。

引退後も部の練習や試合に

顔を出す習慣があるらしく、

そんな日は自分なりに

時間の調節をしているようで、

1ヶ月前の今頃からは

考えられないほどの進歩です!

先日、どうしてもY君の要望に

対処できないことがありました。

謝る私にY君は、

「気にしなくていいですよ、
僕も結構無理言ってるんで」


そんなことはない。

生徒がやる気になればなるほど、

私たちは

「そのやる気に応えよう!」

と強く思うのです。

そして、

「おや、この子こんなに余裕があったか?」

と思うと同時に、

少し前まで不安げに質問してきていた彼が、

やる気を出して勉強を始めたこの1ヶ月で

ずいぶんと成長したのを感じました。

その成長をサポートするのは、

この上ない喜びです。

やる気と実践で、

人は驚くほど進歩できるものですね☆


(その他の受験情報はこちら)



当blogは人気ブログランキングに参加しています

| 受験生 | 13:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

悩む暇があったら行動しよう

私は結婚相手がいないのが悩み…|||(;-_-)|||
あっ!相手探すの忘れてた…(;・д・)

【第407回】


ある女子生徒は入会前の成績が

310人中290番位でした。

自信喪失気味のところへ

Dcからのお誘いがあり入会、

1週間後の実力テストで

成績を上げる為、

次の事を実行しました。

①毎日JPCに来て、数学のチェックテスト
1日1枚のペースで解いた。

②自己採点し、間違えた所はDcテキスト
自力で調べて理解した後、再挑戦した。

③1枚のチェックテストを繰り返し解き、
100点が取れたら帰宅した。


このように、毎日1枚のチェックテストを

100点が取れるまで、わき目も振らず、

黙々と解き続けたのです。

さて、実力テストの数日後、

答案が返ってきました。

「どうだった?」

と聞くと、

あれだけ数学を頑張ったのに、

点が悪かったそうです。

期待はずれで、

がっくり肩を落としていました。

更に数日後、実力テストの成績発表!

成績表を見ると、

な、なんと、、、一挙に約200人抜いて、

91番に急上昇!

しかも不思議なことに、

数学ばかり勉強したのに、

意外にも、英・国の点が伸びていました。


これはどうしたことでしょう??

恐らく、数学を勉強することにより、

彼女の脳が活性化し、

数学という単独の教科に

対する効果ではなく、

もっと根本的な部分である、

集中力、思考力や判断力が付いた

のではないでしょうか?

これに気を良くした彼女は、

今も時間の都合が付く限り

JPCに勉強をしに来ています。

そして、彼女の表情にも

だんだん明るさが増してきています。

人間、やればできるものです。

成績が伸び悩んでいるあなた

まずは行動あるのみ!!



(その他の受験情報はこちら)



当blogは人気ブログランキングに参加しています

| 高校生 | 17:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

その記憶力は

人の脳には
一千億個の神経細胞が
詰まっていると言われています。
人間の脳って、すっごいですね~。


【第406回】



受験夏の陣。

そろそろ佳境に入りましたが

みなさんは頑張っていますか。

英語の長文読解は英語の試験の中でも

比較的配点が多く、

ここの出来・不出来次第で


「合格か不合格か分かれてきてしまう」


英語試験における関ヶ原の合戦。
 
そこで必要になってくる戦力の内、

必要のなってくる戦力のひとつが

「英語の単語力」です。

当ブログでも英単語に関する話題に

触れてきましたが、

今日は英単語に関するウチの受講生の小話です。


「Aさん、オレ、才能ないっすよ。
単語覚えられなくて」



B君が相談に来たのは

ある夏の暑い日のことでした。

話を聞いていると思うことは、

この手の話題の主(主に高校生)は、

「いかに自分が出来ないか・
覚えられないかを証明する」


話であることが多いのですが、

彼もそんな感じでした。

物事は

「どうやったらそれを達成できるかを
考えたほうがうまくいく」


ことが多いのですが、

そんなメンタル的な話をしつつ

B君に更に言いました。


「なるほど。B君、君は確かに
記憶力は君の言うとおり、
他の人よりも劣っているかもしれない。
しかしだ。例えばAlternativeは
<二者択一の>という形容詞だ。
名詞になると二者択一とかの意味になるんだが、
Alternative・二者択一と50回唱えて
覚えられないことはあるだろうか?」



