爆勝(笑)☆大学受験奮闘記

JPC日本プロデュースセンタースタッフブログ

2006年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年08月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

自信とは?

ご意見ありましたら、コメントお願いしまーす!


【第392回】



『私、やっても上がらないんです!!』

Rちゃんが、そんなことを言ってきました。

もともと勉強ができないタイプではないんですが、

ちょっと伸び悩んでいる時期のようです。

色々話を聞いてみると親の期待がものすごく大きく、

「トップクラスの大学でなければ
大学に行かせてもらえない」


とのこと…。

『正直、受かる気がしないんです…。
でも私の場合、他の人達と違って
この大学に行かなければ人生変わっちゃうんです。
他の大学は無いんです!!』


相当思いつめていたらしく、話している最中に

泣き出してしまいました。

私の経験からすると

『自信』というものは、

人から与えてもらうものではなく、

自分自身の中から搾り出すものだと思います。

「自分はこれだけやったんだから成功するに決まっている!」

そう思い込めるだけのバックボーンを作らなければ、

僕がどんな言葉を掛けても気休め程度にしかならないと思い、

すこし厳しい話をしました。

少ししょんぼりしていたRちゃんをみて、

他の話し方をしたほうが良かったかな…

と思ったりもしました。

さて、みなさんならこんな時なんと声を掛けますか?


(その他の受験情報はこちら)



当blogは人気ブログランキングに参加しています


スポンサーサイト

| とある受講生 | 16:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

信じるということ

「信じる」って

ものすごいパワーを持っているんです!


【第391回】



私は生徒を信じているんです。

だから私を生徒も信じてくれるんだと思うんですね。

鏡の法則とでも言うのでしょうかね。

して欲しいことは、自らすることによって

返ってくるものだと思うんです。

1年生の頃からフォローしているある生徒の話です。

生徒は男の子。

周囲を信用していないのか、体裁を繕うのが上手いのか、

なかなか本音を言わず、お返事「ハイ」の上手い子なんです。

そのせいか同世代の子や学校に馴染めずいるようでした。

でも、今まで根気強く彼の話に耳を傾け、

何度も話し合ってきたんです。

月日が経ち、2年生になる頃には

何でも悪い事も良い事も包み隠さず

話してくれるようになりました。

どうやら私のことを信用してくれたみたいです。

3年生になり、そんな彼も進路に真剣に向き合う

時期が差し迫ってきちゃいました。

彼の希望は「社会福祉科」に進学すること。

社会的弱者を守り、道を示してあげたいそうなんです。

エライ!

素敵な信念があるのですが、

その信念を周囲には話せずにいるそうです。

彼は

「俺がそんなこと言っても
誰も信用してくれない、笑われるだけ」


なんて言うんです。

でも私は彼の夢に心から賛同します!

だって素晴らしいことじゃないですか。

だから、夢が実現できるように、

彼には厳しいかもしれない勉強の指示を出しました。

それを・・・

彼はやっているんです!逃げずにやっているんです!

勉強時間1時間だった彼が、なんと今は

6時間勉強やっているんです。

誰も信じてくれないからと背を向けちゃダメです。

必ず分かってくれる人がいるはずなんです!

そんな1人が居ることによって、

今まで出せなかった力が引き出されるかもしれません。

高校生のみなさんも是非これからの人生で

心から信じてくれる人を見つけて下さいね!

(その他の受験情報はこちら)



当blogは人気ブログランキングに参加しています



| とある受講生 | 01:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

知らないだけ。

実際に見るのと見ないのでは大違い!?


【第390回】



夏休みに入って、オープンキャンパスのシーズンですね。

この大学に行くんだ!

と、モチベーションをあげるために

大学を見てくる3年生の生徒が多いですが、

私は、今の時期はむしろ2年生に、行ってきたら?

と勧めています。

家でよくパソコンを使っていて、

なんとなくコンピュータ関係の仕事をしたいな

と思っていた2年生のYちゃん。

でも、大学で高度な学問をするのって大変そう…

といまいち、勉強に身が入っていませんでした。

そこで私は、いくつか資料を取り寄せて

オープンキャンパスに行っておいでよ、

とアドバイスしました。

すると、Yちゃんから電話があって、

「大学って良くわからなかったけど、
行ってみたら面白そうな研究とか
いっぱいやっていて、すごく楽しそう
だった。あそこで勉強したい!」


とのこと。

夏休みは1学期の総復習をしようと燃えているそうです。

Yちゃんだって、やる気がないとか

向上心がない子なんじゃなくて、

大学でどんなことをやっているのか

ただ知らなかっただけなんですよね。

やっぱり何でも自分の目で見てみると、

よくわかるんですね。

よかったよかった。


(その他の受験情報はこちら)



当blogは人気ブログランキングに参加しています


| とある受講生 | 13:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

夏を楽しむ☆

何かを「クリア」する。
なかなかウレシイ、清清しいもんです。
思い出すな~。頑張って100点取った、あの夏。

・・・あ、小学校2年んときだな・・・○| ̄|_


【第389回】


夏休みに入り、一週間ほどがたちましたが、

皆さん楽しんでますか?(^O^)

ちなみに私は毎日が楽しいです(キッパリ!)

