爆勝(笑)☆大学受験奮闘記

JPC日本プロデュースセンタースタッフブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『合格者が残した名言集1』 ブログネーム. Mikawa受験指導部

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


本日は、合格した先輩方からのアドバイス!
是非、参考にしてください!!

【第981回】

Mikawa受験指導部のプロフィール



やりたくはなかった。
けれど、やらなければいけなかった。
だからやった。
ただそれだけのことです。
(by Y.Sくん名古屋大学合格)
 
*部活を引退してからはいつもJPCで黙々と勉強していた彼。
 
彼からの弱音や愚痴は、ほとんど聞いたことがありません。
 
「こいつ、強いなぁ」と感心してました。
 
だけど本心は、弱音吐きたい、もういやだ、やりたくない…、
 
そんな弱い自分と戦っていたんだと彼の合格体験記を読んだときにはじめて知りました。
 
涼しい顔してそつなくこなす人っているけれど、本当は誰よりももがき苦しんでいるのかもしれませんね。
 
彼はまさにそんな人だったのです。
 
 
今は、人生かかってます。
今諦めるということは、これからの人生全てを諦めるということです。
諦めることはいつでもできます。
だけど、諦めずに頑張り続けることは今しかできません。
(by Y.Mくん愛知教育大学合格) 
 
  *彼は小さいとき(小学校5年生)から学校の先生になるのが夢でした。
 
高校生になった彼は元気で明るく心優しい青年に成長していました。
 
でも、先生はそれだけじゃなれません。
賢くなければいけないし、強くなければいけない。
 
多分彼は、「あきらめないことの大切さ」を大学受験で学び、強くなったと思います。
 
 
なかなか上がらなくても、自分を信じて頑張れば、最後にきっと効果が出ます!!
(by M.Kさん愛知大学合格)
 
*頑張っているのに成績が上がらない。
 
それどころか最後の模試だったのに一番悪かった…
 
センター試験1ヶ月前に彼女は泣きながら電話してきました。
 
1時間愚痴って弱音吐きました。
 
でも、そんなことをしてみたって結局何も変わらないことを悟り、
 
「頑張ります」と電話を切り、勉強を再開。
 
そしたらセンター試験では奇跡が起こりました。
 
なんと、過去最高記録の点数を叩き出し、最後の模試試験から比べたら200点上がっていました。
 
そこからこの名言が生まれたのです
 
 
いろいろ悩んだんですけど、結局、文1で出しました。
カッコつけかもしれないけど、もし文2とか3で出して受かったら、
逆に「だったら文1で出しても受かったんじゃないのか」って後悔すると思うんです。
だから文1で出してダメなら潔く散ろうと思います。
(by T.Mくん東京大学合格)
 
*「将来は政治家になって堕落した日本を変えてやるっ!」というでっかい夢をしょっていた彼。
 
その夢を叶えるため勉強も頑張ってきました。
 
最後の模試ではA判定も出しました。
 
だけど、センター試験本番では、数学2Bでまさかの58点をとってしまい、第一志望の東大文科1類はD判定。ちなみに文科2類はC判定、文科3類はB判定でした。
 
だからまわりには「文科1類はやめて2類か3類にしたほうがいい」とかなり言われたらしいです。
 
でも、そんな彼に担当者は、「結果は全て自分に降りかかる。後悔しない選択をせよ」とアドバイス。
 
その結果彼が出した結論が、「最後の最後まで足掻いてやる」だったのです。
 
そして、彼は見事「東京大学文化1類合格」を勝ち取りました。
 
「男は度胸」とはまさにこのことです。
 
 
3年生になってからはじめようと思っても、実際はかなりのハンデを背負います。
早いうちからコツコツ勉強するのがやはり理想的です。
(by M.Hくん名城大学合格)
 
*3年生になって本格的に勉強を始めてから気づいた現実。
 
「やばい、思っている以上にやること多いよ…」としょっちゅうぼやいていました。
 
「僕の二の舞を踏まないでください」という後輩思いの彼が生んだ名言です。
 
 
 
