爆勝(笑)☆大学受験奮闘記

JPC日本プロデュースセンタースタッフブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「親の居る間に勉強!?」  ブログネーム.水戸のご老公

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


古今東西、どこのご家庭でも
子どもの勉強状態は気になるものですが・・・。

【第991回】

水戸のご老公のプロフィール



「ウチの子はちゃんと勉強してるんでしょうか?(´・ω・`)」


小生のところには、「我が子が勉強していないのではないか」
心配する(疑う、信じている?)親からの相談(愚痴、文句?)
がたくさん寄せられます( ̄ω ̄;)


確かに勉強していない生徒もいますので、その場合は生徒が悪いのですが、
そうでない場合も多いんですよね(ー'`ー;)


ちなみに小生は、
親から「勉強している」と思われていた自信があります(`・ω・´)


小生がそう思う理由は…


「親の居る所で勉強していたから」


なんです( ̄ー ̄)



いろんな意味を考えると、勉強に最適な環境というのは、
「学校」でも「塾」でも「図書館」でもなく「家」なんです(`・ω・´)


更にいろんな意味を考えると、「居間」が最適なんですよ(*^▽')φ♪


「いろんな意味」の部分については、今日は省略しますが…


とにかく「居間」が最適ですφ(`・ω・´)



ポイントは一点だけ!


「居間で勉強している子供に対して、親は何も言わないこと」


保護者の方へのお願いですm(._.)m



「あら、めずらしい( ̄m ̄*)ププッ」


なんて皮肉を言おうものなら、家庭崩壊ですよ(|| ゜Д゜)


そこまで行かないにしても、
子供は反発して更に勉強しなくなります(ー'`ー;)


「頑張ってるね(*^U^*)」


と励ましたつもりでも、無視されるか、そっけない返事が返ってきて、
ストレスを溜めることになります(`ε´)


「我が子は勉強している」
と確認できただけでも良いじゃないですか!(#≧∀≦#)


と…親向けの話になってしまいましたが…


いずれにしても、「居間」というのは、
誘惑も少なく、長居しても邪魔にならず、
適度な緊張感と適度なリラックスを得られる空間…


意外と集中できる空間なんです(`・ω・´)


お試しあれヽ(^◇^*)/






(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)




スポンサーサイト

| 親子関係 | 09:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「育てる喜び」 ブログネーム.みなとみらい

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


ハードルを乗り越えた分だけ、
親と子の絆は深まっていくのだと思います♪

【第844回】

みなとみらいのプロフィール

 最近、自宅で花や観葉植物を育てています!まだまだ初心者なのですが、ハイビスカス・ベンジャミン・観音竹・ユッカ・カポック・シクラメン・アレカヤシ…と他もろもろ育ていて、ちょっとしたジャングルになっています(

 これがまた育つたびに愛着が湧くんですよ~。だからもっと育て育てと、どんどん水やりもして、愛情いっぱいで育てていたんです。

 ところが、何本かの観葉植物が枯れ始めてきてしまいました。あんなに愛情いっぱいに育ててきたのに・・・(

 急いで、観葉植物の育て方が書いてある入門書を購入して調べてみると、やはり原因がありました。実は、その愛情が仇になってしまっていたんです!

 水のやり過ぎで、根腐れしてしまいました。水をやればいいってもんじゃなかったんですね(やらなさ過ぎもよくありませんが・・・)

 それから色々と勉強しました。状況に応じて、鉢変えをしたり、液肥をあげたり、支え木をしたりと工夫して育てたところ、枯れることなく元気に育てることができるようになりました!

 そんなこんなで、職業病なのでしょうか?またしても、そんな経験が、親と子の関係の在り方についてシンクロしてきたのです。

 水のやり過ぎは、過保護・過干渉によく似ています。愛情込めて、よかれと思ってやったことが、結果、子供の為に良くなかったりすることも有るのが事実です。

 「親」という字は木の上に立ってみると書く通り、子供よりも高い目線で、物事を考え、状況を見守りながら、子供の成長や自立を促していかなければなりません。

 そのなかで、思春期特有の子供の反抗があったりと、泣き笑いがあると思いますが、世の中のお父様!・お母様!諦めないで子供の教育と将来を見つめ奮闘してください!