突然ですが・・・

この夏を楽しむ為に1,2年生に向けてウチでは、

ある取り組をしております。

題して、

「去年の自分より宿題を早く終わらせよう!!キャンペーン」

(ネーミングださっ!!Σ( ̄□ ̄|||))

我ながらネーミングセンスの無さにガッカリ…( ̄▽ ̄;)

ではありますが、実際に生徒たちへ毎日呼びかけをしています。

そうすると生徒たちから様々な反応があり面白いですよ(o^_^o)

・話にいち早くノッてくる子たち。

・第一声が、「無理~!」って子たち。

・まるで他人事のように聞いている子たち。


等など反応は様々。

皆さんはどうですか?(^O^)

ただし、これは呼びかけであって強制する気はないんです。

生徒たちには、この夏休みを通して、

「達成感」や「満足感」を味わってもらいたい☆

それが、私個人の願いなんです。


結果がどうであれ(良いに越した事はないんですが)

一つの目標に向かって(大小関係無く)努力をしたという経験は、

生徒たちを成長させてくれるはずです。(^^


「きっとできる!」と自分を信じ、生徒たちを信じる<(`^´)>

だから私は、毎日が楽しいし楽しんでます☆

これを目にしたのも何かの縁(なんじゃそりゃ…)

皆さんもこの夏を楽しんでみて下さいね~♪(^O^)/~~


(その他の受験情報はこちら)



当blogは人気ブログランキングに参加しています

| とある受講生 | 10:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

どこで取り組む?

夏休み。いよいよ受験モード全開です。
志望校を決め、参考書問題集を決めて、
「さぁ、やるぞっ!」

で、「勉強する場所」、どこか決めました?


【第388回】


彼女は、元生徒会長。

今でも、生徒会の仕事が回ってきたりします。

正直、勉強できる時間が限られてしまってます。


先日。JPCでチューターと進路の相談をしていたときのこと。

そのチューターは美術史を専攻していて、

その話で盛り上がっていました。

そしてその彼女は、その大学に憧れます。しかし・・・


現状、かなり厳しい道のりになりそうです。

いかに厳しいかを伝え、それに立ち向かう覚悟については、

「あるっ!」

と即答。また、

「入試に絶対はない。

 自分で選んだ道なら後悔しないっ!」
と。

私、圧倒されてしまいました。

かくして志望校が決定。

後日、学校の三者面談でそれを報告。すると先生は、

「あっそう・・・」と素っ気ない。そして、

あれこれと遠まわしな話があって、その結論が、





「志望校変えたら?( ゚д゚)」


それに対して、彼女。


「絶対見返すっ!

 卒業式で答辞読むし

 その時に

 絶っ対、見返すっ!」



まず、自分で長期の学習計画を練り上げます。

そして、自宅では勉強に集中できないと判断。

近所にお住まいの、お祖母ちゃんの家で

受験勉強に没頭することに決めました。


そして現在。



めっちゃくちゃ頑張っていますっ!


どんどん自分ひとりでできるようになっています。

この調子でいけば、何とか「見返す」ことが

できるんじゃないかな~っ。


夏休み。この時期の成果は、結果に大きく影響します。

何に取り組む。

何を使って取り組む。

どれくらい取り組む。

いろいろ考えることがあって大変ですが、もうひとつ。


どこで取り組む。


を考えてみてください。

集中できる環境の確保。

これ、かなり重要ですよ。


(その他の受験情報はこちら)



当blogは人気ブログランキングに参加しています

| とある受講生 | 10:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

親の心

のんびり過ぎると、成績が心配。
頑張りすぎると、体が心配。
どっちにしても「心配」。

感謝しなきゃなって思います。ほんとに。


【第387回】


先日、獣医学部を目指す3年生のお母様から電話。

「親の私が言うのも変ですけど、家では

 体を壊すんじゃないかと思うくらいやってるんです。

 指示通り進んでますか?」
とのこと。

私から、S君の近況を報告させて頂きました。


S君。小学校で野球を始め、高校進学後も野球部へ。

しかし、入学後しばらくして、ケガをしてしまい、

大好きな野球は続けられなくなりました。。。


野球を辞めても、すぐに勉強に切り替えることは

なかなかできない様子でした。

私は常々、

「生徒さんが机に向かっている様子が見られなければ、

 私に連絡してください。親御さんが直接注意すると、

 ケンカになるかもしれませんので。」


と伝えています。なので、S君のお母様からは、

「今のペースで大丈夫ですか?

 もう少し頑張るように指示してください。」
と度々

連絡を頂いておりました。


そんな、2年生の1学期末。

テストの結果が思わしくなく、S君は焦りを感じます。

また、そのタイミングで担任から

「進路を考え直したほうが良いんじゃないか?」

と言われてしまいます・・・

その一言がS君の気持ちにをつけました。

それからS君は激変します。

受験校選びに悩んだ時期もありましたが、

獣医学部を目標に、ひたすら勉強に打ち込んでいます。

お母様が、体調を心配するほどに・・・


勝負はまだまだこれからですので、

「食事や睡眠も大事だよ」なんて話をしながら、

体調管理にも気をつけさせなきゃな~と思います。

そして、彼の決意やお母様の心遣いが、

実を結ぶよう、頑張り続けて欲しいと思います。


(その他の受験情報はこちら)



当blogは人気ブログランキングに参加しています



| 親子関係 | 11:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ピンチはチャンス?!

負けてこそ、わかること。
それを如何に「糧」にできるか?