「あるかもしれないっす。」

とB君。

「じゃあ、100回は?」

「忘れないかもしれないです。」

「それでは、それを100日間続けたらどうだろう?」

「Aさん、そりゃぁ絶対忘れないですよ。」

「そうなんだよ。英単語は時間と
回数をかければほとんどの人が
覚えられるんだよ。
でも時間は限られている。
だから自分の記憶が残せるくらいまで、
英単語にかける時間と
回数を減らして調整していくんだ。」


そこでB君に聞いてみると、

30個の英単語を覚えるのに30分、

回数は1回で覚えようとしたようです。
_| ̄|○


「B君、人の記憶は忘れるように
出来ているというか、
忘れて正常なんだから、
君が英単語を忘れていくのは正しい。
しかしだ、1回で完璧にするより1日15分、
30個の音読を3日くらい音読して
7割~9割覚える方が記憶に残りやすいんだ」



という話をしました。

苦労して完璧に覚えた英単語、

日数が経てば忘れていくものです。

そういうのって英単語を

覚えるのが嫌に成る瞬間です。

B君は2年生なので1日の英単語の個数と

書ける時間は上記のとおりなのですが

3年生の方はもう少し

増やしていってください。



(その他の受験情報はこちら)



当blogは人気ブログランキングに参加しています

| 勉強法 | 15:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

帰れる場所

安心できる場所、顔、言葉…
   いつでも帰ってこれる場所であり続けたい。


【第405回】


つい先日のことです。

夜、10時すぎて生徒も皆帰って

一段落した時でした。

入口が突然開き

「こんな遅くに誰!?」

とビックリしていた私は

もう一度驚いてしまいました。

そこには、4年前に卒業した

受講生が6人立っていました。

思わず発狂してしまいましたが

あの当時と同じ呼び方で

私を呼んでくれた瞬間涙があふれてしまいました。

「おかえり!」

「ただいまー!」


その言葉を発すると同時に

当時の思い出が甦ってきました。

この6人の受講生は高校も違い

合格した大学も違う子達です。

それぞれ就職先も決まったという報告を

わざわざしにきたとのことでした。

「名前覚えてますか?」

という質問に私は笑ってしまいました。

黙ってペンを持ち、1人1人の名前を

漢字で書いて見せました。

「えー!!すごい!!完璧!!」

皆は驚いていましたが、私にとっては

当り前のことです。

受講生は私達の大切な子供です。

本気で叱って

本気で泣いて

本気で笑って


同じ時間を過ごした相手を

忘れることはできません。

私の人生においても、

受講生から学ぶことが

沢山ありました。

この仕事をしていて

私がいつも決めていることは

大学に合格しても受講生と

「さようなら」

はしないということです。

大学に合格したからといって

その子の人生が決まったわけではありません。

迷った時には、原点に戻ってほしいのです。

思い起こせば、厳しくすることが

多かったように感じますが

当時の厳しく言った言葉を

笑って真似してみせる

少し成長した子供達を

見ることができる私は

とても幸せだと思います。

「がんばって行ってらっしゃい」

そうやってこれからも

子供達を見送ってあげることが

私の役目であると思います。

毎年のことですが

帰ってきてくれる受講生を

変わらず待つことが

この子達に対する恩返しだと思っています。

「ちゃんといてくれて良かった…」

その言葉が私の支えです。



(その他の受験情報はこちら)



当blogは人気ブログランキングに参加しています


| 卒業生 | 15:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

勉強の習慣

継続は力なり!!ですね♪

【第404回】


「分ってるのに…難しい」

そんな卒業生T子ちゃんの実例で

「勉強の習慣」についてのお話。

T子ちゃんは1年生の秋に入会しました。

その時の成績は学年でちょうど真ん中で

部活に燃える健全な高校生でした。

彼女には夢がありました。


「大学に行って心理学の勉強を思いっきり学び将来、
心を病んだ人の役に立ちたい」


「でも高校生活や部活も何かを残したい」

と志高く、Dc生に!