とにかく基礎があれば、どんな応用でも練習すればできるようになります。だから基礎事項だけは100%覚えてください。
(by K.Yくん東海大学合格)







(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)






スポンサーサイト

| 現役合格者の声 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『受験を終えて・・・』  ブログネーム.姫路城穴子姫

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


本日は合格者からの一言。
その一言には、深~いものが隠れていますよ♪

【第971回】

姫路城穴子姫のプロフィール


2008年も受験が終わりました。
受験を終えた生徒たちの声を紹介したいと思います。


やはり受験勉強をした卒業生は1年前と違い、
思った事も色々あるようです。(

≫ 続きを読む

| 現役合格者の声 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「合格者インタビュー」 ブログネーム.高崎だる丸 

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


高崎では、現在16名の生徒が
輝かしい未来に向けて第一歩を踏み出しました。
その中の4名を合格インタビューしました!!

【第897回】

高崎だる丸のプロフィール



●率直に今の感想をどうぞ。

人間文化学部合格のEさん

「感動!学校のパソコンで先生と一緒に見ました。
びっくりして、ボロボロ泣いちゃいました。
泣き続けたまま次の授業受けました(笑)」


社会福祉学部合格のMさん

「良かった~。郵便で届いて、
透かして見たらありました。発表が早くて、
受験した感じがしないままです。」


国際コミュニケーション学部合格のAさん

「なんか、あっけないですね(笑)
色々受験のためにやったのに、実感ないんですね。」


造形学部合格のWさん

「まだ大学生になる実感がないです。
でも純粋にうれしかったです。」



●人生の方向性が見えたことで変わったことは?

Eさん
「心に余裕が出来ました。 授業も今の方が集中してます。」

Mさん
「道が見えてやる気が出ました。」

Aさん
「今までガムシャラにやってきたけど、
今は現実的になったなあ。」

Wさん
「今まで受験対策用にデッサンをやっていましたが、
絵を描く気持ちが変わりました。」



●合格するために努力したことは?

Eさん
「志望理由や夢が明確だったので、
気持ちのコントロールは楽でした。
面接でそれを伝えようと頑張りました。」

Mさん
「何回もレポートを書いたり
面接の練習をしたこと。
本番は何を言ったか覚えてません…」

Aさん
「一人じゃ頑張れなかった。
友達と一緒に勉強したり、
面接も何回も練習してもらったり。
一人じゃ合格出来なかったと思います。
たくさんの協力がありました。」

Wさん
「精神面を保つことです。
勉強面でも絵でも伸び悩みました。
絵では材質を描き分けることに、
1~2ヶ月悩んで滅入りました…
でも、いきなり描けるようになって。
悩んでいた時間が結果を生んだと思います。」



●これから大学が始まるまでにすることは?

Eさん
「大学の宿題。あと思い出作り!」

Mさん
「申し込んであるので、
センター試験を受けます。だから勉強かな。」

Aさん
「英検準1級と、TOEICを受けます。
あんまり浮かれていられない!」

Wさん
「勉強も絵も苦手なところを足引っ張らないようにする。
推薦されたからには一般受験の子に負けないように。」



●最後に聞きますが、合格した理由や秘訣はなんでしょう?

Eさん
「会場に行ったとき、
他の子は他の子だから意識せず、
自分の力を思う存分出すことです。」

Mさん
「頑張ってきた自分への自信。」

Aさん
「面接官に意外なことを言われても、ひるまない。
曖昧じゃなくハッキリ伝えることですね。」

Wさん
「何度も面接のシュミレーションをすること。
でも本番自分の名前で噛んじゃって、
笑われて力が抜けました(笑)」




それぞれの心境を話していただきました。

彼らにとって、大学受験は通過点だということが良くわかります。
勉強をしていると、受験だけがゴールに思えてきてしまうけれども、
その先にあるものを見据えて、自分の為にどうか力を使ってください。

ここからまだまだ全力でサポートしていきます!