結局、「自分次第」なんだと思います。


【第387回】


いつものように生徒宅に電話していた時の事。

受講生のSくんのお母さんに

「もう駄目かもしれません」

と言われてビックリ(@_@)しました。

現在3年生のSくんは、中学時代から

ずっと野球部に在籍しています。


ポジションはピッチャー。

でも怪我に悩まされる事が多く、エースナンバーをつけることが

なかなかできないでいました。


監督の「1日300球投げ込みしろ」などの無茶な指令を

必死にこなし、最後の大会でようやく先発の座を勝ち取りました。

テレビの中継でのインタビュー。

「彼は私が自信を持って先発にしました」と監督。

「きっとやってくれると思います」とお母さん。

監督からの太鼓判、お母さんから期待、

そして全校応援の声を一身に受けての先発マウンドでした。


いよいよプレイボールっ!



ところが・・・


今までベンチで応援するだけだった状態から一気に試合の中心に。

プレッシャーで、意識はハッキリしているものの、

体が思うように動かなかったそうです。


加えて、ボールぎりぎりのコースを突いて攻めるのが、

S君の持ち味なんですが、

この試合、「辛口なことで有名」な審判が主審。

S君の「決め球」はことごとくボールの判定。

結果リズムはガタガタ、1回表で失点3、

初回で降板してしまったとのことでした。。。

ベンチに戻って監督から詰られ、

レギュラー落ちしたメンバーからは

「ユニフォーム返せ」と罵られ、

帰宅後も沈みっぱなし。

最終的にチームは打撃陣の頑張りでチームは勝利しましたが、

S君は沈んだテンションのまま合宿へ向かったそうです。


・・・で、「もう駄目かもしれない」とのこと。



そこで自分も過去に大事な試合で負けた事、

地元に帰る度に同じ内容で責められる事を話しました。

一度プレッシャーに負けたこと、つまり自分に負けたこと。

それをどう受け止めて、どう行動するかが大事であること。


するとお母さんは、ちょっと落ち着いて、

「是非息子にもその話をしてあげて下さい」

とおっしゃってました。



勝負は瞬間的なもの。受験も当然そうですが、

人生において同様に窮地に立たされる事は多くあります。

ピンチになった時にこそ真価が問われる。

生徒に話しながら、私たちもそう有らないとな、

と改めて思いました。


(その他の受験情報はこちら)



当blogは人気ブログランキングに参加しています

| 親子関係 | 11:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大学受験の価値

大学受験は、夢を叶えるための第一歩。
また大人になるための第一歩かもしれませんね・・・


【第386回】


いよいよ高校3年生も、受験本番になってきました。

生徒たちに立てる計画も一日5時間のものとか、8時間のものとか

今までになかった時間のものになっています。

そんな計画を立てた生徒から言われたことが、


「1.2年はやれない理由が作れて楽だったな」

・・・そうなんだよね。

大学受験は受験生の事情(得意とか不得意、好きとか嫌い)

にはあわせてくれないものなんだよね。



国立受験で

「数学苦手なんで数学はずして受験させて」とか

「部活11月までやってたのでセンター試験を2月に受けさせて」

なんていえないものね。

だから自分が大学受験にあわせなければならない。

でもそれは社会に出ても同じです。

会社や組織は社員にはあわせてくれない。

その会社や組織で成功しようと思ったら、

その会社や組織に自分を合わせていかなければならないんです。

正直、入るだけで幸せになれる会社なんでそうそうない。

でも大学受験を通してそのことに慣れていたら、

皆さんはどんな会社に入っても成功することが出来る。


だから大学受験って価値があるんだと思いますよ。



(その他の受験情報はこちら)



当blogは人気ブログランキングに参加しています

| ちょっとコラム | 10:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

合格の秘訣を探ろう!

実際に現役で合格した「成功者」の
話を参考にしてみてはいかがでしょう?


【第385回】


8月に名古屋大学に入学したこのゼミの卒業生と

現役チューターを集めて、現受講生との交流会を開く予定です。

この時期、オープンキャンパスに行くよう、生徒には強く言います。

やはり、オープンキャンパスに行った生徒達は、

自分が想像していた大学と実際の大学の規模の大きさのギャップに感動し、


「絶対に受かりたい!大学生になりたい!」


と心から思うようになり、小さな言い訳をしなくなり、

人が変わったように本気で勉強に取り組むようになっています。



大学のオープンキャンパスは高校生に向けて

大学の教授が話しをする事が多いようです。

それに対しウチの交流会では、「リアルな大学生活」を

実際の大学生に聞けるので

オープンキャンパスとは違う新鮮さがあり、

新たに合格に対して本気になってくれる材料

としてもらえればと思います。




(その他の受験情報はこちら)



当blogは人気ブログランキングに参加しています

| とある受講生 | 10:07 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

みちしるべ

①現在地・目的地がハッキリしてるけど、すんごい長い道のりの旅。(地図装備)
②実は短いんだけど、イマイチ現在地点がハッキリしない旅。(地図なし)

頑張れるのは、どっち?


【第384回】


先日受験までの長期計画表を作成しに来た3年生のKくん。

今日はお母さんにそのときの報告と

今後の流れを説明するためにTELしました。

するとお母さんからこんな報告が。



「指示を貰ったその日に早速本屋に行って

本(赤本)を買ってきたのですが、

 その分厚い本を持ってニコニコうれしそうにしてるんですよ。

 いつになったらやる気になるのか親の方が焦ってましたけど、

 本人が楽しそうに勉強に取り組み始めたので本当に良かったです。」



これはとっても意外でした。

実はKくん、つい最近まで部活ばかりの毎日を送っていて

正直あまり勉強してませんでした。

通っている高校もどちらかというと就職する生徒が多い学校なので、

あまり現実も分かっていないようだったし・・・。

そこで強制的にセンター試験の過去問をやらせたのですが、

結果は想像していたとおり・・・。

本人もかなり凹んでたので、

実は計画を立てたもののやる気になるかどうか心配だったんです。


でも現実を知ることでやる気になってくれたのであればなにより!

