爆勝(笑)☆大学受験奮闘記

JPC日本プロデュースセンタースタッフブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「よく遊び、よく遊べ」 ブログネーム.kariya 受験指導部

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m



さ、夏休みです。
だからこそよく遊びましょう!
……という、型破りな小話です。

【第1354回】

kariya 受験指導部のプロフィール


 なにを言い出すんだ、このブログ書いてる人(怒)

 ……って思ったでしょうか。
 いや、書いているこっちは大真面目に思ってます。

 恐らく今日はもう事実上夏休みに入っているという人が多いと思います。
 1学期あるいは過去2年間サボったツケを取り戻そうと頑張ろうとするでしょう。

 でも、はっきり言いましょう。

 その考え、とっても危険です!

 夏休みって終わってしまえば『あっという間だったな』と思うけど、夏休みの最中はきっと途中でこう思うはずです。

 な、長ぇよ!!

 ……って。

 だからこそ、このブログのタイトルどおり「よく遊び、よく遊べ」なんです。
 あれ?普通は「よく学び、よく遊べ」じゃないの?って思った人に補足しておくと、「よく学び」の方はよっぽど余裕があるかよっぽど身の程知らずでなければやるだろうと思ってあえて書かなかったのです。
 むしろ遊ぶのを考えない方が危険だということなんです。

 夏休みはただでさえ誘惑の多い時期。
 でも、それを全部我慢して勉強するのはかえってよくありません。
 まぁ……「俺花火大会はキライ」「私海キライ」っていう人は気にしないでしょうけど、普通はやれ花火大会だやれ海だと言われれば……、

 い、行きたいっ!!

 って思うはず。
 でも「今年は受験だから」って我慢する人がよくいますけど……考えてみてください、そんな状況で集中して勉強できると思いますか?
 私ははっきり言って「それは無理だろう」と思います。

 だから、こうしてみてほしいのです。
 それは、「週に1日は遊んでいい日を作る」という作戦です。

 夏休みは短いようで長いです。
 だから時々息抜きしないと持ちません。
 それを考えてほしいのです。

 夏休みの勉強はマラソンと同じと思ってください。
 ちなみに……皆さんはマラソンはどんな人が強いか知ってますか?
 スタートから飛ばす人でしょうか?
 ……いいえ。
 実はそういう人は案外途中で優勝争いから消えてしまいやすいのです。
 ではどういう人が強いかというと……。

 最初から最後まで、同じペース・スピードで走

り続けた人


 なんです。

 だから勉強の計画は最初はちょっと余裕で終わるくらいでいいのです。
 でないと最後まで持ちませんから。

 そして週に1回は勉強を忘れて遊んでリフレッシュしてください。
 勉強の効果はなにも勉強時間だけが全てではありません。
 一番大事なのは「集中してやったか」なのです。

 さぁ、夏休みが始まりました。
 あなたは勉強のほかに何をしますか?
スポンサーサイト

| ちょっとコラム | 23:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「ホームページ作成に奮闘する僕の独り言」 ブログネーム.ピーナッツ畑でつかまえて

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


できないのはなにも悪いことじゃない。
大事なのかそこからどうするか、なのです。

【第1352回】

ピーナッツ畑でつかまえてのプロフィール
 

 前ににもこのブログで書いたと思うけど、ここ最近、ずっとホームページ作成という仕事をしている。
 その仕事の中で思ったのは、「自分は自分が思うより、ずっと負けず嫌いだ」ということ。

 例えばあるページで、画像を右に配置して、その左側に文章を入れたいとする。でも、そのやり方がわからない。だから一旦は自分にできる配置にしようと思うのだけど、やっぱりイヤなんだよね。どうしても、思ったとおりにやりたい。できないのが嫌。その辺が負けず嫌いだなあ・・・と思う。

 「できないのが嫌」だから調べる。インターネットで調べたり、本を調べる。時間がかかってしまうこともあるけれど、締め切りの関係で、一旦はあきらめることもあるけれども、その後も、「どうにかできないか?」と考えている。そしていつかはやり方がわかって、自分の思ったとおりに配置する。

 「できないのが嫌」という感覚は、勉強をしていても同じように持つものだと思う。ある教科が好きか嫌いかということは、たいていの場合その教科がわかる・できる教科なのか、わからない・できない教科なのかという要素で決まると思う。みんな「できないのが嫌」なんだよね。だから「できない教科」は嫌いになる。

