爆勝(笑)☆大学受験奮闘記

JPC日本プロデュースセンタースタッフブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「ポジティブシンキング」 ブログネーム.ピーナッツ畑でつかまえて

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


受験生の皆さん!
ポジティブシンキングしていますか?

【第1345回】

ピーナッツ畑でつかまえてのプロフィール


「コップに水が半分入っています。
あなたはこの水の量をどう考えますか?」



 多分、皆さんも一度は聞いたことがある質問ではないでしょうか。これはポジティブシンキングの話をするときよく使われる質問ですね。一般に「半分もある」と考えるのがポジティブで、「半分しかない」と考えるのがネガティブといわれます。そしてネガティブよりポジティブの方が良いとも言われます。しかし本当にそうでしょうか?

 例えば・・・

≫ 続きを読む

スポンサーサイト

| 成功哲学/メンタルトレーニング | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『成功する考え方、失敗する考え方』 ブログネーム.数の子わさび

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


「成功する考え方」と「失敗する考え方」の違いとは!?

【第1296回】

数の子わさびのプロフィール


今回は『成功する考え方、失敗する考え方』について紹介します。

まず、私達の最大の欠点は『できない』『不可能だ』
という言葉に慣れすぎていることです。
『できない』と決めつけているのはあなた自身です。
成功は、成功を確信している人の下にしか訪れません。

あなたが実現させたいと願っていることは何ですか?
それをあなたは『実現できる』と信じていますか?

『とても無理だ』
その思いが自分の可能性に蓋をしているんです。
失敗を恐れるのはやめましょう。
思考を自分で選択するんです。

Ⅰ 目標を設定する

  目標を立てるだけでは実現はおぼつきません。
  目標が大きければ大きいほど、
  細分化させた具体的な小目標を設定していきましょう。

Ⅱ 計画を立てる

  具体的な目標を設定したら、確実に達成していくために、
  何をいつまでにどのように実行するのかを明確にしましょう。

Ⅲ 信念を持つ

  自分が立てた目標や計画に対して、『必ず達成できる』という
  信念を持つことが動機付けや行動力に大きな影響をおよぼします。

Ⅳ 行動する

  最後は前進あるのみ。
  積極的に前進するための心構えや、
  実現をイメージ化しながら一歩ずつ着実に進んでいきましょう。



『こうしたい』『こうなりたい』という夢や願望を
短期間でスムーズに実現させていくには、この4つのステップを
1つずつ実行に移すことがコツになります。

まずはハッキリとした願望(目標)を設定してください。
最終的な目的地がしっかりと定まっていれば、
あなたが途中であきらめない限り、必ずたどり着くことができます。

自分の将来のビジョン・志、志望大学に合格しているイメージなど、
しっかりもって毎日大切に、かつ楽しんですごしましょう!!





(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)





父の日・ギフト・花束・母の日





| 成功哲学/メンタルトレーニング | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「成功への階段」 ブログネーム.たこ焼き母さん

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


階段を一段一段踏みしめて、
「その」階段を登って行きましょう!!!

【第1293回】

たこ焼き母さんのプロフィール


 松下幸之助さんの事を著した本「成功の法則―松下幸之助はなぜ成功したか」江口勝彦 PHP研究所 より。

成功の法則―松下幸之助はなぜ成功したのか (PHP文庫)

 松下幸之助に長年仕えた著者が、経営について、人生や人間観について教えを乞い、その生き方・考え方を6つの法則にまとめた本です。

 ここでいう成功とは、必ずしも経営だけに限らず、人生の手引書とも言えるものです。

 「きみなあ、成功の道というものは、いろいろの行き方があるけどね。でも結局のところ、おおむね同じじゃないかと思う。それは百人が百人とも持ち味があるからね、多少の違いというものはあるけれど、成功の道筋、軌道というものは、だいたいにおいて決まっている。いわば共通性があるということや。だからその軌道から離れたら、みな失敗の道になっていく。つまるところ甲の人の成功、乙の人の成功に、個性によって多少の違いはあるけれども、成功への道は一つであるという感じがするな。」