計画表もやることを明確にしてくれたから

余計やる気になったんだな、と思います。

凹みっぱなしにならなくて良かったぁ~。


(その他の受験情報はこちら)



当blogは人気ブログランキングに参加しています

| とある受講生 | 13:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

完全燃焼

夏の甲子園。
出場権をかけた、壮絶なドラマが
毎日繰り広げられています。


【第383回】


白熱が続いている高校野球。

私の母校は、3回戦で姿を消しました _| ̄|〇

創部100年目の記念の年だっただけに残念です(TдT)

この時期、まだまだ部活に忙しい受講生も多いようです。
             ε=εε=ε=εε=ε=εε=┏( >_<)┛


先日、野球部の受講生のお母様から連絡があったんですが、

「うちの子、勝ち進んでるんですです。

 勝ち進んでくれてるのは嬉しいんですけど…

 受験勉強が全く手が付けられてないんで、そっちが心配です。」


とのこと。

確かに、強い部活の親御さんにしてみれば、

勝ち進むのは嬉しいですけど、

なんとも複雑な心境のようです(〃´o`)

いろいろと話をしたんですが

(電話で1時間近くも話してしまいました。
   
   長電話になって申し訳なかったです)

最終的にお母様の気持ちとしては、


「不完全燃焼に終わって、

 その後の勉強に集中できないことの方が怖い」


とのことでした。

確かに私も、最後の大会は有り余るほどの後悔の念があり、

その後の夏休みは殆ど勉強らしい勉強が出来なかった

という苦い経験があったので、お母様の意見には大賛成です。


その後、二人で、

引退したら部活の練習時間並みに勉強させましょう!

ってことで意気投合しちゃいました(v^-^v)

そのことを本人に話すと


「覚悟は出来てます!」


と頼もしい返事が返ってきました(* ̄_ ̄)9

最後の夏、完全燃焼で終われるように

私も応援してますよp(#^▽゜)q



(その他の受験情報はこちら)



当blogは人気ブログランキングに参加しています

| とある受講生 | 11:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

最高っ!

人間、「笑顔で怒鳴る」「泣き顔で笑う」って
なかなか難しい。
言動は表情に、表情は言動に引っ張られるようです。


【第382回】


毎日のように自習に来る3年生のRちゃん。

毎日勉強に来るのはいいんだけど、

Rちゃんの口癖がよろしくない。


「ねぇ、聞いてくださいよ。もうやだぁ。」

事あるごとにこの「もうやだぁ」を連発するんです。

言葉って不思議なんですが、良い言葉にしても

悪い言葉にしても何度も聞かされていると

周りも影響されるんですよね。

だから、この「もうやだ」を他の生徒に

毎日聞かせるのはそれこそよろしくない。

そこで、Rちゃんには「やだぁ」という言葉

(に限らず、マイナスな言葉)を全て


「最高」

に変えるように言いました。

要するにこんな感じです。


「もうや・・・最高です!」


始めはなかなか言えなかったんですが、

最近は言葉だけでなくアクションまでつけて

元気よく言ってくれるようになりました。

それはそれでなんかの宗教みたいで

怪しいのですが・・・。

でも言葉を変えることで少しでも

気持ちも前向きになってくれるといいなと思います。

今後のRちゃんに期待ですね。


(その他の受験情報はこちら)



当blogは人気ブログランキングに参加しています

| とある受講生 | 10:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

そのギャップが、すてき。

JPCを訪れる高校生。
「一生懸命勉強している姿」で見慣れているので
ちょっとした趣味や特技も「ギャップ」な感じがします。


【第381回】


Hちゃん(2年生)。

一年以上付き合っていて私も今日初めて聞いたんですが、

実は彼女本を読むのが大好きで、多いときには

なんと1ヶ月で30冊くらい読んでいるんじゃないか

って言うんです。

忙しくて全く読めない日があっても

逆に時間がある日には1日に2冊、3冊と

読むこともあるそうです。

これには本当に驚いたというか、普通に尊敬しますよね。


尊敬といえば、Hちゃんはウチの学費を自分で払うために

バイトもしていて、とてもそんなに本を読むような

時間があるようには見えないんですよ。

「洋服とか髪型とかのおしゃれは

我慢しても本は買いたいんですよね。

1万円あったら6~7千円は本買っちゃいます。

最近は本が増えすぎて場所に困ってますけどね(笑)」


・・・って、Hちゃん。

すごく「お堅~い」高校生みたいに聞こえますが、

実際はちょっと違うんですよ。

自由な校風の高校に通うHちゃんは

髪も茶髪だしアクセサリーもしていて、

どちらかというとマンガは読んでも

本は読まないだろうみたいな。 (Hちゃんごめん。)

実はこの日も、

今日計画表を立て直しに、JPCにやってきたんですよ。


Hちゃんみたいに見た目と中身のギャップ

があるのって結構憧れたりします。

かっこいいですよね。


(その他の受験情報はこちら)



当blogは人気ブログランキングに参加しています

| とある受講生 | 14:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

悩みごと

百聞は一見にしかず。

この大学どうかな~って思っているのであれば、
できるだけ行って見たらいいんじゃないでしょうかね?