私はそんなT子ちゃんに


「自分の力で夢をつかめ!
行動を変え努力あるのみ!」


と伝え


「部活を思いっきりやる為にも
毎日テキストを自宅でこなし、
わからない所は繰り返すように。」



と指示。

彼女はそれから、約束をしっかり守り

放送部の部長を努めながらも

毎日、センター試験に向けて

コツコツとテキストを繰り返し学習し

そのあいまに、障害者施設の

ボランティアも続けました。

そんな彼女から2年生の冬に電話がありました。

いつもの元気な声ではなく


「どうしよう…」


と泣き声です。

話を聞くと、風邪で熱が38度あり

今日は勉強できる状態ではなく

テキストができないことに不安で連絡してきたようでした。


「健康が一番、大丈夫だから寝なさい」


と落ち着かせたのですが、

T子ちゃんは勉強しないと

「怖い」と思う程、勉強が習慣になっていたのです。

そんな彼女の結果は

学校からは中堅私立大学も

心配と言われていたT子ちゃんでしたが、

3年生の夏には、学年3位まで成績が上がり

評定も4.8と国立大学の推薦が取れるまでになりました。

そして、小論文と面接で推薦受験し

滋賀大学教育学部に見事、現役合格を果たし

部活でも全国3位の結果で

TVにも出たとのことでした。

彼女は私に


「本当に自分の努力は嘘つかないね!
苦しいこともいっぱいあったけど
良い経験でした。ボランティアも続けます。
仕事にも役に立つと思います!
本当にありがとうございました!」


と残し、卒業して行きました。

私は何もしていません。

彼女の努力が実を結んだだけです。


「夢と目標を持つ!それを行動に変え、
習慣にし、継続する!」



ってすごいことだと改めて実感しました。

彼女の将来に幸あれ!!


(その他の受験情報はこちら)



当blogは人気ブログランキングに参加しています

| 高校生 | 15:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

成長とは?本当のサポートとは?

成長には
ある種の痛みが
伴う場合もあるかもしれませんね・・・。


【第403回】


題名にあることの答えを

今も求め続けています。


生徒との出会いと別れを

繰り返すたびに

手紙を頂いていますが、

この手紙の中にその答えの

ヒントになることが

毎回隠されています。

これは、いくつかの

手紙の中のフレーズです。


★ただ勉強すること(学力を上げること)
だけが勉強ではないことに
Dcを通して気づきました。

★中央大学法学部に落ち
コーヒーをぶちまけた時は、
もうだめかと思いましたが、
今は早慶ダブル合格の為に
必要だったことなのだと
思います。愚痴ばっかりだった
僕は、自分に訪れることは
すべて自分にとって
必要なことなのだと考えることが
できるようになりました。

★弱音を聞いてくれたり
悩みを聞いてくれたり
怒ってくれたり
励ましてくれたり
そのことを一番感謝しています。

★勉強面もそうですが
精神面で助けられたことが
たくさんありました。
「考え方」次第で
自分は変われると思いました。

★「人はひとりでは生きていけない。
自分はみんなに支えられて生きている。」
受験勉強をして一番感じたことです。
「感謝すること」を学びました。
周りの人に感謝しながら
生きていこうと思います。

★第一志望には残念ながら
行けませんでしたが、
どの大学に行ったかを
問題にするのではなく
行った大学でどれだけ
努力するかを大事にしていきます。
努力することは
楽しいことだと思えるようになりました。



生徒たちのこの言葉を聞いて

「教育」

に何が必要か見えてきそうです。



(その他の受験情報はこちら)