 その共通性を6つの法則に分け、著してあります。

 その中で、自然の理法に従えば、成功するようになっている。というくだりがあります。

 天地自然の理法とは、

「雨が降れば傘をさす、ということですわ」

と松下さんは言います。

 平凡なことをごく当たり前にやるということ。それを着実に実行していくならば、仕事なり経営というものは、もともと成功するようになっている。ということだそうです。

 これは、そのまま自分の勉強に当てはめてみると、とても分かりやすいと思います。

「まず、志を持つこと。まじめに、当たり前に実行していくこと。」

 志は、何を目指すかを明確にすることです。そして、その目標に対して努力するための、情報を収集し、計画を立て、ごくふつうに、やること。そうすると成功するようになっている。そう当てはめてみてください。

 簡単シンプルですよね。

 詳しいことは是非読んでほしい本です。うまく伝えきれないのですが、実際に成功している方のお話を聴いたり、読んだりするのが、成功の近道だと感じます。


 暖かくなったかと思えば、急に冷え込んだり、雨が降ったりと、めまぐるしい今日この頃・・

 早く春を迎えたいですね!受験生のみなさん、もうちょっとですよ!!くじけそうになったら、鏡の前でにっこり笑って「あなたは やれる!」と声に出してみて!

 「成功への階段」を登りましょう!!!





(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)





父の日・ギフト・花束・母の日





| 成功哲学/メンタルトレーニング | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『プラスの考えを持つ最低条件』 ブログネーム.ヒグマ大打線

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


どうも、ヒグマです。これから寒い季節が来ますね。
いよいよセンター試験まで残りわずかとなりました。
今日は、そんな皆さんに向けて
『プラスの考えを持つ最低条件』と言うお話です。
(by-ヒグマ大打線)

【第1230回】

ヒグマ大打線のプロフィール



ヒグマも実は、元々プラスの考えを持たない人間でありましたが、

現在は、全国の中で上位に入る程のプラスの考えを持つ人であります。
(自称ですが)

なぜ、プラスの考えが持てる様になったのかと言うと簡単なんです。


『笑顔を絶やさない。』

『いつも楽しく思う自分を作る。』

『毎日、感謝!感謝!で乗り切ろう』

≫ 続きを読む

| 成功哲学/メンタルトレーニング | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「”心配”について」 ブログネーム.柏もちと江ノ島どん

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


”心配”するなら行動しましょう♪

【第1220回】

柏もちと江ノ島どんのプロフィール


”心配”は、しない方が良い。
「”心配”しても始まらない。」と、よく聞く言葉です。
しかし、”心配”って、してしまうものですよね。
受験生や受験生を持つご家族の方々は、特にしてしまうと思います。

では何故、”心配”はしない方が良いのでしょうか?

アメリカの野球史上で、有名な話があります。
それはニューヨーク・ヤンキーズとミルウォーキー・ブレーブスとの
ワールドシリーズ。ゲームは最終回。

投手はスーパースターのオーレン・スパーン。
打者はヤンキースの主力打者エルソン・ハワード。

その時、スタジアムの緊張は最高潮に達していました。
ブレーブスの監督は、タイムを取り、投手に駆け寄りこう言いました。

「アウトサイドの高めの球を絶対に投げるな」

それを聞いたスパーンは

「あそこへ投げたら大変だ」

”心配”してしまったのです。

そして・・・、
まさにそこへ投げてしまったのです。

もし、監督が

「打たれてもいい。自分を信じて、
後悔しないように思いっきり投げろ!」


と言っていたら、最高のパフォーマンスが出来たのではないでしょうか。

やはり、”心配”は、しない方が良いようです。
私たちは、

「自分が考えたように、自分を導いてしまう」

ことがよくあるからなのです。
と言うか、「ほとんどの事が、考えたようになる」と思います。

ある、教育に関する書籍の中で、
子供への声の掛け方について、書かれていました。

注意をして欲しい時は、
「~しないようにね」というのではなく、
「~してね」という方が何倍も注意をしてくれるそうです。

例えば、
「こぼさないように運んでね。」ではなく、
「上手に運んでね。」の方がいいそうです。
「喧嘩しないように遊んでね。」ではなく、
「仲良く遊んでね。」です。

やはり、「考えたようになる」という事です。
”心配”すると、”心配”したようになってしまうのです。

とはいっても、受験に家庭にと、”心配”はつきものです。
だからせめて、明日の”心配”は明日しましょう。
将来の”心配”は将来して下さい。
今しても、今は何も出来ないですから・・・。





(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)




| 成功哲学/メンタルトレーニング | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。