【第381回】


前回のセミナーで居眠りしていたK君に電話をしてみました。

居眠りのコトを話すと、

「前日まで期末テストで…
 あんまり寝てなくて… ついウトウトと……
 すいませんでしたm(__)m」


と、一応反省はしている様子。

ただ、私的には他に何かセミナーに集中できない
理由があるんじゃないかと思ったので
改めて彼に尋ねたところ、


「実は…

 部活の顧問に推薦受けてみないかって言われてて…

 こないだの模試の結果もあんまり良くなかったし…

 こんな成績じゃ一般はムリかなぁって…

 そんなこと考えながらだったんで、あんまり話聞いてなくって……
 
 つい寝ちゃいました(T_T)」


とのこと。

本人曰く、顧問の先生が勧めてくれている大学も
イヤじゃないらしいのですがイマイチ自分の
やりたいことと違うような気がしてるらしいんです(´Д`)


ひとしきり本人と相談した後に、

「まぁ、悩んでてもしかないですしね。

 来週その大学のオープンキャンパスがあるんで、

 チョット行ってきます!

 実際見てみないと分かんないですもんね!!」


少しは、前向きに行動し始めたようです。
オープンキャンパスに行ったら、
また報告をくれるそうです(#^▽゜)b


(その他の受験情報はこちら)



当blogは人気ブログランキングに参加しています

| とある受講生 | 21:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新発見

管理人の母は歴史好きです。
歴史モノのテレビ番組、歴史小説を読むときなんかは、
よく私の「日本史資料集」を傍らに置いてましたよ。


【第380回】


自習室から

「お~、ほんとだ」

「すげ~、使えるな、これ」


っと声が聞こえたので、

ちょっと覗いてみました。


声の主は3年生男子数名。

「使える」ものの正体はなんとっ!



国語便覧



S君。

先日なんとな~く手にとってパラパラと

眺めてみたそうです。


「絵や写真がいっぱいなんで、

 イメージで覚えられるし、

 日本史でも使えるし。」



ってところが、「すげ~」らしい。


「今まで気がつかなかったの?」


「存在すら忘れてた。(おいおい)

 何事も興味をもって接しないと

 本当の良さってわからないですね。」


ですって。

図録・便覧。眠ったままになってませんか?


(その他の受験情報はこちら)



当blogは人気ブログランキングに参加しています

| とある受講生 | 16:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

電話応対

今や、高校生の9割に普及している携帯電話
ワタシも、高校生と連絡がつきやすいので、
恩恵に預ってはいながらも、
大事な成長の機会を失ってるな~と、思ったり。。。


【第379回】


3年生のHくん

なかなか明朗な好青年です。

そんな彼ですが・・・

この春までは、

私に用事のある時は、メールかFAXか。

で、内容確認のために電話をすると、

いたって、普通の応対。やっぱり明朗な好青年。

でも彼から連絡は、メールかFAX。



ある日

「電話、苦手?」と聞いてみました。

「・・・・苦手じゃないですけど・・・・」


どうやら、

電話をかけて、誰かが出る。その人に、

「自らを名乗り、用件を伝えたり担当に替わってもらう」

にあたり、

「どう応対したらいいのか、イマイチわからない」と。

それじゃマズイと思いつつも

「なんか、今さら、聞けない・・・・」

って状態だったようです。


ごめんごめん。

ちゃんと教えてない大人が悪いね。

と、いうわけで、

JPCのオフィスから電話質問の練習をしたり、

JPCのオフィスに電話をかけ、私に取り次がせるまでの

台本を作って渡したり。ま~

「こんにちは~。(こんばんは~。)

 N高校のHです。○○さんお願いします。」


ってダケですけどね。


はじめは、なんだかタドタドしかったようですが、

今では、バッチリスムーズなようです。

※なぜかHくんからの電話は、
 
 誰かが受けて、わたしに取り次ぐことが多いようです・・・




で、先日。

「こんにちは~。

 N高校のHと申しますが~、

 ○○さんにお取次ぎ頂けますでしょうか~。」



おおっ!進化してる。


Hくん曰く、

「社会に出たら必要。

 なので、ちょっと研究した。」


らしいです。


えらいっ!




(その他の受験情報はこちら)



当blogは人気ブログランキングに参加しています

| とある受講生 | 14:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

切迫感

もうすぐ夏休み。
あなたの「テーマ」は何ですか?


【第378回】


夏休みのテーマ。

<Iちゃん>
「9月には、このぐらいになっていないと合格は無理。

 だから、夏休み中に、これを完了させておかなきゃダメ。」



<Yくん>
「9月に、このぐらいの成績なら、大丈夫。

 夏休みに、これを完成させておけば、イケるでしょうっ!」



目指す大学は違えど、それぞれ良く頑張っています。

二人とも、同じようなことは言ってるんですけどね・・・

なんだか<Iちゃん>のコメントは、

「追い込まれている」って感じがします。

まあ、夏休みの受験生なんで、

切羽詰っているのが普通なのかもしれませんが・・・


なんて言いながら、わたしも

「これ、今出来ていないとヤバいよ」とか

「○○終わっておかないと、厳しくなるよ」


切迫感のある言動が多いように思います。

これじゃ、「脅し」っぽいですね。

なんか「後手後手」な感じしますもんね。


「これ、今出来てると、○○の単元でスムーズよ」

って感じで、ネクストを意識した言葉をかけてあげれば、

もっと、前向きに取り組んでくれるのかもしれませんね。



(その他の受験情報はこちら)



当blogは人気ブログランキングに参加しています

| とある受講生 | 11:55 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スパットを通せ!