当blogは人気ブログランキングに参加しています

| 教育 | 18:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

嬉しかったこと

感謝されるって

人として生きていて
一番嬉しいことかもしれませんね♪


【第402回】


先日ある3年の女の子と

面談をしたときのこと。

勉強嫌いだった彼女が変わっていました。


「私、1.2年の時遊びすぎたんです。
そのツケが今まわってきてるんです。
私、DCに入って良かったです。
きっと、DCに入ってなかったら、
こんなに頑張ってないと思う。
この時期になってもこんなにやってないですよ。
そのまま3年生も終わっちゃったかも。
有難うございます。
親もすごくびっくりしてるんですよ、
私が勉強頑張ってるから(笑)」



すごく嬉しかったです♪

DC・JPCは生徒の

やる気を育てるところだ!

と再確認。

そして、感謝することは大事だと、

親にも、勉強できる環境にも

感謝だよ、と伝えてきて、

こちらが感謝されてしまって、

すごく嬉しかったです。

生徒にやる気をもらいました!

私ももっと勉強するぞー!



(その他の受験情報はこちら)



当blogは人気ブログランキングに参加しています

| 受験生 | 14:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Do your best

単純明快に考え、行動することも
時には、必要なんだと思います。


【第401回】


高校3年生の夏。

この時期はほとんどの子が

不安や焦りを感じていると思います。

先日、志望校を変更した方がいいのでは・・

と相談してきたHちゃん。

模試の結果が思わしくなかったからだった。


「今の成績がどうであれ、
志望校を変えたりするのは
他の受験生の思うツボだよ!!
だって、ライバルが勝手に減るんだから。
受験であれば当日勝負!
模試の結果で一喜一憂
している暇があるなら、
模試後の復習を徹底するとか、
志望校の傾向に沿った
勉強に力を入れなさい!
受験してダメならまだしも、
受けなかった後悔は
ずっと残るんじゃない?
安易に大学を変えて合格しても、
4年間楽しく通えるかなぁ?
苦しくても自分を信じて
最後まで諦めない! 
これが合格の秘訣だよ(^_^)」



と、話しました。すると、


「そうですよね。
自信が無くなって不安でしたけど、
やっぱり自分の行きたい大学は
諦めたくないから頑張ってみます!」



とHちゃん。

勿論、最後まで諦めずに

頑張ったから必ず

「合格」

があるとは限りません。

ただ、この大学受験で培った

いろんな経験は、

きっと社会に出てからも

役にたつでしょう。

生徒達が大人になってから、

困難にぶつかった時に、

私が言い続けてきた


「諦めない事の大切さ」


を思い出してほしいなと思います。

勉強の実力も勿論必要ですが、

最後までやり遂げる強い精神力を、

この大学受験を通して、

皆さんに付けて欲しいなと思います。

気持ちと体は一心同体!

暑い日が続きますが、

皆さん体調管理には十分気をつけて

受験を乗り切ってください!!



(その他の受験情報はこちら)



当blogは人気ブログランキングに参加しています

| 受験生 | 12:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

失敗は○○の元

きっと、成功の数だけ
失敗があるんだと思います。


【第400回】


土曜・日曜と

センタープレテスト(模擬試験)だった

受講生と面談した。

この生徒は3ヶ月前まで、

物理の点数が赤点だった受講生だ。

最近の定期試験では

学年12位/360人まで上げてきた。


「聞いてくださいよ~」


苦笑いで話しかけてきた。


「物理の選択問題で
3問中1問選ぶところを、
2問やってしまったんです!」



理由を聞くと、色々な問題点がでてきた。


①マークシートが複数回答欄存在し
選択数を超えていた
②選択説明文が表紙にしか
書いていなかったため気付かず
③物理が得意になって、
試験時間が余った



日頃、全ての事象を

自己否定することを

生徒に教えている私は、


「良かったね!これでセンター試験で
同じことは二度としないね!」



「自己否定は人間性を育てる」


ことを実証した返事が来た。

その生徒は言う。


「二度と!絶対!間違ってもしませんよ!」


多分物理の選択問題の点数は

0点であろうが、笑顔でこう続けた。


「数学の98点の方が問題ですよ~。
時間足りなくて!」



改善点を明確且つ的確に分析できている

この受講生の未来は明るい。


「人間的に挫折を跳ね返す力のある生徒だ」


私は日々の使命に感謝している。



(その他の受験情報はこちら)