(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)





| 現役合格者の声 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「努力は人を裏切らない」 ブログネーム.越後の雪椿女王

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


受験生は、
努力の結果が表れる時期に突入です。
最後の最後まで努力し続けましょう!!

【第893回】

越後の雪椿女王のプロフィール

センターまであと少し
3年生の皆さんがんばってますか?

今回は推薦で新潟大学の理学部に合格した
R君の話をします。

2年生のはじめにDCに入会したR君
入会後すぐ

「僕はどうしても
新潟大学に入りたいんです。でも英語が苦手で・・・」


早速学校のテストで英語の点数を上げることから
スタートすることにしました。

フレーズベーシックとベーシックI・Ⅱのテキストを
ひたすらやり入会後の期末テストで
英語がなんと92点でした。いままでより40点UPです。

本人は

「何でこんなに上がったんだろう?」

と不思議顔しかも

「たぶん今回はまぐれです!!」

と自信を持って(?)報告してきました。

でも次のテストでも80点以上の点数を取り

「最近英語が楽しいんです」

との報告。

これはDCテキストの力だろうと
私もとてもうれしく思いました。
この点数の上がり方によりR君は
3年生の夏休みには評定平均が4.5まで上がり
推薦を進めました。

英語同様国語力にも自信のないR君は

「志望理由書や小論文はちょっと無理です・・・」

「プラスの受験だと思って気軽にチャレンジすれば?」

「だめでも一般でがんばれば大丈夫なんだし・・・」


「・・・推薦じゃ受かりませんよ。
でもそんなに勧めるなら受けるだけ受けようかな」


こんなやり取りで推薦を受験することになりました。
さてそれからが大変でした。

理学部数学科を目指す彼の推薦の小論文は
数学の証明問題。しかも数学の先生にみてもらったら
かなり難しいとのこと。

もしかして推薦を進めたのは
間違いだったかな?と思いながらも

「R君なら大丈夫必ずできるから」

と励まし、何度も志望理由書を書き直し、
最大限個別面談を活用して
数学の小論文対策や口答試問対策をしました。

毎日自習室に通ってきて
一番最後までがんばっていました。

試験日当日終了後報告に来てくれて

「やっぱりだめかも・・・」

「結果がわかるまでは頭を切り替えて、
センター対策に取り組もうね?」


その後発表までの間落ち着きがなく、
勉強も手につかない様子でした。

発表当日はお父さんとお母さんが
発表を見に行かれて、本人より先にお父さんから

「合格」

の報告をいただき本当にうれしい1日でした。

R君が自習室に報告にきた時には
みんな合格を知っていて、
一緒に勉強している仲間に

「おめでとう!!」

といわれてとてもうれしそうでした。

合格したR君その後も毎日自習室に来て

「センターは受けます。
先生に自慢できる点数をとって見せます」


と勉強をしています。

数学ができるチューターさんがいない時は
ボランティアで数学を後輩の1・2年生に
教えて貰ったりしています。

「努力は人を裏切らない」

という言葉を身をもって証明してくれたR君でした。




(その他のブログでも「教育の現場」を覗いて見て下さい♪)




| 現役合格者の声 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「合格体験記」 ブログネーム.町田リス園

当blogは人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


新年一発目のブログは、
町田事務局からの「合格体験記」です♪

【第889回】

町田リス園のプロフィール


明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願いいたします。


もうすぐ受験期突入です。
この時期になると、昨年の今頃を思い出し、
合格体験記を読み直したくなります


これを読むと、私自身のモチベーションも上がります
受験チームに来ている生徒には読ませているものですが、
やはり、先輩の実体験はためになるようです。

今回は、私が担当していた生徒の
合格体験記を載せてみようと思います。
皆さんも大いに、担当者と連絡を取り合い
自分自身を合格に導きましょう



慶應義塾大学 環境情報学部 合格 

≫ 続きを読む

| 現役合格者の声 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。