目標は高くっ!
ただ、高い目標だって、一段目は低いんですよね。
まずは、足の届くところから、一歩ずつ歩みましょう。


【第377回】


先日、ウチのチューターといろいろ話をしていろと・・・

「特に、難関大を目指す3年生から、

 入試では難しい問題が出されるのに、

 基礎の練磨とか、範囲を絞った計画・指示ばかりで

 大丈夫なのか?間に合うのか?


 ということを聞かれる。中には、

 難問の解き方を教えるのが

 サービスなんじゃないのか?


 なんてことまで言われるが、

 いい『返し文句』はないか」



と、聞かれましたので。



「将来的な目標と、今すべき事は、

 若干ズレて見えるかもしれないね。

 ボーリングに例えると、

 目標はピンなんだけど、でも今すべきことは

 目の前にある、スパットの上を通すことだったり。

 きちんとスパットの上を通せないと

 その先で望んだ結果は得られないよね~、

 なんて話をしてみては?」



そして、後日・・・

「何人かに話をしてみました。
 
 で、なんとなく理解してくれたみたいです。」



と、なんとか切り抜けてくれたみたいです。

いいアドヴァイスが出来ました(^_^)v



「ボーリングの例え」が

この本↓からのパクリなのは内緒です。




20060712163945.jpg


『お金でなく、人のご縁ででっかく生きろ!』

著者:中村文昭 出版社:サンマーク出版


たまたま入った喫茶店で、たまたま手にとって、
たまたま開いたページが「ボーリングの話」だったんです・・・

これもなにかの「縁」ですね。



参照:

中村文昭-旅日記-

BONOの本棚

白木君のボウリング講座@スパット理論

(その他の受験情報はこちら)



当blogは人気ブログランキングに参加しています

| チューター | 16:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

セミナーにて

授業中「当てられたくないな」と思うと、
先生と目が合わないように顔を上げずに、必死にノートを
取っていたように思います。
で、そんなときに限って当てられます。
わかっていても、でも、やっぱり顔は上げられない・・・


【第376回】



この時期、3年生を対象に受験対策のセミナーを開催していますが、

そのセミナーを受けに来る3年生も様々です。

早めにやってきて、一番前の席に陣取っている生徒…

友達と一緒に仲良く座って、なにやら話しながら聞いている生徒…

私が話している内容を一言一句メモっているのか、
ずーっとメモを取っている生徒…

開始ギリギリに駆け込んでくる生徒…

終わったらソソクサと帰っていく生徒…

終わった後、質問するために列を作る生徒たち… 






生徒たちの前で、話している私からは、

その生徒たちの様子がよく分かります。


やはり、受験に対する意識の違いなのでしょうか?

早めにやってくる生徒や、

終わった後に質問に来る生徒は、

往々にして私が話をしているときは、

私とよく目が合います(*゜▽゜)

また、そういった生徒は、表情も豊かです。

セミナー中、笑ったり、困った顔をしたり、

何かを思い出して一人で納得していたり… 

コロコロと表情を変えます。


以前、紹介した清水商業の大瀧先生の話の中に

「本気で上手くなりたいヤツは、

ミーティングの時一番前にやってきて

 話を聞いている」


と仰っていました。

では、輪の後ろで目立たないようにして聞いているということは…

悩んでいるのではないでしょうか?

自分が何をしたいか明確ではなかったり、

周りがやってるからなんとなくだったり…


そういった生徒が、目標を持ったり、

何かをやりたいという衝動が出来てくると、

大変身したりします。



これから夏休み

まずは、昨日一番後ろで居眠りしていた

○○君に連絡してみようかな?(〃∀〃)♪


(その他の受験情報はこちら)



当blogは人気ブログランキングに参加しています

| とある受講生 | 15:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

楽しむ才能

好きこそものの上手なれ。

取り組むなら、より興味を持って、エンジョイしながらの方が
深く理解できるし、上達した時の喜びも大きい。

そういうことですかね?


【第375回】


3年生のSちゃん。

受験勉強の真っ只中なのに

いつ話してもすごく明るい。

少し前から過去問にも手をつけ始めたのですが、

先日話してみるととても楽しそう。


「Sちゃんはいつもすごく楽しそうだね。勉強好き?」


「はい。勉強って、やったらやっただけ

 自分の知識が増えるからすごく楽しいんです。

 今やっている過去問もたくさんやることで

 傾向や自分の弱点が分かるっていうのもあるけど、

 やることで単純に知識が増やせるんですよね。

 この間なんて小論文を書くときに、

 前に取り組んだ過去問に出てきた文章が

 役に立ったんですよ!」


なるほど。

何でもそうですが、

楽しく取り組むのが上達への近道

ですよね。

でも、一つの教科に偏らず色々な教科を楽しめるのは

Sちゃんの才能なんでしょうね。


うらやましいな。


(その他の受験情報はこちら)



当blogは人気ブログランキングに参加しています

| とある受講生 | 10:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

基礎=重要

期末テスト。みなさんどうでした?

【第374回】


ある2年生の女の子。

期末テストの結果報告の電話がありました。


「基礎って、今までできてると思ってたけど、

できてる気がしてただけでした!!」



よく話を聞くと、

「ちょっと難しい問題が出来るようにならない

といけないと思って、応用の練習問題を

かなりやりました。

でもテスト前に基礎の問題をといてみたら、

そっちが解けなかったんです!