当blogは人気ブログランキングに参加しています

| 受験生 | 14:32 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

素直な気持ち

反抗ばかりしてたら
成長はないんだと思います。
思えば、私も素直な気持ちの時の方が
本当に必要なことを学べたと思います。


【第399回】



先日、ある生徒のお母さんより、

連絡が入りました。


「うちの子、相変わらずで
何を考えているんだか、
勉強ほったらかしで、
夏休みに入ってからは直一層、
自分勝手に動いて、
バイトまで始めたんですよ・・・。」



その生徒の高校は、

進学校という進学校ではないのですが、

その生徒はもともと学力がない訳ではなく、

ただ極端と言っていい程、

1年生の時は結果にかなり波がありました。

本人からは2年生に進級し、

初めての定期テスト、

模試の結果では校内でなんと、

学年で初めて1番を取った

との報告を受けていました。

しかし、その結果をお母さんに

今回は話すことなく、

思春期ということもあり、

家では一切、会話をしないようで、

その為に母親は現状が分からないようでした。

本人と話してをしてみると、

本人は本人で自分の考え、

取り組み方があって頑張っているのに、

親よりあれこれ全て

勉強以外でも否定をされ、

理解が得られない悲しさに

反抗していたようです・・・。

その生徒は、確かに

性格が気難しく(^_^.) 

相手によって見事に

人格がかわるほど、

私も最初は、

気を許して貰えるまですごい反抗ぶりでした・・。

ですが、本人との日々対応の中で、

誉めるところは誉め、

いけないことは遠慮なく叱り、

対応をしていった状況でした。

しかし今回本人から


「○○さんごめんなさい。。
私、素直じゃないんですよね。。
今まで、反抗していてすみませんでした。
反抗して結果困るのは自分なのに、
自分勝手な気分で、
勉強へも取り組みが
やる気があったりなかったりで、
こんなにも気持ちの有り方で
差が出てしまうなんて・・・。
本当、今まで子供過ぎました・・・。
今回は、自分なりに
これじゃいけないと思い、
気持ちをしっかり持って
頑張った結果でした。
最近はバイトも通して、
社会勉強にもなり、
自分でも成長が
感じられるようになりました。
これからも、まだまだですが
こんな私をどうぞ宜しくお願いします。」



との事。

お~!なんてことだっ!!\(◎o◎)/

あんなにすごい反抗ぶりだったのに、

すごい変わりように

私もビックリでした☆

思わず、今までない素直さに、

とても胸が打たれた思いでした。

彼女も状況を考え、

バイトは一日しても

2時間と決め、やっているようです。

お母さんとの対応には、

まだまだ本人もいい分があるようで、

素直になれないようですが^_^; 

これからの彼女の成長に

乞うご期待です!!


(その他の受験情報はこちら)



当blogは人気ブログランキングに参加しています


| 高校生 | 12:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

筋肉と平和

そんな彼女の行く末が
私も微妙に気になります・・・。


【第398回】



今日自習しにきた女の子で、

六月に陸上部を引退して

体重が5キロ落ち、

ウエストが5センチ増えちゃった

G藤さん。

ベンチプレスで50キロ以上

上げられるらしいんですけど…

もしかして俺、

持ち上げられちゃうんじゃね?