応援しています!



(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)





| 親子関係 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「皆さんお元気でお過ごしですか?」 ブログネーム.たこ焼き母さん

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


人の親になって初めて身にしみた事とは・・・?

【第737回】

たこ焼き母さんのプロフィール

最近は台風、地震、大雨と天災続きで
心が休まらない日が続きますね。
何気なく日々を過ごしている間に、
自分の知らないところでは、
大変な事が起きているという事実に心が痛みます。
天災は人の力の及ばないところで
起きるので怖いです。

1日を無事に終えることが出来たことに
感謝しないと・・・と思います。
とは言っても、高校生の頃にそんな事を
考えていたかと言うと、え~と、なかったです。

当り前に自分の為に時間が過ぎ、
明日も当り前に来ると思っていました。
親だって永遠に生きてると平気で思っていました。

しかし、同級生の死に直面した時は、
自分で処理しきれない混沌とした不安に佇み、
こころが空白になった事もありました。
でもすぐに忘れたんだと思います。
と言うより、考えないようにしたのかもしれません。

一人で勝手に世の中を疎んだり、
自分だけ不幸のような感じがしたり・・・
勝手に独りよがりで苦しんだりね。
あ~今の高校生と全く変わらないですね。

じゃあ、いつから1日を有り難いと思うように
なったかというと、子供が生まれてからです。

自分が親になって初めて、
親もいつかは亡くなる日が来る事を思い、
当り前の1日がイトオシク感じるようになりました。
自分にとって大切な人ができたとき、そして、
自分の命より大切な子供が生まれた時、
初めて「責任」とはなにかを思い知らされました。


みんなのお父さんお母さんもきっと、
そういう思いをして育ててこられたと思います。
「責任」は押し付けられたものではなく、
「責任」を負うことを選ぶのです。

だからこそ、なんでもない1日が
有り難く感じられるんだと思います。

たぶん・・・ここまで育つ間に、
たくさんの大変な思いをされながらです。
大変な思いをすることを、
お父さんお母さんが選んで下さったんですね。
あなた達が大好きだから、選んで下さったんですよ。

でももうすぐ、誰にも何も言われることなく、
一人で考えて一人で歩いて行けるようになります。

もうすぐです。だから、いまはもうちょっと、
甘えて「自分の未来」について、いっぱい
アドバイスもらっていいと思います。
将来について。けんかしてもいいじゃないですか。
たくさん話して欲しいです。
お父さんお母さんと。。。




(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)

| 親子関係 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「我が子のために」  ブログネーム.芦屋令嬢

(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)

本当の愛情があっての厳しさは、
相手の心に響き、心を動かすことができるのでしょう。

【第689回】

芦屋令嬢のプロフィール

日差しが強くなり、美女としては、
日焼けに気をつけないといけない季節になりました♪

私達の事務局には、毎月、生徒からの相談が、
続々入りますが、この所、むかしと違って多くなったのは、
お母様からの相談です。1年前の卒業生の話ですが・・・

ある日、その生徒のお母様より、1本の電話が・・・
どうも泣いておられる様子。

「うちの子、本当に何に対してもやる気がないんです。
私が5校もオープンキャンパスに行き、パンフレットを
並べ、どの大学にする?って尋ねたら・・・。
好きにすれば~!と言うだけなんですよ~。
私がここまでしているのに~(シクシク)
私は、どうしたらいいんでしょう。」


ありきたりの返答では、彼のためにならない!
と思った私は、心を鬼にした。


「いいですか?お母さん!
我が子が変わって欲しいと望むなら、
まずお母さんが変わりましょう!
○○君には、はっきりとあなたがやる気が無いなら、
無理して大学に行かないで良い。働きなさい。
その後、我が家にいるのだったら、
食費を毎月入れなさい!
それが嫌なら、自活しなさい!
とはっきり言いましょう」