すごく焦りました」



・・・なるほど。でも基礎が大事とか、

「基礎=簡単」ではなく『基礎=重要』だということは、

DCやJPCや学校の先生からも言われていたのでは?

「そのことも、分かったつもりになってただけでした。

今回のテストでようやく気が付きました!

遅すぎますよねー!」


基礎はもちろん大事だけど、

『自分自身で気づくこと』が、とても大事なんだ。

私自身も再確認することができました。

自分自身で気づいた事から、人は一番学べるのだと思います。

この子、次回のテストで成績が上がる予感(^U^)



(その他の受験情報はこちら)



当blogは人気ブログランキングに参加しています

| とある受講生 | 10:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

急がば回れ?

今日は、6月15日の記事の、その後。

【第373回】


(あらすじ)

スランプ気味のNちゃん。
先を急ぐあまり、足元が固まらないまま次ぎに進み、
で、現在停滞してる感じ。なので、復習を促す。
一旦、立ち止まって、戻る「勇気」も大事です。




あれから、ひと月くらい経ちますが。

Nちゃん、頑張ってます。

実際、「勉強済み」の単元・範囲に取り掛かったところ

思った以上の苦戦。「こりゃ、ヤバイ」と感じたそうです。


今回の期末テスト範囲が、受験を意識した演習問題中心の

ようなので、その範囲に関連する単元を基礎からじっくり

取り組んだようです。


「この問題は、この公式を使って解く」

っていうのは知っていても、

「なんで、その公式使うんだ?」

「この公式、どういうことなんだ?」


と、いろいろと「ギモン」に思うことが出てきたようです。


「せっかくの機会だし、これからも必要なんで、

 ギモンをキチンと解決するようにしてます。」



「なんか、効果あった?テスト、イケそう?」
 
と聞いてみると


「テスト範囲のページだけで勉強するよりも、

 ちょっと戻って、関連する単元を基礎から
 
 見直したほうが、はかどるような気がします。

 今回のテスト、たぶんバッチリ(^_^)v

 受験で要る科目は。。。 」



じゃ、結果報告を楽しみに待ちましょう。
 

(その他の受験情報はこちら)



当blogは人気ブログランキングに参加しています

| とある受講生 | 11:51 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

睡魔

お昼休みに、10分でも目をつぶって、
リラックスするだけで、随分眠気がとれますよね。


【第372回】


“睡魔”というのは突然襲ってくるものですφ(_ _)zzZ

さて、眠くなった時、みなさんだったらどうしますか?

①眠いときは寝る(_ _)zzZ

②半分寝ながら頑張るφ(-.-)

③何とかして目を覚ますφ(゜o゜)


僕はこうしますd('∀^)

背筋を伸ばしながら大きく息を吸って、

「眠っ!」と言いながら目をカパッ(゜□゜)と見開く。

そして、大きく深呼吸(゜з゜)~3

これ、結構効き目あります。

どうぞ、お試しあれd(^o^)b



参照:
みんなの眠気対策は? 「遅寝早起き」が最多


(その他の受験情報はこちら)



当blogは人気ブログランキングに参加しています

| とある受講生 | 19:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

叱咤

「叱られる」実にイヤ~な響きですね。
管理人も随分叱られました。ま、今でもですが・・・
でも、今になって思えば、ありがたいな~って思います。


【第371回】


「叱咤」と言われるとちょっとヒイてしまうかもしれませんが・・・。

当然、むやみやたらに生徒を叱り付けているわけではありません。

医学部志望のN君(2年生)とのやり取り。


彼も目標と現在のギャップが大きくあることは

充分にわかっているんです。

でも、そのギャップをマイナス思考で捉えてしまっている。

それに気がつかずに悩んでいる状態。

生徒の状況を理解しながら、一つ一つプラス思考の

アドバイスをしたのですが・・・



「そうなんですけど・・・」

「でも・・・・」


いい訳の多さに思わず、

「本当に現役合格したいの?

 それなら、いい訳はしない!!」


と厳しい口調で言ってしまいました。

ちょっと厳しく言い過ぎたかな?

と思ったのですが、その心配をよそに

「すみませんでした。

 行動してない自分が悪いのに・・・。

 これからは、アドバイス受けたことを

 参考に頑張ります。」
と。


「叱咤」が良かったわけではなく、

真剣に話したからこそ、 「叱咤」が通じた

のだと思います。



私にとっても勉強になった生徒との会話でした・・・。


(その他の受験情報はこちら)



当blogは人気ブログランキングに参加しています


| とある受講生 | 18:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

見直し

みなさん、見直しって、ちゃんとしてます?

【第370回】


ずいぶん前ですが。

「けっこう、いい感じっ!」

と、R君から模試の結果報告がありました。

自己採点、見直し終了。

判定もちょっと楽しみにしていた様子。



で先日、その結果が返却されました。



「・・・マーク、ズレてたし・・・」



判定で合否が決まるわけじゃないけど、

手ごたえの良かった模試は、

「何判定かな?」なんて期待しちゃいますよね。

それで、AとかBが出ると、

今後の励みになりますもんね。



R君。若干凹みつつではありますが、

「まあ、本番じゃなくてよかったですね。

 見直すこと、見直す時間を確保することが、

 すげ~大事だってことを学びました。」



そうですね。失敗しないと気づけなかったり、

気づいていても、実行に移せないことって

ありますもんね。

今回は、わたしも楽しみにしちゃってたんで、

ちょっと残念でしたが、これを教訓に、

次回の結果に期待しましょう。


(その他の受験情報はこちら)