これは怒らせないように気を付けないと。

でもそんなホットな彼女も

勉強中心の生活を続けていってくれれば

来年の春には鉛筆を

バキ②折らないような

クールビューティーに

生まれ変わってくれるでしょう。

そう切にネガっています。 


(その他の受験情報はこちら)



当blogは人気ブログランキングに参加しています

| 高校生 | 16:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

百聞は一見にしかず

実際に自分の目で確かめるって
大事なことですよね。


【第397回】



よく百聞は一見にしかずといいます。

先月7月30日に早稲田大学の

オープンキャンパスがありました。

3年生なのになかなか受験勉強の

波に乗れないY君を無理矢理

オープンキャンパスにいかせました。

行くまえは


「やっぱり行かなきゃだめですか?
僕は早稲田は受験しませんよ」



とぐずぐず言っていたのですが

オープンキャンパスから帰って来るなり


「僕早稲田に決めました。早稲田を受験します」


と連絡がきました。

連絡を受けた私のほうが目が点です。

いったい彼に何が起きたのでしょうか?


「どうして早稲田?」


と聞いたら


「やっぱりオープンキャンパスには
行かなきゃだめですよね。
僕のやりたいことは早稲田にあったんです。
絶対早稲田に行きます」



とのこと。

無理矢理行かせたときは

ちょっと強引すぎたかなと思いましたが、

やはり行かせて正解だったと思います。

彼は大学はどんなことをするのか

実際にはわかってなかったんですね。

パンフレットをみてやりたいことはこれかな?

という感じで学部が決まれば

どこの大学でも同じことができる

と思っていたようです。

でも実際に模擬講義に出て


「これだ!」


と思った様です。

今までは友達に誘われると

勉強より友達を優先していた彼が

今では友達の誘いも断り


「友達は早稲田に入ってから作ります」

といって一日中勉強をしています。

実際私自身もこんなに生徒が変わるとは

思ってなかったのでびっくりでした。

彼にはぜひ早稲田に合格して欲しいと思います。

まだ一度もオープンキャンパスへ

行ったことのない人は

この夏一つくらいは行ってみてはどうですか?

勉強への意欲も数倍変わりますよ。


(その他の受験情報はこちら)



当blogは人気ブログランキングに参加しています

| 受験生 | 23:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

発想の転換

ナルホド!
ちょっと見方を変えるだけで
希望が見えてきますね~♪


【第396回】



3年生が志望校のセンター得点率を見て、

ショックを受けていました。


A君「これ、ムリっすよぉ( ̄□ ̄;)」


彼が見ていたのは、千葉大の法学科。

この時期になって、初めて見たんですね。

受験雑誌のデータでは、

センター得点率80%。


A君「8割なんて取れる気がしねぇ...
      志望変えよかな...(_ _;」



ヤバイ!せっかく、

やりたいことが見つかったって喜んでたのに、

ココで簡単に諦めて欲しくはない!


小生「A君、センター試験はマークシートだ。
どうだ?0点取ることはできると思うかい?d(^-^)」



A君「まぁ、0点はさすがに無いと思います(=_=)
でも、8割は...(_ _;」



小生「そうだね、0点はまず無い。それどころか、
ことごとく正解を当ててしまったら?d(^o^)」



A君「満点!それは、ありえねぇ...(_ _;」


小生「ははは...センターの問題は、
受験レベルの問題としては標準的
素直な問題ばかりだね!
しかも、マークシートだから、
数学以外は正解がそこにあるわけだ。
つまり、勘で答えても、
運が良ければ満点はあり得る。
可能性としてね。
ちなみに、解答を見れば、
全く分からないという問題は
ほとんど無いんじゃないか?」



A君「そりゃぁ、答え見ればね...(-з-)」


小生「だったら、なおさらだ!
解答を見てでも、それが正解である
ということに“なるほど感”があるなら、
頭の中に知識はある、ということだろ?
知識があるなら、なおさら満点はあり得る!
でしょ!?
テストっていうのはそういうものなんだよ!
満点はあり得るんだ!
全ての問題に答えはあるからね!
これは、マーク式に限られた話じゃない。
記述式であっても、模範解答というものがあって、
ことごとくこれと同等の解答を用意できたら、
満点はあり得るんだよ!
今からセンターまで、
あと半年近く期間がある。
その間に、A君は確実に成長する!
今でさえ満点取れる可能性があるのだから、
センター試験当日は今よりも満点をとる
可能性が上がる。
どうだ、それでも、満点はありえねぇ!
って言えるかい?d(-_-)」