「そんな~かわいそうな事~」


「もし、このままで行ったら、お母さんは、
彼の会社も見つけ、仕事を辞めたら、
ニートになってお母さんが、
ず~っと食べさせて行かなければなりませんよ。
それが…本当にその子のためでしょうか?
子育てと言うものは、勉強しなさいと言う事でも、
世話を焼いてあげる事でもありません。
親がいなくなっても、社会の中で一人で生きていく力を
つけさせてあげる事だと思いますよ・・・。」


しばし沈黙していたお母さん。

「本当にそうですね。分かりました。
私は100才まで生きれませんし(笑)
我が子の為に本心をぶつけます。」


と・・・。


それから二日後、そのお母様から電話があり、


「言われた通り、彼に伝えました。
その時は無言だったんですが・・後から
お母さん、俺、本当に大学に行きたいと思ってる。
実は法律の勉強をして。人の手助けしたいねん。
マジでこれから頑張るわ。
お金かかるけど、大学に行かせて下さい!って
頭をペコリと下げるんです。
本当に嬉しくて涙が出てきました。」



「良かったですね。良い子ですね。
人の力になれる仕事を考えていたなんて・・・。
これからは、彼に任せて自分で考える力を
つけさせてあげましょうね。
そしてお母さんは、努力していたら、
いっぱい褒めてあげて下さい。

大人でも褒められると嬉しいんですから・・・」



「ありがとうございます(笑)」

その日1日は、
私も幸せな気持ちに包まれました。
見事その子は、
私大法学部に合格。笑顔で卒業しました。

JPCでは、毎日、
色々なドラマが繰り広げられています





当blogは人気ブログランキングに参加しています

| 親子関係 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「親心子知らず」

親に迷惑ばかりかけていた
子供の頃を思い出します…。
反省…||(;-_-)|||

【第451回】


『親心子知らず』という言葉があります。

この時期、受験生のご父兄様方から

我が子が勉強に励む姿を見て

「出来るものなら代わってやりたい!」

とか

「諦めず最後まで頑張って欲しい!」

といった複雑な想いを

私達カスタマーに打ち明けて頂いております。

はたしてこの想いを受験生達は

どのくらい分かってくれているのでしょうか?


そこで現役で国立大学医学部に受かった。

現在4年生のチューターのT君の心温まるお話。



T君は近頃家に帰ったら

時々お父様と晩酌するそうです。

お父様はT君とお酒を飲むことを

とても楽しみにされているそうです。

T君いわく

「父は酔うと同じ話を何回もするんですよ
(*^。^*)
でも僕は、ずうっと頷いて話を聞いているんです。
これもひとつの親孝行かなぁ」


と。

ちなみにT君は高校時代

一度も

「勉強しなさい」

と言われたことがないそうです。

でもほったらかしにされていたわけでもなく

***信じて見守ってくれていた***

そうで

そういったご両親や、ともに頑張った友人や

JPCの担当の人達みんなに支えられて

最後まで頑張ることができたそうです。



そういえばT君、先日こんなことも言ってました。

「僕は両親を尊敬しています。
すごいなぁって思うことがあります」
って。

彼にとって、言葉は必要なかったんですね。

言葉はなくとも想いは通じるんですね!

しいて言うならT君はご両親の

<<背中>>

をずっと見ていたのかも。


これを見ている受講生諸君!!

勉強の入り口はまずは感謝から!!

理由なんて深く考えること無いんです。

まず感謝!!

ご両親に。ご兄弟に。友人に。

出会った全ての人達に。

そうすると不思議と
自分に自信が湧いてきますよ!


だって

こんなに沢山の人達に
支えられているんですから!


(その他の受験情報はこちら)



当blogは人気ブログランキングに参加しています

| 親子関係 | 01:07 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。