当blogは人気ブログランキングに参加しています

| とある受講生 | 16:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日が大切

Wカップもベスト4が出揃いましたね。

って、受験生にとっては、それどころじゃないのかな・・・


【第368回】


先日、何人かの男子生徒とW杯の話で

盛り上がっていたときのことです。

グループリーグを突破した国が出揃い、

日本代表のコトやどこが優勝するかなんて話題に

花が咲いていました( ~∀~)ノ

そこに、3年生の男子生徒(サッカー部)がやってきたので、

「○○君はどこが優勝すると思う?」と、尋ねたところ

「あっ!オレ、W杯観てないんすよ」

という答えが返ってきました( ̄□ ̄;)

日本がW杯出場が決まった時なんか、延々と1時間以上も

日本代表の予選の戦いぶりについて私に説明してくれた彼と

同一人物とは思えない答えでした(≧□≦*)

「どうして観てないの??」

と素朴な疑問を彼にぶつけたところ



「W杯はまた4年後あるじゃないっすか!

 それよりも、今年しかない、

オレの受験の方が大事なんですよ!!


恐れ入りましたm(__)m

確かに、3年生にとっては、一世一代の大仕事!

今出来きること・やらなきゃいけないことを

精一杯頑張ってる彼に教えられた1日でした(///o///)ゞ



(その他の受験情報はこちら)



当blogは人気ブログランキングに参加しています

| とある受講生 | 16:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

こくご

年々、現代文が苦手な高校生が多くなってる
ような気がするんですが。。。


【第367回】


先日、「受験生って朝日新聞読まなきゃヤバイ?」

と聞いてきたYくん。

うち「○○新聞なんだけどさ、変えてもらおうかな?」と。

で、↓のサイトを教えたところ・・・

   2006年朝日新聞出題大学一覧


「要するに、事件事故とか読んでも意味ないってことね。

 社説とか、論文みたいな記事にもっと慣れればいいよね。」と。

それから毎日読んでいるらしいので、

「何か変化あった?」と聞いて見ました。

「ん~っとね、英語の点数が悪い理由がなんとなく・・・」


覚えた英単語と全く同じ意味の「国語の単語」

ちょくちょく新聞で見かけるらしいんです。

でも突き詰めると、「国語の単語」の意味自体が

イマイチちゃんと理解できていないんで、

文章の意味がはっきりしない日が多い、そうです。

以来、「国語の辞書を引く回数が増えた」そうですよ。


「点数取れないのは苦手なんじゃなくて、

 何か手を抜いてるからなんだ、ってのがよくわかった。」


と、言ってましたよ~。

みなさんは、ダイジョウブ?




その他の受験情報はこちら



当blogは人気ブログランキングに参加しています

| とある受講生 | 22:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

テーマを持つ

この間、中間テストが終わったと思ったら、
もう期末の準備。そして勝負の「夏休み」がやってきます。


【第366回】


夏休みまで、1ヶ月を切っています。

「夏を制する者は、受験を制する」

なんて言われますね。

それででしょうか。

S君が、 「夏休みの計画なんですけど・・・」

相談しに来てくれました。


一日どれくらい勉強する。

各教科の時間配分等、細かく記載されていました。

「いろいろ考えて、作ってはみたけど、

 何か、しっくり来ないんですよ~」



どれどれ・・・

なかなかよく考えているし、苦手の英語の時間を多めに

割いているのはよくわかりました。

カレンダーに細かく、いろいろと記載されてます。

苦手科目への危機感があって、しっかり計画を立てよう

っていう意図が見えますし、堅実タイプのS君らしさが

でてるな~っと思いました。


ただ、ちょっと気になったので、

「休み明けの模試のチョイスと、目標点数は?」

じ~っと考えるS君。

「明日、もう一回来ていい?」

と言って、帰りました。

で、昨日。S君が来ました。

「こんな感じにした。」

って提示した紙には、各教科・各単元の目標。

例えば英語。

「文法事項見直し。解答速度のUP」

これだけ。

「随分変わったけど、どうしたの?」と聞くと

「いつも基本問題で時間がかかって、

 で、長文で慌てちゃうんで・・・」



そうですね。

弱点を補うことは大事ですが、

夏休み明けに、「どんな状態になっていたいのか」って

ことが欠落しちゃうと、なんだかアヤフヤ感が残るような

気がします。

「これをするっ!」って宣言したり、全うしようと

するのは大切ですが、

9月1日に「どうなっているか」。

その為の「計画」であってほしいと思います。



その他の受験情報はこちら



当blogは人気ブログランキングに参加しています

| 勉強法 | 23:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今度はドリル

2006年も後半に入りましたっ!
んで、当blogも一周年でございます。


【第365回】


3月30日の記事で取り上げたATOK日本語テスト

今度は、

夏の宿題 日本語ドリル

だ、そうです。


敬語・文法・外来語・漢字等の分野で計20問。

10分もあれば、完答できるとおもいますし、

受験勉強のイキ抜きにでもどうですか?


なんとな~く通じてしまう、日本語。

それがゆえに細かいことはスルーしがちです。

トライしてみて、解説を読むことで、

日本語の「着眼点」がハッキリするかもしれませんよ。

その他の受験情報はこちら


参照:
ATOK presents 全国一斉!日本語テスト

当blogは人気ブログランキングに参加しています


| オススメの本や映画など | 20:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2006年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年08月

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。