A君「なくはないかな...(=_=;」


小生「そう、なくはない!それでいい!
まず、テストは満点をとり得る!という
のが前提なんだよ!
でも、A君は満点をとる必要はない!
満点取れるテストなのに
8割で良いんだよ!
ということは...?
5題に1題、間違えてもOKということなんだよ!
満点が前提なのに、間違いが許されてるんだよ!
満点を取り得るテストで、2割間違える!
それなら、出来そうじゃないか!?d(^o^)b」



A君「“2割は間違えてもいい”か...
結構、余裕があるなぁ...
“間違えてもいい”って考えると、
出来そうかな...(゜ー゜*)←この日初めての笑顔



この後、科目ごとに何割を目標とするか、

相談しました。

英語は2割間違えてOK!

数学は1割間違えてOK...で、

トータルで8割だ!

やった、これなら出来そうだ!

A君も、帰るときにはすっかり

笑顔(^-^)vやる気満々でした。

発想の転換って大事ですねd(^-^)

(その他の受験情報はこちら)



当blogは人気ブログランキングに参加しています


| とある受講生 | 15:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

受験生という名の主人公

これを読んで
勇気を持って頂けたら幸いです・・・。


【第395回】



東京大学の文Ⅰに合格した

現在大学3年生になるT君の話し。


「政界に入って、今の日本の
堕落を変えてやる!!」


とDcから旅立っていった。

そんな彼にとって

東大への道は

決してラクなものではなかった。

ラストはそれこそ号泣ものの

ドラマがあったのです・・・。


実はもともとT君は、

東大に合格できる力はありませんでした。

2年生の模試も3年生の時も

夏休み前までずーっとE判定

だけど、彼はめげることなく

コツコツと計画表にそってテキストをこなし

わからなかったら

「教室通うのはめんどくさい」

と不精者だったので

いつも家から東京へ

FAXをせっせと送っていました。

そうしているうちに

夏が過ぎて9月になり

今までずーっとEだったマーク模試の判定が

一気にまで跳ね上がり

東大オープン、東大プレ、全部の判定は

AかBに!!

そんなふうに3年生の12月までは

平和に日々が過ぎていきました。

このまま何もなくすんなりと

T君は東大へ合格するだろうと

誰もが信じていました。

しかし、そんな彼に

大きな大きな試練を与えたのです。

それは1本の電話でした。


「Sさーん やっちゃいましたー」


忘れもしないセンターが終了した

次の日のこと。

自己採点の結果を報告してくれたのですが

数ⅡB以外は全て85点以上とったのに

こともあろうに数ⅡBで58点・・・

そしてリサーチ結果が返ってきました。

「Sさーん どうしよー
文ⅠはDで、文ⅡはBで、
文ⅢはCなんですけど
やっぱり、ⅡかⅢに変えるべきですか?」


リサーチ結果が返ってきて

判定がDというのをみて

さすがに「うっ…」となったのでしょう。

学校の先生にも友達にも相談したら

「Ⅰ類はやめたら?」

と言うんです。とT君。

とにかく聞いて欲しかったのでしょう。

学校の先生にはこう言われた

友達のA君にはああ言われた

延々2時間彼はしゃべり続けました。

ひとしきりしゃべり終わったT君に
(しゃべり疲れた?)