 でも、「できないのが嫌」という感覚は悪いもの

ではない。

 
 重要なのは「できないのは嫌」だから「何とかできるようになろう」と考えるか「そのまま放りだしてしまおう」と考えるかなんだと思う。僕の場合、「調べれば時間がかかってもいつかはできるようになる」という自信がある。今までは大抵そうだったし、多分これからもそう。少なくとも、できるまで調べ続ける自信はある。負けず嫌いだし・・・。

 これを読んでくれている「できないのが嫌」な生徒さんも、できないことをFAXや電話で聞いたり、チューターに聞いたり、テキストを調べたり・・・いろいろな方法で調べることはできるはず。あきらめずに調べ続ければ、きっといつかはできる様になる。そして「いつかはできるようになる」と思えれば、次に何かができなかったとしても、「いつかは何とかなる」と思えるようになる。 だから、もっともっと「負けず嫌い」になって欲しい。「できないのが嫌」になって欲しい。

 大切なのは「だからなんとかできるようになろう」と思うことなんだ。

| ちょっとコラム | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「心技体」ブログネーム.ヒグマ大打線

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


どうもヒグマです。
お久しぶりでございます。
今日は、変わったお話ではありますが『心・技・体』のお話です。
(by-ヒグマ大打線)

【第1349回】

ヒグマ大打線のプロフィール


この心技体なんですが武道の道では良く耳にする言葉です。

分解してみますと

心『心を清め、おおらかな気持ちで神経を研ぎ澄ます』

技『あらゆる技は心から始まる』

体『心・技が出来て初めて体が動く』


と僕の解釈なんです。

確かに、受験や普段の生活でも『心・技・体』があると思います。

『心が、落ち着ければ何があっても集中できま

す。』


『技を使ってあらゆる問題を攻略することが出

来ます。』


『体調が、万全であれば何が起きても大丈

夫。』



となります。

僕自身も毎日が、心技体の気持ちで動いている人間です。

ですが、僕の心技体は解釈とは異なるのです。

心『心おおらかに相手に対しておもいやる心』


技『すべてにおいて受験に対しての最高のテク

ニックを指導して』


体『体調管理をシッカリ管理し動作機敏に行動

する』



が僕の心・技・体とになります。

心技体の考え方は、武道の道とそうでない道では全く異なることもあります。

ですが、『心』は全く武道も一般の考えも一緒なのです。

武道の道では、『研ぎ澄ます』。武道の道ではないのは、『集中

する』です。


何事も集中しなければ何も出来ません。勉学も

一緒です。


『人より集中し、人より努力し、人より体調管理をする。』ことによって大きな変化を遂げます。

皆さんも考えてみてください。自分なりの心技体を。

| ちょっとコラム | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「5月に学園祭がある大学」 ブログネーム.湘南ホープ

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


本日は、超有名な、あの大学!!のお話です♪

【第1346回】

湘南ホープのプロフィール


5月に学園祭がある大学、知ってますか?


有名ですかね、正解は・・・

≫ 続きを読む

| ちょっとコラム | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「ギフテッド」 ブログネーム.暴れん坊天竜☆

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


みなさん、こんにちは。
新しい学年がはじまり、また新たな気持ちをもって
勉学に励んでいることと思います。
日々、精進していきましょうね。
(by-暴れん坊天竜☆)

【第1341回】

暴れん坊天竜☆のプロフィール


 みなさんは「天才として生まれたかった。」と思ったことはありませんか?天才ならば勉強なんて楽勝!常に成績優秀!何事も上手くいくのに!と天才に憧れたことはないでしょうか?

 実際に人口の約2%は天才として生まれてきているそうです。また、そういう生まれながらにして、高知能で高い潜在能力を持っている人は『ギフテッド』と呼ばれています。贈り物を意味するギフトが語源となって、神や天から与えられているということでそう呼ばれるようです。

 一般に人には得意分野と不得意分野があります。しかし、ギフテッドは得意分野は人の何倍も優れているのに対し、不得意分野は極端に苦手という傾向があるようです。天才の中に特殊相対性理論を唱えたアルバート・アインシュタインがいます。彼は・・・

≫ 続きを読む

| ちょっとコラム | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。