爆勝(笑)☆大学受験奮闘記

JPC日本プロデュースセンタースタッフブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「孟子の言葉」 ブログネーム.肥後椿娘

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


みなさんこんにちは。
2008年も残りあと6日となりました。
新しい年を万全の体制で迎えるためにも、
今やることしっかりやっていきましょう!

さて、今日は先輩受験生からみなさんへということで、
うちでチューターをしてもらっているK太君からのメッセージをお届けします。
(by-肥後椿娘)

【第1239回】

肥後椿娘のプロフィール



私が、受験生の時に聞いた言葉です。

「孟子」告子篇下巻に曰

≫ 続きを読む

スポンサーサイト

| チューター | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

《模範的なセンセイって》 ブログネーム.湘南ホープ

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


今日はチューター日記からの文を紹介します。
(by-湘南ホープ)

【第1136回】

湘南ホープのプロフィール


今となってはチューターとして生徒たちに指導している私ですが、
数年前は彼らと同じように勉強して行き詰ったり悩んだりしていました。

特に社会!

理系(どちらかと言うと、ですが)のアタマである私に、
社会の勉強は悩みの種でした。

憶えるカタカナやひらがながいっぱい…
しかも、本当に憶える意味があるのかな?

と、勉強中に悩んでいました。

しかし、昨日そんな話を生徒にすると
「えっ!社会って楽しいじゃないですか!」
と驚かれました。

うーん、そうかなぁ。

彼女が言うには、

「数字しか出てこない数学より、
物語や時代の流れがある歴史・地理のほうが楽しい」


だそうで、歴史・地理の話をする彼女は生き生きと輝いていました。

その表情は、社会嫌いの私も
うーん、社会楽しいかも…」と思えてくるほど楽しそうなのです。

やっぱり、その分野が好きな人が話すと
なんだか魅力的に、楽しそうに思えてくるのかもしれませんね。

きっと、勉強を教える時も同じなんだと思います。

その教科が好きな人が教えると、説得力があります。
逆に勉強が嫌いな人が何かを教えても、説得力は弱いと思います。


チューターとして、これからもたくさんの生徒に出会うと思います。
そのなかで、
「おっ、勉強って意外に楽しいかも」
と思ってもらいたい!!

まずは
「勉強?楽しいよ」
と、私自身が自信を持って言えるようになりたいと思っています。






(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)




| チューター | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「理系者向けアドバイス」 ブログネーム.眠らない街.小江戸川越

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m



理系・文系、国立・私立と志望も様々あります。
志望に応じて対策を練って勉強を進めて行きましょう!!

【第1021回】

眠らない街.小江戸川越のプロフィール



受験生のみなさんこんにちは。
最高学年になり2ヶ月が経とうとしていますが、
そろそろクラスの雰囲気にも馴染んできた頃ではないでしょうか。

そして部活に所属している方達が少しずつ引退し始め、
受験勉強に移行していく時期でもありますが、
まだ受験勉強は何をすればいいのか悩んでる方が多いのではないでしょうか。

かく言う僕も、受験生のこの時期は何を勉強したらいいのかわからず、
なんとなく参考書を買ってはちょっと読んで「はい、勉強したな。」
と勝手な自己満足に浸っていました。
そんな受験生の方達に僕からのアドバイスです。
(僕が、あぁあの頃あれやっとけばよかった・・・
と今でも後悔していることなので参考にはなると思います)

ただ、僕自身理系の人間なので、
アドバイスが偏ってしまうかもしれません。
そのときは英語のところだけでも読んでやってください。



≫ 続きを読む

| チューター | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「優しさ」 ブログネーム.たこ焼き母さん

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m



GW真っ只中ですが、
受験生には、GWはありませんよ!
来年までお預けです♪

【第1006回】

たこ焼き母さんのプロフィール



今日は、チューターのO君に「優しさ」につて、語ってもらいました。
わたしよりも遥かに若く、瑞々しい感性で綴ってもらいました。
以下O君の文章。





優しいとは何でしょうか?