私はこう言いました。


「あのねT君、合格しても
ダメだったとしても全て結果は
自分の身に降りかかってくるの。
だから、T君が後悔しない選択
をしなさい。このD判定はもう
変わらない。だけど判定がD、
あとはBとかCとかの人って
結構他の大学へ変えてしまう
場合もある。もし、今回まわり
がそうする人が多いなら、強気
で出した人の方が勝つよね」



・・・それから10日後。

またT君から電話が来ました。

彼は一言こう報告してきました。


「色々考えたんですけど
Ⅰ類で出しちゃいました。
後悔したくなかったんです。」


それが彼の回答でした。

それから前期日程の合格発表までは

T君からの電話はありませんでした。

そして3月10日。

「Sさーん 番号あったー 受かったー!!」

との連絡がありました。


ちょっと話しは長くなりましたが

でも、これノンフィクションです。

実は、これを読んでいるあなたも

こんなドラマのようなストーリーを

自分で作ることができるのです!

お話はこれでおしまいです。

いい話だったでしょ?(笑)

(その他の受験情報はこちら)



当blogは人気ブログランキングに参加しています






| とある受講生 | 01:24 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

壁を乗り越える

葛藤の中で成長する。
まさに青春そのものではないでしょうか。


【第394回】



先日、3年生のある受講生が

こんな事を行ってきました。

「昨日、学校で三者面談があって
担任の先生にAO入試を薦められ
たんですけど・・・」


その生徒はある部活動で全国大会に

活かすべきと言われたそうです。

ただ、その生徒は保育士を目指していて、

自分が行きたい大学にAO入試が

ありませんでした。

担任からは、

「短大でも良いのではないか?」

と薦められたそうです。

全国大会に出場というのは、

並大抵の努力では不可能です。

その経歴を入試に利用したいという

気持ちがあるのは当然です。

その生徒は続けてこんなふうに言ってきました。


「私は中高一貫コースなので高校受験を
 経験してないんです。だから、大学受験
   (一般入試)がとても怖いんです」



ちなみに彼女は、中学受験で

第3志望の学校に入学しました。


「でも、壁を乗り越えないまま
大人になってしまうのも怖いんです」



そしてその後彼女は、今までの選択で

いろんな事に後悔してきた事や、

自分に満足していない事などを

話し始めました。

20分ほど話しを聞いた後に

彼女は結論を出しました。


「結果はどうであれ、一般受験を
  全力でチャレンジしたいんですけど
       応援してもらえますか?」



受験生は色々な面で

色々な葛藤をしているんだなぁと

考えさせられます。

そんな生徒たちと一緒に

成長できるのは幸せですね。

(その他の受験情報はこちら)



当blogは人気ブログランキングに参加しています


| とある受講生 | 17:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

将来の自分を見据える

高校生諸君!

皆さんの将来の凛々しい姿を

楽しみにしています!


【第393回】



3年生にとっては大切な夏休み。

しかし、1・2年生にとっても重要な夏休みになります。

しっかりと、将来を見据えて、

オープンキャンパスなどに行ってみてほしいですね。

さて、最近受験生フォローの多い私。

生徒が成長した姿を垣間見ることがあります。

1年生の頃から毎日のように自習に来ていた

男の子のフォローをしていたとき・・・

「最近、言い訳する生徒多いよね・・・
部活とか、バイトとか、
風邪引いたとか・・・。
ただ自分が時間を上手く使っていないだけなのに、
フォローしている人がかわいそうだよ。」


と、驚きの一言。

1年前に私がその生徒に向って言った言葉を

そのまま私に向けてきたのです。

成長したなぁ・・・。

私の思っていることを感じてくれているって嬉しいなぁ。

と思いました。

 ここで、ちょっと皆さんにも考えてもらいたいと思います。
 
 「~のせい」 にしている人、多くないですか?

・時間がないのは、時間のせいですか?
・勉強できないのはやる気のせいですか?
 

 全て、自分の責任ですよね。

確かに人のせいにするって簡単だし楽です。

でも、自分の人生を馬鹿にしていませんか?

結局生きていくのは自分自身。

結論を出すのも自分自身。

この夏休み中で

「どんな自分になりたいのか?」

を真剣に考えてみるのもいいかもしれません。

みんな、かっこいい&かわいい大人になって下さいね。

(その他の受験情報はこちら)



当blogは人気ブログランキングに参加しています

| とある受講生 | 16:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2006年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年09月

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。