人それぞれ思うところ考えるところは違うと思います。

もちろん優しくしたと思っていても実際、

受け取る側、結果によっては

自己満足に終わってしまうこともあります。

何気なくやったことが優しさになっていることさえあります。

それだけ難しいことなんですよね(^^;)。



「人」「憂う」と書いて優しい

私は漢字に詳しくは無いからわからないけれども、

憂い=悲しみや苦しみを知った人間が

優しくなれるということなのかなとか、

人の憂いを知ろうとすることが

優しさの一歩のような気もするなとか、思います。



『私が大学生の頃、授業中あまり集中しなかったり、

昼寝したりしてまともにノートをとらなかった時期がありました。

後ろの席の女の子がどんな授業も聞いていて、

休み時間にノートを写させてくれたり、

たまに溜まったレポートも手伝ってくれたりしたので

何もしなくてもやっていけたのです。

ある日、他の友人にその優しい女の子のこと話しました。


「ほんとに何でもしてくれるから助かっちゃって。優しいと思わない?」

友人「それを優しさだと思う?将来、困るのは誰か考えたら、ほんとの優しさってそういうコトと違うきがするなぁ。助けるだけが優しさではなくて突き放したり注意したりするのが優しさだって時がある気がするよ。」』



これが私の「人に優しいってなんだろう?」

って考えるきっかけになったエピソード。



お年寄りに席を譲ったり、

友人が困っているときに助けてあげるようなストレートな優しさもあれば、

厳しさの中の「先を見越した優しさ」もあったりするんだなって思いました。



ほんとの優しさって見えないとこに隠れているものです(^^)



優しくすることを偽善という人もいますが、偽善と言われるよりも

相手のことを思えないことのほうが寂しい気がする。

相手を思って厳しい優しさを示したとき

「ヒドイ人だ。」という人もいますが、

それより優しい厳しさを示せないことの方が淋しい気がします。



優しい人って誰を思い出すでしょう?

友人や先生やでしょうか?

親や恋人や物語の中の登場人物でしょうか?

誰もいないという人もいるでしょう、

そういう人は他の人の『優しい人』になるのも悪くないものですよ(^^)。



本当に優しくしてくれている、

自分を思ってくれている人を思い出して日々の憂いを乗り越えて、

少しの優しさ周りの大切な人にあげられたら幸せですね。


今夜、英単語の復習をした後には

寝る前に今日嬉しかったことを一つ思い出して、

明日どんな優しさを誰にあげようか思い浮かべて、、、おやすみなさい。






(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)




| チューター | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「チューター送別会」 ブログネーム. 町田リス園

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


3月は、卒業式や送別会と
「別れ」の季節でもあります・・・。

JPC町田でも、
チューターの送別会があったようですね…。

お疲れ様でした♪

【第957回】

町田リス園のプロフィール


先日、4年間働いてくれた大学生チューターの送別会がありました。

彼女は、生徒として3年間、アルバイトとして4年間、

私たち受験チームとともに成長をしてくれました。


私はアルバイトとしての4年間、彼女の成長を見続けてきました。

同時にさまざまなこと(生徒への接し方やセミナーのアイデアなど)

を教わりました。


もちろん、叱ったこともあります。

「敬語を使いなさい」「業務の効率を考えて動きなさい」などなど・・・

しかし、彼女はとにかく一生懸命吸収し、卒業する頃には、

私たちカスタマー課の仕事を行えるまでになりました。


どれだけ助けられたことか・・・(^0^

とにかく彼女の素敵なところはたくさんあります。

笑顔・アイデア・生徒フォロー・TELフォロー・虫好き・蛙好き・手芸大好き

などなど。


とくに笑顔は、みんながぴりぴりしている時も、

癒しを提供してくれるほどの素敵なものでした。

その笑顔であいさつされているオフィス長のLOVEっぷりも

見ものでした(彼女もオフィス長にLOVEでした)



前置きが長くなりましたが、その彼女の送別会。

はじめはチューターの後輩とカスタマーで行うつもりでしたが・・・

彼女にお世話になっているであろう人に声をかけていくと・・・

お店を貸しきることが出来るほどの人が集まりました

オフィス長の計らいで、

メッセージカードを渡しつつの楽しい送別会となりました。


彼女は今後、社会人となり、

もっと素晴らしい成長を遂げていくと思います。

きっと、人財になってくれるのではないでしょうか?


また、成長した彼女と会えることを楽しみにしつつ、

私ももっと成長しなくては!!と危機感も感じました。


その日に集まってくれている人の姿や送られる彼女を見ていて、

私はとても幸せな気持ちになりました。


だって、アルバイトの子の送別会に

こんなにたくさん集まっていただけた
のですから。

育ててきた私たちとしては、親の感情です。


「こんなにみんなに送ってもらえる子に
              育ってくれたのね・・・(^v^)」


でも、私から言えることは「ありがとう」しかありません。


今後は彼女が育ててくれた後輩チューターたちが頑張ってくれるでしょう。

今後巣立っていくみなさんも、

良い送別をしてもらえるよう、日々成長していきましょう。 






(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)




| チューター | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。